風俗 単語

430件

フウゾク

4.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。
  1. その時代における人々の日常的な生活のしきたり、ならわし。
  2. 日本における大人向けのいかがわしいお店。特にスケベなもの。風俗営業

ニコニコ大百科で1について記述するわけがなく、2について以下に述べる。全て法律に基づくまじめな内容なので、過剰な期待は禁物。

概要

本来の意味は1。2のような用途が生まれたのは、専ら「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律俗に言う風俗営業法・営法の施行により風俗営業の定義がされ、ここからいかがわしいお店を風俗営業と呼ぶ慣習ができ、「営業」を略すことが多くなったから。

この法の的は善良で清浄な風俗を維持するため、これを乱す惧れのある営業に規制をかけるというもの。例えば住宅が立ち並び、小学校公民館に医院などがあるような場所に、突然

美少女イメクラ『ペニース工房』」

清楚系人妻マッサージヌキ多江』」

などが出店しては困る。住民は総ドン引きとなり、お母さん、あのお店の名前はどういう意味なの?」「見るんじゃありません!」などいうやり取りが行われるのは想像に難くなく、自治会「業者は空気嫁と頭を悩ますのはに見えている。これが善良で清浄な風俗を乱すと言うこと。かといって法律規制がなければ自由なのだから出店を拒めない。そこで一定の基準を設け、許可制としたのが営法である。戦前線と似たような考え方であり、諸外でもスケベなお店が合法なでは何らかの規制があるのが一般的。

以下に示すように、営法で規制される風俗営業は全てがスケベやいかがわしいものとは限らない。だが例えばパチンコ屋やゲームセンター雀荘は具体的な業種で呼ばれているし、その方が分かりやすい。一方でスケベなお店は「エロ」という大で括ることが可であり、止以後はこれといった総称もないことから法に則り「風俗営業」「風俗」と呼ばれることになったと思われる。尚、法ではスケベ的のお店は「性風俗関連特殊営業」定義され、他の風俗営業とは区別される。

風俗営業法で規制される業種

出典は→風俗営業等業種一覧 警視庁exit

(性風俗以外の)風俗営業

  1. 1号営業従業員による接待と遊を伴う飲食店)
    ラウンジクラブキャバクラホストクラブ、サパークラブ、キャバレー、パブ、スナック
  2. 2号営業(接待を伴わない飲食店で、客席照度が10ルクス以下の店)
    ムーディーな喫茶店バー
  3. 3号営業(接待を伴わない飲食店で、5以下の外部から見えない個室を備える店)
    カップル
  4. 4号営業(射幸心をそそるおそれのある遊技)
    パチンコパチスロ店、雀荘、スマートボール
  5. 5号営業4号以外の射幸心をそそるおそれのある遊技)
    ゲームセンター

性風俗関連特殊営業

  1. 1号営業
    ソープランド
  2. 2号営業
    イメクラファッションヘルス、性感マッサージSMクラブ
  3. 3号営業
    トリップ劇場、のぞき部屋個室ビデオ
  4. 4号営業
    ラブホテル、モーテルレンタルルー
  5. 5号営業
    アダルトショップ等、実店舗を構えて客に大人のおもちゃTENGAを販売する営業
  6. 6号営業
    出会い系喫ハプニングバー
  1. 1号営業
    派遣店舗(デリバリーヘルス
  2. 2号営業
    通販店舗(アダルトグッズアダルトDVD専門で通販する店舗)

なお、インターネットによる「出会い系サイト」は風俗営業ではないが『出会い系サイト規制法』でインターネット異性紹介事業として営業が規制されている。

特定遊興飲食店営業

従業員による接待はしないが、提供しかつ深夜0時以降にをさせる店。

      1. 不特定の客に遊をさせる営業
        ナイトクラブ、クラブハウスディスコ
      2. 不特定の客に遊を見せる営業
        ショーパブ、ライブハウス
      3. 不特定の客に映像を見せ応援等をさせる営業
        スポーツバー

深夜酒類提供飲食店営業

深夜0時以降に営業するバー場等。

メイドカフェは風俗営業云々

数年前からメイドカフェが風俗営業ではないかと警察が問題にし、「ヤクザ」「いや、メイドカフェも風俗営業だろJK」などという議論が交わされたことがあった。風俗営業とする根拠としては以下のようなものがある。

    • 営法第2条第1項
      • この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。
        • 2 待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊又は飲食をさせる営業
    • 営法第2条第3項
      • この法律において「接待」とは、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすことをいう。

    たく言うとこういうことになる。

    客「○○タンはいくつなの?」

    メ「はい、○○17歳です」 ←歓楽的な雰囲気を醸し出す方法

    客「萌え~」 ←もてなされている

    メ「ではご人様、○○と一緒に美味しくなる呪文を唱えてください」 ←歓楽的(ry

    客「ハァハァ」 ←もてなされている

    さすがにこれを「歓楽的ではないし、もてなしでもない」とは言いづらい。というわけで接待に該当する行為が避けられなければ、メイドカフェも風俗営業となるのはしょうがないと言える。個室でメイドさんがもてなしてくれるような店は、接待に加えて先述のムーディーな店の一種となるだろう。ましてやメイドさんが客の○○吸いで下の口から間欠を噴出すると、お返しとばかりに全身め、ア*ルめ、まとわりつくようなねっとり口撃の上、太ももを使った正常位モモ○リで小生の愚息も思わず昇天してしまうお店は、当然ながら性風俗となる。

    悪質メイド喫茶

    先述のような流れによって、歓楽的(ryメイド喫茶は風俗営業として営業許可を取ることが必須となった。しかしガールバーなどがそうであったように、メイド喫茶もまた悪質な業者が参入している。

    <メイド喫茶>気弱なオタク狙い…悪質、大阪・日本橋で横行exit_niconews

    大阪日本橋電気街でんでんタウン」周辺で、風俗店まがいの接客をするメイド喫茶が問題化している。女性店員特定の客を接待できる風俗営業の許可を取らずに、体を密着させる過剰なサービス提供したり、店員が客とゲームをして高額な料を請したりする店も少なくない。

    (中略)

    ある店によると、女性店員が客の肩やをもんだり、「散歩」と称して数千円で店外でデートできたりする店もある。ラップ越しにキスをする店員もいるという。中学生を雇ったとして大阪府警が今摘発したメイド喫茶「めいどりぃむ」では、法外な飲食代を巡るトラブルが相次いでいた。

     気が弱そうな若者を狙った強引な客引きも横行している。悪質業者の間では「日本橋にはが眠っている。オタク食い物だ」とささやかれているという。地元関係者は「店が増えて客の奪い合いがしくなり、過剰な接待をする店が増えた」と摘する。違法な接客をしていない店の経営者らは近く、注意を呼びかける看板を設置する考え。大阪府警も過剰な接客などは検挙する方針だ。【服部陽、深尾昭寛】

    ということらしい。営業許可がない分際でサービスが過化する、中高生の雇用(それなんて優良店)、法外な料、強引な客引きなどは、これまでも風俗関連の業種では起きてきたことである。メイド喫茶もまたそういう悪質業者が参入してくる営業形態の一つになってしまったのだ。

    こういったことは、すすきの歌舞伎町など全歓楽街では経験済みのことであり、様々な対策が取られている。参考までに述べておくと。

            1. 加盟各店における客引き行為の禁止の
              1. これを底することで「客引き=悪質業者」というのを鮮明にする
            2. 客引きはしないことについて、利用者へのアナウンス
              1. 「こちらは、サンドビルです。当ビルでは客引き行為を一切行っていません。ご注意ください」といった放送を一日中流すなど。「客引き=悪質業者」というのを客にも認識して貰う。
            3. 加盟各店の明瞭会計
              1. は説明したもののみ。同一サービス内で、後付の説明で別途料は取らない。取った店は排除。こうすることで、「加盟店=優良店」を客に認識して貰う。
            4. 優良店を紹介する紹介所の設置
              1. ナイタイスポーツやFu-Townのような専門誌に掲載する手も併用することで、客が優良店を見つけやすくする。
            5. 行政警察との連携
              1. 別に天下りを受け入れてナァナァになれと言っているわけではない。決して違うぞ。そうじゃなくて、悪質店摘発の為に時々キャンペーンをやり、また頭パトロールなどに協するってこと。客引きを見たら即通報とか。

    ねこのようなもの。

    逆に客のほうでも予めお当ての店を見つけておき、そこへ直行することが重要である。途中で遭遇する客引きの類は全て詐欺師だと思って無視する。「私は紹介所の者ですが、いい店を知ってますよ」などと言ってくる場合もあるが、それは100%悪質業者の客引きと考えよう。ただそうする為には、上記のような業者側の努も必要ということ。

    ちなみに。上記ソース「2人・30分で1万5000円取られた」という話について。地域によって差異はあるものの、較的高めの地域でも1万5000円前後の料を払えば、45~60分で全裸ヌキ有りサービスの店舗(自店にプレイ室がある店)に入ることができる(入会名料別途)。難波のA店が1万5000円/45分、京橋のB店が1万4000円/60分。全的に見て単価が高いと思われる、歌舞伎町の店舗でも15000円/60分前後。すすきのの某店は1万3000~1万6000円/70分である。
    これらを考えると、メイド喫茶で1人7500円/30分がいかに高いかが分かるだろう。大人のお店だって名をしなければ名料は発生せず、紹介所や専門誌のクーポンを利用すれば入会無料になるのが常であるのだる。それで小柄でスレンダーなのに、体の色んなところがプニプニしているロリと恥ずかしいところをめたりめられたりすることを考えれば、悪質メイド喫茶の料の高さは際立っていると言えるだろう。あ、ちなみに友人の経験です。

    違法行為

    風俗営業はそのサービスの性質上、時に様々な違法行為を行うことがある。以下に示す…と書こうと思ったけど、詳しく書くと怒られそうなので自重す。お察しください。

    関連動画

    関連商品

    関連項目

      この記事を編集する

      掲示板

      おすすめトレンド

      ニコニ広告で宣伝された記事

      急上昇ワード改

      最終更新:2024/07/24(水) 03:00

      ほめられた記事

        最終更新:2024/07/24(水) 02:00

        ウォッチリストに追加しました!

        すでにウォッチリストに
        入っています。

        OK

        追加に失敗しました。

        OK

        追加にはログインが必要です。

                   

        ほめた!

        すでにほめています。

        すでにほめています。

        ほめるを取消しました。

        OK

        ほめるに失敗しました。

        OK

        ほめるの取消しに失敗しました。

        OK

        ほめるにはログインが必要です。

        タグ編集にはログインが必要です。

        タグ編集には利用規約の同意が必要です。

        TOP