今注目のニュース
宝くじ高額当せん者が見た「正夢」強い願いを反映か
早すぎるニャ マシンガンのような勢いでエサを食べるアヒルさんに圧倒される猫ちゃんたち
千鳥ノブが「タバコ辞めて体鍛えてやる」宣言

レイサムビーム単語

レイサムビーム

  • 1
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

レイサムビームとは、野球においてインプレー中に野手がボールを観客席に投げ入れてしまうプレーの俗称。走者に二個の安全進塁権が与えられる。

概要

プロ野球において3アウトとなりチェンジとなった際、それを捕球した野手がボールスタンドに投げ入れるファンサービスは非常によく見られるである。しかし、稀に野手がアウトカウントを勘違いするなどの理由により、まだインプレーの状況なのに野手がボールを観客席に投げてしまうことがある。

この場合、ボールデッドとなり塁上の走者には二個の安全進塁権が与えられる(走者が一塁にいれば三塁へ、二塁・三塁なら本塁へ自動的に移動。送球が逸れてフィールドシートに入ってしまった場合などと同じ処理)。記録上は投げ込んだ野手にエラーがつく。なお、塁上に走者がいない場合はこのペナルティは発生しない。

2003年5月21日読売ジャイアンツクリス・レイサムがこれをやらかしたことで、レーザービームにかけて「レイサムビーム」と呼ばれるようになり、レイサムの名はプロ野球珍プレー史に残ることとなった。それ以降も何度か同様のプレーが発生している。

実際の事例

レイサムビーム (2003年5月21日、読売ジャイアンツ対ヤクルトスワローズ)

1-0で巨人リードしていた6回表1アウト、ランナーは一・二塁。打者の鈴木健レフトフライに倒れたが、それを捕球した左翼手クリス・レイサムアウトカウントを間違え、3アウトになったと思ってボールスタンドに投げ入れてしまった。これにより二塁走者が生還し、1-1の同点に。

試合は2-1で巨人が勝ったものの、巨人先発高橋尚成はこのプレーのせいで完封を逃した。これ以前にもオリックス谷佳知が走者なしの状況でボールスタンドに投げ入れてしまったことがあったが、走者ありの状況でやらかして得点に繋がったのはレイサムが史上初だった。レイサムは大した成績を残せず翌年退団したが、このプレーによってプロ野球史に名前を残すこととなった。

ラロッカビーム (2004年8月15日、広島東洋カープ対阪神タイガース)

0-0の2回裏1アウト、ランナー1塁の場面。鳥谷敬の一・二塁間へのゴロを横っ飛びで捕球した一塁手グレッグ・ラロッカは、一塁を踏んで打者をアウトにしたあと、そのままボールを一塁側スタンドに投げ入れてしまった。

これによって二塁に到達していたジョージ・アリアスが生還、阪神に先制点が入った。なお、この試合は広島が6-3で勝利している(動画タイトル8月16日になっているが、8月15日が正しい)。

マートンビーム (2011年5月26日、阪神タイガース対千葉ロッテマリーンズ)

3-1でロッテリードした8回表1アウト、ランナー2塁の場面。清田育宏ライトフライを捕球した右翼手マット・マートンが、アウトカウントを間違えボールを一塁側アルプススタンドに投げ入れてしまった。

これにより二塁走者の今江敏晃が生還、ロッテに追加点が入った。試合は結局そのまま4-1でロッテ勝利している。

おこの日は奇しくもレイサムの誕生日であった。

西川ビーム (2015年7月20日、北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルス)

2-0で楽天リードした6回表1アウト、ランナー1塁の場面。ギャビー・サンチェスレフトライナーに倒れるが、捕球した左翼手西川遥輝がこれをレフトスタンドに投げ入れてしまい、一塁走者のウィリー・モー・ペーニャが三塁へ進塁した。

このプレーに頭を抱えた先発ルイス・メンドーサは続く松井稼頭央を打ち取ってこの回は抑える。やらかした西川は8回裏に汚名返上のホームランを放ったものの、試合は結局3-1で楽天勝利した。そして同日……(つづく)

雄平ビーム (2015年7月20日、横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ)

まさかの同日に両リーグでレイサムビーム。もちろん史上初。

8-3でヤクルトリードした7回裏。先頭打者のアーロム・バルディリスは一塁線へのフライを打ち上げるが、これを二塁手山田哲人がフェアゾーンでグラブに収めそこない、ボールファウルゾーンに落ちる。この場合グラブに触れたのがフェアゾーンなので判定はフェアなのだが、カバーに来ていた右翼手雄平ファウルボールと勘違いし、拾ったボールフィールドシートに投げ入れてしまう。山田が慌てて回収したがボールデッドが宣告され、出塁していたバルディリスは三塁へ進塁した。

その後、1アウトから代打後藤武敏G.のゴロの間にバルディリスが生還。続く代打白崎浩之ホームランを放ち、DeNAがこの回2点を返したが、試合は8-6でヤクルトが逃げ切った。

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2015/07/21(火) 02:56:49 ID: 50L7YgjjOP

    まさかの同日にセパ両リーグで発生www こんなことって今後起こり得るんだろうか?
    おかげで記事が出来たのだがw

  • 3ななしのよっしん

    2015/07/24(金) 18:50:29 ID: DRoOmca5W+

    Wレイサム事件としてり継がれるやろな

  • 4ななしのよっしん

    2015/07/26(日) 10:04:08 ID: X7OcEYSwqT

    今年はセ界恐慌(って記事あるのかよ)にも噴いたが
    これも相当だなw

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP