今注目のニュース
パソコンができないのにIT業界に来る若者は、なぜ存在する? その後、歩む道は?
松岡修造 北海道が“39度の猛暑日”記録で再浮上した“太陽神”説
1ヶ月以上泣いていない人の割合は… 男性に多い理由は小さな頃からの教えも

ラブ単語

ラブ

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラブ英語: love)とは、「」「心」「性欲」「いとしい」「好き」などの意味の単である。「ラヴ」とも表記される。

詳しくはこちらも参照 ⇒ 

曖昧さ回避

ラブ(英単語)

love とは名詞としては「」「」、動詞としては「する」「喜ぶ」などの意味がある単である。形容詞として使う場合は「ラブリーlovely)」になるが、日本語でいうラブリーと意味が微妙に異なる。その他は「」の項も参照に。

ゲルマン祖の *lubō で、更にはインドヨーロッパ *lewbh- あるいは *leubh- 「、心遣い、欲望」に遡り、これはラテン語lubēre 「喜ぶ」と同である。

例外的にアクセントのある o を短い u のように発音するが、この o は中世英語で本来 u で書くべき所を o で代用したもの。中世では u は v と区別く書かれるので、lvve となってイミフになるのを避けた結果であり、また現代英語りは中世英語のものが多く反映されている為である。

ラブ(スポーツ用語)

テニスを始めとする、ラケットを使う球技の用で「0点」を表す。

数字の形から「」を意味するフランス語ロェーフ l'œuf に由来するという説が有名だが、文献的根拠に乏しいので今日学では支持されておらず、 現在では Neither for love nor for money.色恋の役にもカネの役にも立たない=何にもならない(nothing)の強調表現)という古い言い回しに由来するという説が有。つまり現代に至るまでしばしばこうした紳士淑女的なスポーツ恋愛銭等の絡んださまざまな賭けの対となってきた歴史を反映しているというわけで、文化史的な観点からもなかなか興味深い。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/26(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/26(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP