今注目のニュース
地元人も「さっぱり意味がわからない」 東北地方に伝わる謎の踊り「ナニャドヤラ」とは
投票しても無効になる白票の行方
宮迫博之・田村亮が涙の会見、吉本興業への想い

丸の内サディスティック単語

マルノウチサディスティック

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

丸の内サディスティックとは、椎名林檎の楽曲である。

概要

1stアルバム無罪モラトリアム』の3曲に収録。原曲椎名林檎デビュー前に作っていた「A New Way to Fly」という、英語歌詞の楽曲。

歌詞exitには東京丸ノ内線にある名が数多く出てくる(お茶銀座後楽園池袋)。
加えて、楽器類の名称も数多く出現する。
(リッケン620→後に椎名本人も使うことになるギターの名前、マーシャルギターアンプメーカーラットエフェクター、グレッチ→ギターメーカー
ベンジー」は元BLANKEY JET CITY浅井健一(前述のグレッチのギター用している)のことで、本来は「浅井さん」とするはずだったらしい。
また、間奏明けの歌詞噛んで煎って頂戴」をはじめ、一部過歌詞当て字になっている。

椎名林檎ライブではもちろんのこと、東京事変ライブでも数回演奏されており、DVDDynamite out」「Just can't help it.」「Spa & Treatment」「ウルトラC」にて見ることができる。ライブによっては大幅なアレンジがなされ、いまだファンに根強い人気を誇る。
2008年には東京事変メンバーが新たに編曲した「EXPO Ver.」が製作され、同年11月に行われたデビュー10周年記念ライブ椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~」のエンドクレジットに使われている(後の2009年アルバム「三文ゴシップ」及びアナログ盤「サタデーナイト・ゴシップ」に収録された)。ちなみに、実際にライブ演奏された(TV番組での演奏を除く)のは、前述の「ウルトラC」が最初である(椎名林檎く、初めて丸の内で演奏したとのこと)。

関連動画

ライブ

演奏してみた・歌ってみた

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP