ニコライ・リムスキー=コルサコフ単語

ニコライリムスキーコルサコフ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ニコライ・リムスキー=コルサコフ1844~1908)とはロシア民楽に属する作曲である。

概要

軍人のに生まれ、12歳の時海軍の兵学校に進学した。しかし17歳の時、ミリイ・バラキレフと出会い、ロシア5人組メンバーと知り合うのである。リムスキー=コルサコフは軍隊の生活はそのまま、バラキレフ作曲を師事し、すでにこの時交響曲第1番を作り始めていた。

18歳から3年間長期航演習に出かけた後、交響曲完成バラキレフ催していたコンサートで発表し、作曲としてのが開ける。リムスキー=コルサコフは海軍に属したまま作曲を続けていくが、27歳の時、サンクト・ペテルブル音楽院の教授に抜されるのである。

こうして1873年、ついに彼は海軍を除隊し、海軍の軍楽隊に移る。しかしこの結果作曲に欠けられる時間が減し、40歳までは作曲としては停滞していたといってもいい時間を過ごした。一方でこの時期には各地をめぐり、ロシア民謡を集め、1877年に『100ロシア民謡集』を発表している。さらに、1881年にムソルグスキーが、1887年にボロディンが亡くなると、リムスキー=コルサコフはグラズノフらと協して、彼らの遺作を補筆していった。

その間彼のインスピレーションも刺され、43歳から44歳にかけて、『スペイン奇想曲』、『シェエラザード』、『ロシア復活祭』の3作を立て続けに発表していった。またミトロファン・ベリャーエフとの出会いによって、経済的な支援を受けられるようになり、多くの曲が内外に発表されていったのである。

やがて世紀末になると、リムスキー=コルサコフは『クリスマス・イヴ』、『サトコ』といったオペラや多くの歌曲集を発表し、依然として民学王道を歩み続けた。しかし「血の日曜日」事件で反体制側についた生徒たちを擁護したリムスキー=コルサコフは、解任。生徒たちの抗議で一度は復職したものの、そのまま64年の生涯を終えることとなった。

こうして亡くなったリムスキー=コルサコフであったが、オーケストレーションに卓越した才を発揮しただけでなく、それを開設する多くの書籍を書き記し、20世紀の音楽界に大きなを与えたのである。アナトーリー・リャードフアントン・アレンスキーイーゴリ・ストラヴィンスキーセルゲイ・プロコフィエフといった子たち、アレンスキーに学んだ孫子にあたる、アレクサンドル・スクリャービンセルゲイ・ラフマニノフレインゴリト・グリエールといったロシア音楽界を代表するそうそうたる顔ぶれが彼の下にあるのである。もちろんロシア音楽界にとどまらず、イタリアオットリーノ・レスピーギといった海外にもは及んでいる。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/31(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/31(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP