かっこう単語

カッコウ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

かっこう(カッコウ)とは

  1. 綱カッコウカッコウ科に分類される鳥類
  2. ムシウタの登場人物、薬屋大助のもう一つの顔としての称。

本項では鳥類について解説する。

概要

全長約35cm。ユーラシア大陸アフリカに広く分布し、日本ではとして5月頃に飛来するのが見られる。名前の由来はまんま「カッコウ」と鳴くからカッコウである。

カッコウと言えば有名なのが托卵という行為である。ヨシキリやホオジロなど他の鳥類の巣から丸呑みするなど元の親に見つからないよう除外して、代わりに自分のを巣に産み付ける。
この行為がバレてカッコウのがすぐ排除される場合もあるが、基本的には産み付ける先のと柄をよく似せたを生むため、はバレずにそのまま孵化出来る。

カッコウのから還るまでの期間は、わずか10日から12日間程度に過ぎない。生まれてすぐのは、毛も生えずも開かないうちから、巣の持ちが本来産み落としたを本的に巣の外へ押し出す習性を持っている。
運良く落とされなくても、成長したカッコウのによって元の子らが淘汰されるのは必須であると言える。

カッコウのは、大体の場合托卵先の親よりもかに大きく巣からはみ出る程に成長する。明らかにおかしい図であるが、托卵された親の鳴きを聞くと本的に世話をせざるを得ない状態になり、結局カッコウのが飛び立つまで面倒を見ることになる。
ちなみに立ちの間でも、カッコウのは育ての親に対する情などはなく、かなりあっさりな別れを迎える。
その血ももない習性から嫌われることも多いのがカッコウだが、この托卵という行為を行うのはカッコウだけではないので、カッコウばかりを責めるのは少々酷である。

ここで、そもそもどうして托卵をするのか、なぜ自分で温めないのかという疑問が産まれる。
これは研究者の間でも意見が別れており、核心的な事情は明らかになっていない。

なのは、カッコウを初めとした托卵の習性を持つは、体温変動のしい変温動物であるためという説である。
つまり彼等は安全にを温められるという保がなく、それを解消するためこうして他のに生育を任せるという方法を編み出したというわけである。
托卵は子孫を安全に残すための知恵であり、残酷ながらも自然界の厳しい掟の中で培われた賭けというわけだ。
裏を返せば、カッコウ達からしてみれば「ちゃんと育てられる身体だったらこんな回りくどい方法をとってまで大事な子供を託したりなんかしない」と言いたいところではないだろうか。 

実際、下記の関連動画にもあるように、托卵されることに感づいている鳥類などはカッコウがを産み付けられないよう、巣をトンネル状にしたりと様々な工夫を行なっている。
子孫繁栄のため、今日達は、日策を弄しあって戦っているのである。

ちなみに、閑古が鳴くという言葉はこのカッコウが元になっている。その為、海外のカラクリ時計である「カッコウ時計」は、縁起が悪いとの事で輸入された際「時計」に名前められた。時計から出てくるは実はカッコウなのである。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/29(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/29(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP