JLOC単語

ジェイエルオーシー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

JLOC(Japan Lamborghini Owner's Club)とは、日本ランボルギーニオーナーによって組織されたオーナークラブである。

概要

2012年チーム体制









SUPER GT
エントラント JLOC
監督#86 明#87#88 功雄
チーフエンジニア#86 佐久間#87 山本#88 宮田
カーナンバ 85 カテゴリ GT300
マシン JLOC Exe ランボルギーニ RG3
ドライバー 坂本 也 / 加納
カーナンバ 86 カテゴリ GT300
マシン Verity BOMEX ランボ RG3
ドライバー 山下 潤一郎 / 松田 秀士
ベース車両 (85,86)ランボルギーニ ガヤルド RG-3
搭載エンジン (85,86)07L1 V10気筒 4,961cc 自然吸気
カーナンバ 87 カテゴリ GT300
マシン JLOC ランボルギーニ GT3
ドライバー 山西 康山内
カーナンバ 88 カテゴリ GT300
マシン マネパ ランボルギーニ GT3
ドライバー 織戸 学 / 青木 孝行
ベース車両 (87,88) ランボルギーニ ガヤルド LP600+
搭載エンジン (87,88) CEH V10気筒 5,212cc 自然吸気
タイヤ (全車両ヨコハマ

オーナークラブとして自動車レースに参加しており、ル・マン24時間レースSUPER GTには前身であるJGTC1994年から参戦している。

GT500クラスには94年にカウンタック95年から2003年までディアブロ、04・05年はムルシエラゴで参加していたが、トヨタ日産ホンダ勢の独壇場である500クラスレギレーションに苦戦を強いられ、05年途中にGT300クラスに転向した(05年第4戦より300クラスに1台、最終戦に2台のムルシエラゴを投入し、500クラスには第6戦を最後にエントリーしていない)。
GT300に本格参戦した2006年シーズンは、開幕戦にムルシエが優勝を飾るが、第2戦よりは性調整を受けて再び苦戦する事となった。
ちなみにこの優勝は、ランボルギーニという種にとって、だったモータースポーツカテゴリーにおける初めての快挙である。

2009年シーズンは、当初ムルシエラゴの参戦を終了させ、ガヤルド2台での参戦を予定していたが、開幕直前にムルシエラゴ継続投入する事となり、2008年同様3台体制で挑んだ。66号ムルシエラゴは第7戦で3位表台、ガヤルド2台の成熟も進み、第7戦では2台っての予選スーパーラップ進出、88ポールポジションを獲得している。
SUPER GTについて、2010年シーズンについて、チームムルシエラゴの「部品確保が困難になってきた」ため、ムルシエラゴでの参戦を終えた。

2010年ガヤルド3台体制で、当初ハンコックタイヤを装着する予定で開幕戦にエントリーしていたが、それを中止して前年同様にヨコハマタイヤで戦う事になった。
2011年2010年と同じガヤルド3台+ヨコハマタイヤで参戦した。

2012年はこれまでのガヤルドRG-3を2台と2011年に開発された新ガヤルドLP600+を2台の計4台体制となった。またドライバーも変更があった。タイヤは今までと変わらず全ヨコハマタイヤである。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/jloc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

JLOC

1 ななしのよっしん
2009/06/02(火) 03:58:45 ID: Vehm8rVn57
記事立ち上げました。
修正・追記する予定です。
2 ななしのよっしん
2019/09/11(水) 01:18:43 ID: vuSjLxAhoj
今年はマジクラスチャンピオンの大チャンス!!
獲ったらほんとに涙で、出ますよ

急上昇ワード

2019/10/19(土)05時更新