アナトリア単語

アナトリア

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アナトリアΑνατολία, Anatolia)とは、西アジアの地域、アジアの最西端に位置する地域の名称である。小アジアとも言い、日本では、アナトリア半島と呼ばれることが多い。

現在は、おおよそトルコアジア部分をさして言う。

概要

北は黒海やマルマ、西はエーゲ、南西は地中海に面しており、東はグルジアアルメニア、クルディスタン、南はマシュリク(レヴァンいは歴史シリア及びメソポタミアいはイラク)に接する。との界は明確であるが、東や南東部は陸続きで上述の接する地域との明確な界があるわけではない。

古代ギリシアにおいては、ギリシャ地域から見て東方の地域をしてアジアと呼んでいた。これが小アジアの由来である。ところが、陸地はギリシア人が想像していた以上に東方に延びており、東方の陸地ともともとのアジアしていた場所とを区別する必要が生じた。こうして生まれた名称がアナトリアである。

そもそもが、漠然とした名称のため、時代によって領域に変動がある。例えば、二十世紀初頭には、現在トルコ東部はアルメニアと呼称されていた。

アナトリアの名称そのものは、東ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス7世が軍管区を置いた際、アナトリコン(日出づる場所)と命名したことに因む。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP