ジサツのための101の方法単語

ジサツノタメノヒャクイチノホウホウ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジサツのための101の方法とは、2001年10月5日公爵(デューク)によって発売されたアダルトノベルゲームである。

概要

妄想心理ノベルというジャンルで売り出された作品である。公爵(デューク)の処女作品であるが、次作「末期少女病 Lyrical pop World's end」の発売を03年に期延期にしたまま活動を凍結しているので(その後Blasterhead製作を引き継いだが、結局活動凍結になっている)、実質的に最後の作品ともいえる。

独特なシナリオと癖のある作画で一定の評価があるPCゲーム鬱ゲー電波ゲーとしての評価も高い。自殺マニュアル本ではないことに注意されたし。

また、ニコニコ動画では稀に、本作とその系統が同じ作品「さよならを教えて」「終ノ空」(三作品とも非常に『電波』的な内容であるため)の三作を合せて、三大電波ゲームと呼ぶこともあるとかないとか。

ちなみに、市場によくシャープペンシルアルミホイルが並ぶことがある。シャープペンシルは、三堂という不良少年の取り巻きの一人、柏木がそれをに挿入しカチカチノックを繰り返し、芯を反対側のまで貫通させて自殺したことから。アルミホイルは、浴びると死にたくなる自殺波動をそれで防げるため。

ストーリー

主人公、虎菱拓は「灰色」と名付けたノイズ音の幻聴を度々にする。その頃からか、しだいに現実妄想の区別がつけ難くなってゆき、あやふやな世界で生活してゆくことになる。いつものように「死んじまおうかなぁ」との口癖を吐き、学校で過ごしていると、天才と噂されるている変りな性格の少女雲居なたねに一枚のビラを渡される。

「告発ならびに警告として私がみなさんにお伝えします。犯罪悪異人による、シンリャク行為です……(略)……」

関連動画

関連項目

※文章は一部wikipediaを参考。もっと詳しく知りたい人はwikipediaへ行くことをお勧めします。

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/11(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/11(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP