N-I単語

エヌイチ

曖昧さ回避

N-I とは、

  1. 1950年代から70年代にかけ開発されていたソ連の有人ロケットの名称。 → N1ロケット
  2. 1970年代から80年代にかけ開発・運用されていた日本人工衛星打ち上げ用ロケットの名称。 → N-I ロケット

ここでは2.について説明する。

概要

N-I ロケットとは宇宙開発事業団NASDA)と三菱重工が、
米国デルタロケットの技術等を参考に開発していた3段式の中液体燃料ロケットである。

射場は、種子島宇宙センター大崎射点が使用されていた。

開発経緯

東京大学生産技術研究所を礎とする固体燃料ロケットの分野ではそれなりの技術を有していた日本であったが、
実用的な大衛星などを打ち上げ可とする液体燃料ロケットの開発には遅れをとっていた。

これらの開発担当となったNASDA米国からの技術供与を得てデルタロケットの技術を段階的に習得、
日本独自で進めていたQロケットの成果と絡め液体燃料ロケットの開発を進める事となる。

機体構成

3段式の液体燃料+固体燃料ロケットで、第2段を除けば米国デルタM ロケットの略同といえる。
全長32.57メートル、総重量90.4トン。(積荷の人工衛星を除く)

第1段機体
 デルタロケットに使用されていた液体酸素とケロシンを燃料とするMB-3-3エンジンを使用、
 機体と共に当初は輸入していたが後に三菱重工石川島播磨重工によってライセンス生産されるようになる。

第2段機体
 宇宙開発事業団がQロケット第3段エンジンとして開発し、三菱重工が製造していたLE-3エンジンを使用。
 なお搭載にあたっては、米国側のチェックが入る事になった。

 開発段階の試験機としてETV-1ロケットが存在する。

第3段機体
 サイコール社の固体ロケットモータ スター37Nを輸入して使用。

補助ブースター(SOB)
 サイコール社の固体ロケットモータ キャスターII を、
 日産自動車宇宙航空事業部(現IHIエアロスペース)がライセンス生産。
 ロケット打ち上げ時には、第1段に3基装着し推を増強していた。

ペイロードフェアリング(衛星フェアリング)
 マクドネル・ダグラス製のデルタロケットフェアリングを輸入して使用。

打ち上げ能力

打ち上げ(重量)
地球重力圏脱出*1

静止トランスファGTO
高度約36,000km

太陽同期SSO)
高度約800km

低軌LEO
高度約300km

180kg

130kg

- 1,200kg

*1 第二宇宙速度 や他の惑星など

打ち上げ実績

7回中6回の打ち上げに成功。(但し6号機は衛星側の問題でミッション達成ならず)

詳細

機体番号 打ち上げ日時etc 搭載衛星
ETV-1 1号機     1974/09/02
ETV-1 2号機     1975/02/05
1号機(N1F) 1975/09/09 14:30
※初飛行
2号機(N2F) 1976/02/29 12:30
3号機(N3F) 1977/02/23 17:50
4号機(N4F) 1978/02/16 13:00
5号機(N5F) 1979/02/06 17:46
※打ち上げ失敗
6号機(N6F) 1980/02/22 17:35
7号機(N9F) 1982/09/03 14:00
N-II ロケット1,2号機が
先行して打ち上げられる

成果とその後

輸入品が大半を占め誘導装置など一部がブラックボックス化していた等の問題はあったものの、
液体燃料ロケットの独自開発に向けた下地となる。

ただ打ち上げが低く大衛星を搭載できないため、N-II ロケットの開発に移行する事となる。

関連動画

打ち上げ

射場

ソ連のN1ロケット

関連商品

関連コミュニティ 関連チャンネル


関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/n-i

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

N-I

1 ななしのよっしん
2013/09/10(火) 14:35:24 ID: MuJ7kF809O
記事作成してみました
2 ななしのよっしん
2013/09/10(火) 14:41:27 ID: MuJ7kF809O
記事を作成してみました
3 ななしのよっしん
2013/09/10(火) 14:47:29 ID: MuJ7kF809O
あら? ちゃんとカキコ出来ていたのか...二度書き状態になっちゃった。

急上昇ワード