今注目のニュース
日赤「宇崎ちゃん」献血PRポスターは"過度に性的”か 騒動に火をつけた米国人男性に聞いてみた
盲目のゴールデン・レトリバー、妹犬がガイドに 「2頭はかけがえのない友達」(米)<動画あり>
「クローゼットで誰かが寝てる…!」よく見たらクマだった

キャノン単語

キャノン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キャノンとは、以下のことを表す。

カメラ時計携帯電話等の精密機械メーカーについてはキヤノンを参照。
正典、標準という意味の英語canonについてはカノンを参照。

大砲・砲

 現代英語のcannonのカタカナ表記で大砲という意味。古代ギリシャというような意味の「κάνναカーンナ)」をとする。フランス語canon(キャノー)、ドイツ語だとKanone(カノーネ)。

 本来、「カノン」とは大砲の規格の1つであり、弾重量42ポンド(約19㎏)以上の重を「カノン」と言っていた。日本語的に表記を変えると「カノン式重」。旧軍表記にすると「カ式」と言ったな感じになる。(正しくは、幕末砲兵近代化(西欧化)が行われた際にフランス語発音のcanon(=キャノー)を漢字転記した加農砲と音訳された。)
このカノン規格より一段小さいものは「半カノン(デミカノン)」と規格され、32ポンのことをした。
 その後、17世紀後半から19世紀前半にかけて砲兵の大規模な近代化が起こると、榴弾でない野戦カノンと呼ばれるようになり、弾重量による規格の区別としては使われなくなった。現代的に言うと「対戦車とか狙撃銃みたいな敵を直接照準する大砲」がカノンとなったのである。

 19世紀中に大砲はこれ以上の進化を望めないというレベルまで達したが、1822年にカノンで榴弾を射撃する技術がフランス砲兵将校アンリジョセフ・ペクサンによって確立され、大砲爆発する弾を撃つもの」という現代の大砲にほど近い火が発明された。ペクサン艦載砲として発明されたものの、陸軍砲兵にも「榴弾を撃ち出す」が一般的になると、それまでの榴弾を専門に射撃する火である「榴弾」との区別が曖昧になってきた。そこで、榴弾30口径前後まで、カノンはそれ以上(陸軍によって区別の仕方が違う)という新たな区別が確立されたのである。

人名

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP