パウル・ヒンデミット単語

パウルヒンデミット

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

パウル・ヒンデミット1895~1963)とは、20世紀前半に活躍した新即物主義作曲である。

概要

ドイツのハーナウに生まれ、フランクフルトのホッホ音楽院でヴァイオリン作曲を学んだ。彼の前半生は生活のために演奏として活動したものであり、フランクフルト歌劇場の第1ヴァイオリン奏者として活動し、またプロの弦楽四重奏団のヴィオラ奏者として演奏していたこともあった。その後27年からベルリン高等音楽学校作曲の教をとったが、ナチスの時代になると迫され、まずトルコ、38年にスイス40年以降アメリカに移住し、イェール大学作曲を教えるようになった。

彼は、当初は印義的な音楽を作っていたものの、エルンスト・クルシェネクとともにドイツロマン義からの脱却をす、新即物主義を推し進めた人物である。この運動ストラヴィンスキーフランス6人組ブゾーニらの新古典義とほとんど同様の動きであったといってよい。しかし彼はモーツァルトをはじめとした古典義ではなく、バッハを中心としたバロック音楽への回帰を志向した。
音楽性としてはまず調性を否定し中心音を持つ調的作全な調ではないので注意)、作曲の傾向としては大衆向けの実用音楽的としたもの、というでのが彼の特徴であった。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/25(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/25(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP