編集  

CD単語

シーディー

CDとは、ラテン文字の初めから3番と4番を続けて表記した文字である。

に以下の意味で使われる。

  1. コンパクトディスク英:Compact Disc) - デジタルデータを保存するディスク
  2. 1のうち特に音楽用途に用いられる物。音楽CDCD-DA
  3. 自動支払機(英:Cash dispenser) - 預貯の引出、残高照会を行う機械
  4. プロ野球 近鉄オリックスで活躍した助っ人外国人選手:クリス・ドネルスの登録名「CD
  5. Cd - カドミウム元素記号。原子番号は48。イタイタイ病で有名。(元素の一覧)
  6. CdCd値(英:Constant Drag) - 空気抵抗係数または抗係数。しばしば自動車標として用いられる。 
  7. 特定疾患Crohn’s Disease(クローン病)という難病の略。
  8. 阻止の略 - キーボードで、「CD」のひらがなが「そし」となっていることから。
  9. 行為障(Conduct Disorder) - 発達障害の分類の一つ。
  10. 飯田線 - 飯田線を表す路線記号。同線はJR東海鉄道路線である。

以降、本稿では1について記述する。

コンパクトディスク

直径12cmまたは8cm円盤で、記録層には顕微サイズ凹凸がある。そこにレーザーを当てることでデータ読み出す。容量は音楽CD800MB程度、CD-ROM700MB程度であるが、この差はエラー訂正の強度に由来するものである。

CDの記録層はラベル側からわずか0.01mmのところにあるため、ひっかきなどに弱い。ボールペンでメモを書くなどもってのほかである。

コンパクトディスクの種類

詳しい解説はWikipediaを参照することをお勧めする。

CD-ROM

読込専用のCDディスクの製造時に工場でデータを記録してしまい、その後は一切の変更が出来ない。大量生産に向いていることが特徴。コンピューターゲーム機で使用するソフトデータの配布に使用される。

PC向けソフトの配布用途ではWindows Vistaが登場する前くらいまでは流であった。ゲーム機ではプレイステーションセガサターン、及びそれらと同時期の多数のハードで採用されている。

CD-DA

要は音楽CDである。物理的にはCD-ROMと同じで、製造時に音楽を記録して出荷される。

CD-R(シーディー・アール)

書き込み可CDである。記録面に色素が塗ってあり、それをレーザーで焼くことで記録する。一度記録した箇所をもとに戻すは出来ないが、まだ記録していない箇所に追記することは可である。

CD-RW(シーディー・アールダブル)

書き換え可CDである。特殊な金属の記録層にレーザーを当てて状態を変化させることで書き込みだけでなく、一度記録した箇所を消去して、そこに再び記録をする書き換えが可である。

コンパクトディスクの歴史

CD1970年代ソニーフィリップスが共同で開発した。(ここで、誤解を防ぐ為に書いておくが、当初はソニーフィリップスは単独にて開発をしていたが、フィリップスCDプロトタイプを示し、ソニーと共同で開発することとなった。 )

当初のCDサイズはCカセットの対線の長さと一緒で、DINに適合し、またGパンのポケットに入るサイズであった11.5センチ(収録時間は60分)であった。しかし、ソニーの副社長であった大賀が「ベートーベン第九が収まらなければならない」という理由や、クラシックの約90パーセントの曲が75分あれば1枚に収まる等の理由から12センチ(収録時間は75分)となった。

1982年10月1日ソニー世界初のCDプレイヤーCDP-101(168000円)」と共に、CPSソニー・EPICソニーから合わせて50タイトル日本コロンビアから10タイトルが発表された。また当初はレコードよりも音質がよく、ノイズがなく、寿命も半永久的なニューメディアとして扱われた。

発売当初は音域が狭い(2020000ヘルツ)等の理由から音楽関係者からは敬遠されていたが、CDの普及と共にそれはくなった。

1984年ソニーから初のポータブルCDプレイヤー「D-5049800円)」が発売され、CDの普及に拍がかかった。

1986年には約4500万枚を生産し、LPとほぼ同じ生産量になった。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/cd
ページ番号: 482961 リビジョン番号: 2596513
読み:シーディー
初版作成日: 08/08/22 00:21 ◆ 最終更新日: 18/06/08 23:04
編集内容についての説明/コメント: 意味を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

CDについて語るスレ

68 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 16:35:50 ID: bFuzKYVKG3
物理媒体至上義者としては、くなってほしくない物なのがディスク
69 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 20:23:48 ID: NvX+kQJvy2
音楽関係はDRMフリー流で記憶媒体の縛り事実上ないからディスクに拘る必要が
HDD,SSD,USBメモリ,SDメモリカード,etc...好きな電子媒体でいい。おかわりいいぞ
ただしCDテメーはダメだ
CDサンプリング周波数が44.1kHzで、DVD含め現在の業界標準48kHzの整数倍音と入り交じって色々と面倒だからそろそろ退場してくれ
70 : ななしのよっしん :2018/04/28(土) 00:44:50 ID: NvX+kQJvy2
あと余談になるが今年1月29日ニコ生で配信仕様サンプリング周波数が44.1kHz→48kHzに変更された件について
FLASHHTML5全移行に合わせたタイミングで今更かよと思わざるを得ないが
iPhoneユーザーはかなり恩恵あるのでよきよき

ユーザー生放送】配信できる音質が向上しました
http://blog.nicovideo.jp/niconews/60542.html
iPhone6s以降の内蔵スピーカーは再生周波数48kHzのみ対応
https://qiita.com/MARQUE/items/455991eca69ea16b1d76
71 : ななしのよっしん :2018/06/07(木) 20:14:22 ID: rB/01eVzZC
>>66
ダウンロードCDに入れてステレオで聞く、という事は出来るし今の若者もやってる
だから時代遅れという事ではない
DVDBDの様な大容量ディスクに入れなくても事足りる場合はCDで良い
72 : ななしのよっしん :2018/06/07(木) 20:42:05 ID: Z76wo/51e9
昔のわけのわからん独自規格のDRMかけられた配信ばっかりの時代過ごした世代からすると音楽配信は不安でしょうがないんだようなぁ
音質が悪かろうがCDからMP3の方が気楽というか
73 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 00:24:24 ID: NvX+kQJvy2
>>71
その方法は流石に二度手間でアナクロな気がする
今の若者(スマホ世代)はスマートフォン直聴きかせいぜいBluetoothスピーカーじゃないかな
巷で話題のスマートスピーカーは更に次世代だろう
最近だとカーオーディオドライブ非搭載が普通だから隔世の感ある
74 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 00:44:02 ID: i2KDU+LFFR
PCドライブ離れと若者のPC離れで「CDを焼く」が死語化した
75 : ななしのよっしん :2018/06/14(木) 11:40:44 ID: rB/01eVzZC
>>73
そうか?
ステレオCD入れて音楽聞くの好きだけどな
みたいなやつは少数なのかね
76 : ななしのよっしん :2018/06/16(土) 23:00:26 ID: NvX+kQJvy2
>>75
むしろ多数だと思う。人口ピラミッドが圧倒的にパソコン世代>スマホ世代だからね
まあアナログレコード集に熱中する若者や某Google無料クラウドサービスに手持ちの音全部ぶち込んで連携させたスマートスピーカーで曲をジュークボックスのように聴いてる爺さんもいるから一概には言えないけども
77 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 17:21:32 ID: usVsADEJA/
>>71
わざわざネットから落としたもんをCDに移すのは何か不思議だな
入れたデバイスステレオにつなげりゃそれで済むもんじゃないの?
未だにCD買ってる身としてはNvX+kQJvy2みたいな「CDそのものを消せ」みたいなは不快だけど(もっと配信に入れろという意見は正しいと思うが)「CDに焼く」とかもうもやってないと思ってたわ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス