今注目のニュース
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
投票しても無効になる白票の行方

ヤットデタマン単語

ヤットデタマン

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヤットデタマンとは、1981~1982年に放映されたタイムボカンシリーズの5作である。

概要

従来の主人公男女のうち片方のみがヒーロー変身、もう片方には正体を隠しているという新路線であり、善玉メカもコレまでのコミカルメカ+ゾロメカではなく、1体のスーパーロボ「大巨」(+強化メカの「大天馬」=合体形態の「大」)のみという、タイムボカンシリーズのコレまでの定石を大きくハズしたヒーローもの路線となっている。ただし大巨の「慈悲深いと自称しているのに寛容さはゼロ」な性格はやはりボカンキャラならでは。間違っても彼の前で「偏足」と口にしてはならない(の前から姿が消えても安心してはいけない)。

また三悪人デザインも、頼りになる人付きの女ボスドジョウい上に鼻の大きさが控えめな頭タイプに、つぶら高身長肉体労働タイプと、容姿のレベルからして他作品とかなり異なり、OVAで全3悪が勢いした際に「一顔の違う連中」などと言われてしまったというのも特徴的。

ヒーローであるヤットデタマン(時ワタル)役に破裏拳ポリマーゴワッパー5ゴーダムでも好演した曽我部和恭を、追加ヒロインとも言うべきカレン役に土井美加をとタツノコと縁のある声優を配している。
曽我部和恭の起用は、本作がポリマーのオマージュ的側面を持つことに由来するらしい。

ちなみに本作で特徴的なのが ナレーション富山敬を模した『ささやきレポーター』と脚本の小山高男を模した『小山カメラマン』の登場である。
カメラマンかつ大男の小山カメラマンの顔はに包まれており、何度か見れそうな展開にはなったが、結局明かされないという扱いで、当時の視聴者子供達をやきもきさせた。
前回の放映を見ていないという子供がいれば、示し合わせて「小山カメラマンの顔が出た」とをつくとかホント定番でしたw

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ヤットデタマンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP