人柱 単語

172件

ヒトハシラ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
歴史 > 人柱

ほりの藻刈りに降るこのは、いとしお静の血の涙

人柱 (ひとばしら) とは、人身御供の一種で、建造物が災害や敵襲で破壊されないことを祈願する的で、建造物やその近くに人間を生きたまま埋めたりに沈める習のこと。食事や祭行為としての人身御供である「生贄」とは区別される。

転じて、新奇、または著しく安価で販売された、などの情報の少ないガジェットデバイス類を自分で買ってレビューすることもす。

概要

人身御供としての狭義の人柱は日本におけるかつての習を意味するが、現在世界中の似たような習をまとめて人柱と呼ぶ。

ここでいう柱 (はしら) とは、人をに類するものとして考えるための助数詞としての「ひとはしら、ふたはしら」のはしらである。特にでは当地の若い美人がしばしば人柱に立てられたようだ。

新潟県の人柱伝説

新潟県上越市のあたりでは、かつての僧が当地の地すべりにより大蛇が人を追い払おうとしたのを、人柱を埋めれば防げると知った僧侶が自ら人柱となった、という伝説がある。当地では実際に鎌倉時代に亡くなったと見られる40代くらいの座を組んだ人が発見されており、人々がその僧侶を讃え昭和12年に人柱供養堂を建てている。

人柱お静

柴田勝豊丸岡城を築した際、守閣の石垣が何度積んでも崩れることから、人柱を立てることにした。そして片のお静が選ばれ、2人の子を取り立ててもらうことを条件に中柱の下に埋められた。守閣は立完成したが、勝豊は移封したため約束は反故となった。これを恨んだお静は穂の季節になると春雨で溢れさせたという。霊を慰めるため人々は小さな墓を建てたとか。

現代の人柱

現代では、それまで一般的でない形状のデバイスや、新規参入メーカーによるデバイス、またAmazonやAli Explessメルカリなどで破格値で販売されているようなものなど、ネット上に情報が少ないデバイスについて自分で買って確かめるようなことをして「人柱」と呼ぶことがある。例えば、以下の記事群はこの意味での人柱の用例である。

ニコニコ動画では、特定の事柄(ゲーム商品レビュー等)に対して明や検証のために犠牲となる人物などに使われることがある。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/20(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/20(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP