今注目のニュース
「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実
「俺好き」第10話、新ヒロイン・たんぽぽが「いいキャラ」とさっそく大人気
「エンジニアあるある」第41回昔作られたプログラムは、「秘伝のソース」と呼び、誰も触れたがらない。

三式砲戦車単語

サンシキホウセンシャ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

三式砲戦車(秘匿名称ホニ 以下ホニ)とは、大日本帝国陸軍が開発・配備した火力支援車両の一つである。
一式七糎半自走砲(ホニⅠ・以下ホニⅠ)とは違い実戦経験はし。本記事では砲戦車についても解説する。

概要

砲戦車について

まず砲戦車とは、昭和10年頃に高価な戦車を対戦車で失わないようにと、その対戦車を破壊する自走式火として構想され、自走砲の原案にもなった(この時点では自走砲との区分と任務内容は曖昧になりがちだった)。
には九七式中戦車九五式軽戦車の持つ37~57㎜級戦車より火力の高い、短75を搭載することになり、当初は旋回ではなく天井のない簡易な戦闘室に搭載される予定であった。昭和14年に計画が白紙化されるまで、自走式戦車支援という名称で研究が開始され、のちに九九戦車支援という名称に変更された。(戦闘室が旋回式でないのは、高価な戦車に対して安価にするためだったと考えられる。)


その後設計が大幅変更により、密閉式の旋回式に変更され、ここで名称が試製一〇〇式砲戦車(資料によっては一式砲戦車とも)に変わりここでやっと砲戦車という名前が出てくる。これがさらに紆余曲折経て二式砲戦車となるのだが、それは別のお話。
そこまでの研究の中で、「大口径ゆえに対戦車戦闘への転用も可では?」「山級では威不足」の理由で長75(野級)の搭載も意見として出されたが速な反撃が困難とされ、現行開発中の野搭載のホニⅠを修して対戦車用に転用した方がい、との理由で立ち消え、かわりに連射速度の高い長57を搭載する駆逐戦車案が出されるもこちらは戦車砲戦車に吸収されるような形で消滅してしまう。

このような対戦車地)の撃滅を念頭に置いた車両の開発は世界的にも一般的なことであり、例としてドイツ軍の大戦初期におけるⅣ号戦車ソ連のBT-7の45から76.2㎜に換装したBT-7aがあげられ、他にはM4中戦車を重装甲化したシャーマンジャンボも実際の運用的にかなり近い。

砲戦車は対戦車地(後に敵戦車に転換)の撃滅の他、対戦車と撃ちあいになることを想定されたため、既存の戦車べ大火力・重装甲であることがめられていったが、整備性や技術を考慮して戦車と部品の多くが共用または体が同じであることが好ましく場合によってはホニや試製砲戦車ホリのように旋回妥協し固定戦闘室も採用された(というより切迫した大戦末期以降はこちらが流になった)

大戦末期においては砲戦車という種が対戦車火力が高い車両全般をすようになり砲戦車部隊には3式中戦車のような中戦車の名を関した車輌も配備された(四式中戦車砲戦車部隊に配備される予定だったらしい。)。

開発

 昭和18年半ばごろ砲戦車主任務が対戦車地から対戦車戦闘に転換した際、二式砲戦車(ホイ)の代わりにホニⅠを砲戦車として使用したいという意見が戦車部隊側からあった。
しかし、ホニⅠは戦場の間を高速で移動する戦車部隊やトラックに乗った歩兵部隊についていくために考案されたシロモノで、あくまでも動ける野である。
当然、主任務も野と同じく、後方からの支援である。ちなみにの原となった、九〇式野較的対戦車が高く、そのを搭載していたホニⅠは、当初から対戦車戦闘も想定していたようだったが、副次的なものであり、戦車戦闘には不可欠である直接照準器が付いてないためそういう意味では戦車戦闘には不向きだった。
また、戦闘室は正面こそ戦車より厚かったがオープントップと後部ががらき)だったため弾や爆弾の破片、弾に弱く生存性が低かったりまた対戦車戦車と違い紐を引っって弾を発射する形式だったりと戦車」としては問題だらけであった。

そこで良案として開発されたのが本車両である。昭和18年頃(または19年)から開発が始まり同年に工したといわれ開発時は、七砲戦車甲という名称であった。
構造は簡素ながらも本格的な直接照準器を搭載、戦闘室は7形の密閉式戦闘室を採用した。この戦闘室は体からはみ出し戦闘正面の装甲も薄くなったが破片や弾に強くなり全体的な生存性は向上した。

ホニⅠが抱えていた問題は(発射方式を除けば)大幅に善され、本格的な対戦車戦闘車両になったといえる。なお密閉式になったことによる視界の悪化を補うため戦闘室の周囲にのぞきを確保することで補っている。一般的な戦車のようなキューポラがないのは構造の簡略化のためだと思われる。(上述の発射方式の問題は三式中戦車でもそのままとなった。)

生産と運用

生産は19年以降に開始され終戦までに60100両生産された。運用法としては三式中戦車埋め用として三式中戦車と併用しともに砲戦車部隊に配備されることとなった。自走砲部隊に配備される計画があったが実現していない。

関連動画

三式砲戦車に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 18ななしのよっしん

    2019/05/11(土) 11:40:11 ID: tAMtd/VVnQ

    57mmはM4シャーマン君が登場して「57mm研究してる場合じゃねえ」って75mmにワープしちゃったからねしかたないね
    旧式艦のを転用できればよかったが陸軍の仲がねえ

  • 19ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 08:29:04 ID: KCoqg1Wo6l

    57mmの削除理由はM4の登場じゃなくてKVT-34のせいだよ
    陸軍の兵器開発は基本的に対ソ連だったし
    M4を重視したのは57mm削除より後

  • 20ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 17:47:40 ID: 3TvtscO09y

    よくある旧式艦砲の転用に関しては弾の規格が合わないからちょっと理だろう

    戦車と同じ口径にしたいという方針もあるし、
    口径75mm以上になると砲兵の管轄になるという陸軍内の兵科争いも避けられない

    75mm級火と言えば41式山があるけどあれも砲兵からの借り物という扱い

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP