SIMD単語

エスアイエムディーシムドシムディー

SIMD(Single Instruction Multiple Data)とは、並列処理演算の一つである。

概要

1度の命で同時に複数の演算器に同一の処理を行わせる機構である事からこの名が付いている。
現在ではSIMD演算器はx86CPUを始め大半のプロセッサが搭載している。INTELCPUの一つSSE(Streaming SIMD Extension)やAMDCPU実装されていた3DNow!はこの拡の一つである。

SIMD演算の特性

連続したメモリアドレスを持つデータに同一の処理を同時に行う際に有効で、この場合一つのSIMDロードレジスタに対して丸ごとデータロードである。ストア命についても同様で格納先のアドレスが連続していれば一度のストア命レジスタ一つ分の処理を行える。

SIMD拡張命令

飽和演算やモーション検出などの演算に特化した機サポートしている。

飽和演算は画像やオーディオ処理で頻繁に行われている演算で、これをサポートする事でマルチメディア処理に対して高速な計算をサポート実現できる。

モーション検出に関しては差分絶対和をとる演算が映像データの圧縮に際して用いられるため、これをサポートしていればビデオファイルエンコードなどが高速化出来る。

SIMDコア(SIMDエンジン)

GPUにはSIMD演算をサポート行うためのコアであるSIMDコアが複数内蔵されている。

ATI社(現AMD)ではスカラプロセッサ5基一組に分岐ユニット、汎用レジスタ群を合わせたものをSIMD Unitと呼んでいたが、HD5800シリーズ以降ではThread Processor(スレッドプロセッサ)と呼ばれるようになり、SIMD Unit 16基を一組として構成されるものは、ATI Radeon HDだとSIMDコアと呼ばれていたがこれもSIMDエンジンに名称変更されている。

2008年に稼働開始したスーパーコンピュータアントン」のサブシステムである"flexible subsystem"にはジオメトリーコアと呼ばれる8個のプログラマブルなSIMDコアが含まれている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/simd

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SIMD

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • SIMDについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!