今注目のニュース
「顔のない貴族」に仕える生き人形の顔が良い! ゴシック・ロリータ・ダークメルヘン漫画『シャドーハウス』の美麗な画力
十二国記の新聞広告が話題 コンプファン続出、メルカリ転売も
えなこが公式も認めた『機動戦士ガンダムSEED』ラクスのコスプレを披露

二式砲戦車単語

ニシキホウセンシャ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

二式砲戦車とは、大日本帝国陸軍第二次世界大戦中期に開発、整備した砲戦車(近接火力支援)である。

量産化されるまでは、(試製)一式砲戦車または、一〇〇式砲戦車とよばれていた。

概要

砲戦車とは、味方戦車の障となる対戦車火器や敵戦車を制圧したり、時には味方戦車部隊の突撃・後退時に突出し敵の攻撃を引き付けとなることで、味方戦車部隊の生存性向上させ、作戦を円滑化させるための支援車両である。

自走砲とは異なり、味方戦車部隊に混じって行動するため、密閉式の戦闘室を備え、とされた中戦車と同じ機動性を発揮し、更に同一の体を用いることが条件であり、またその運用法に耐えるため、中戦車よりも大口径のを搭載、重装甲であることが理想的でもあった。

二式砲戦車(以下、ホイと記述)は、最初の砲戦車だったが、2度にわたる計画変更や補助的な兵器故に戦車の中でも特にリソース配分の少なかった等の要因により、開発・研究了が遅延最終的に量産されたのは開発開始の1937年から約7年後1944年である。それも少数の生産であり、全て本土決戦に温存したため実戦の経験なし…という悲運の兵器であった。

性能諸元

武装 九九式七戦車×1
副武装 九七式車載機関銃×1
最大装甲 50㎜(/体正面)
最大速度 44km/h(路上)
エンジン 240
重量 16.7t
接地圧 0.69kg/

開発前史

ホイの開発の切っ掛けは、1935年(昭和10年)に遡る。
砲兵科と(当時戦車部隊を運用していた)歩兵科が、「高戦車安価対戦車兵器によって失いたくない」という共通の考えの元、使用方法は異なるが「山を搭載したオープントップの自走式火」という共通点を持つ、2種類の兵器が提案された。

(なお、ここでいう山というのは山岳地帯向けに作られた軽量な短75のことである。)

この「自走式火」は敵の対戦車火器を制圧し、時には発煙筒で煙幕を貼って射撃を妨、更に万が一、味方戦車が敵戦車と遭遇してしまった際の対戦車戦闘も想定していた。これらの要素はこの後に生まれる砲戦車にも受け継がれる。

この2つの兵器はその後も研究が続けられ、特に歩兵科案は、昭和12年に「自走式戦車支援」の名称で具体的な開発がスタートした。

開発

当初は、山を固定式に搭載したオープントップ自走砲として開発が進められていたが、開発開始から約2年後の1939年(昭和14年)6月頃に大幅な設計・計画変更により白紙に戻る。変更後の設計は、一般的な戦車と同様の密閉の旋回を備えた物となり、名前も「砲戦車」に名された。

1940年(昭和15年)12月頃に搭載の試作第一号完成。搭載は「試製九九砲戦車搭載」と呼ばれた。搭載はその後も修正を受けながら、1941年(昭和16年)3月九七式中戦車チハ改造した「試製一式砲戦車」に搭載され試験を受けることとなる。

一式七糎半自走砲 ホニIとの比較

この頃になると、この試製一式砲戦車の実用性を疑問視するが多く挙がるようになっていた。

これは、1939年(昭和14年)に発生したノモンハン事件においては戦車同士の戦闘を経験し、砲戦車にも対戦車と動標に対する命中率の向上がめられ、搭載をより高威の野級にめる意見が多数出ていたからである。

この問題を解決するために、当時野を搭載していた一式七糎半自走砲(以下 ホニI)に鏑矢が立ち、それまでの試製一式砲戦車であるホイに代わる、「新たな試製一式砲戦車」となり、ホイの対抗として較試験が行われることになった。

試験の結果、ホニIは対戦車戦闘火力が優れ、動標に対する命中率も高かったが、ホイと異なり旋回を有していないため、不意に現れる対戦車に対応できず、更に搭載できる弾薬量が少なかったため、砲戦車としてはイマイチだったようである。

ホニIを砲戦車として良するための案が提案されたものの、結局砲戦車としての適正はホイに軍配が上がり、ホニIは砲戦車としては不採用となった。砲戦車は既定路線通りにホイの開発が進められる事になり、対戦車戦闘に関してはこの時開発が具体化した駆逐戦車に任せるという運びになる。

量産中止

ただ、めて砲戦車として採用されたホイも、このまま採用されることはなく、コレまでの試験から得たデータを元に搭載良強化し、新規に開発した車両に搭載される事になる。

(これは、ベースとなったチハは問題が多く、採用された時点で後継機の開発了が急務だったからである。)

搭載昭和172月完成し、同年12月(5月という説もある)に完成した新車両に搭載され試験が行われた。

ところが再び問題が起きる。1943年(昭和18年)5~6月頃、入手した独ソ戦争の情報によりこれまでの研究方針が訂され、砲戦車は中戦車とともに対戦車戦闘が再び重視されることなったのである。この直前までホイは後継車両の計画や量産化が決まっていたが、この定後、ホイは後継車両計画もろともいらない子」の烙印を押されたため、整備計画も凍結されてしまった。

復活

一時は開発・整備が凍結になったホイだったが、成形炸薬弾の実用化によりホイの対戦車戦闘が大幅が向上し実用性が認められたため、この時に「二式砲戦車」と名を変えて再制式化、初期生産分のみであったが量産が許可された。生産数は30輛。

関連車輌

関連商品

関連コミュニティ

二式砲戦車に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP