今注目のニュース
ローソン「悪魔のコーヒー II」発売、砂糖6割増しの“激甘”仕様
峯岸みなみがカミングアウト「綿棒は使い回す」
加藤綾子、取材先での服装に驚きの声 「破れてない…?」

北条高広単語

キタジョウタカヒロ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

北条高広きたじょう・たかひろ 1517? ~ 1587?)とは、越後の戦国武将である。

「ほうじょう」ではない、「きたじょう」である。大変紛らわしいので、この項内では小田原の後北条氏には必ず「後」をつけておく。

概要

上杉謙信に仕えた越後人のひとり。「器量、幹、人に倍して無双の勇士」と称えられるほどの武将であったが「中一の粗者」とも評される。

一度反乱するが軍の前に叩きめされた。謙信関東出兵後は上野・厩に入り、関東統治の責任者を任される。が、再度裏切り、再度復帰する。御館の乱では上杉景虎を支持するも敗れ、それ以降は没落の一途をたどる。

生涯

北条氏と安田氏

氏族は大江氏で、家紋は一文字に三つ。安芸の戦国大名毛利氏と同族である。鎌倉時代に色々あって大江氏は壊滅したが、越後にいた毛利は生き残った。安芸の領地を継いで移り住んだ経男の子孫が毛利元就たち。一方、越後を受け継いだ嫡男の系がこちら。

この越後毛利氏は途中から北条氏と安田氏の二系統に分かれる。戦国時代の初めごろには安田という人物が登場し、安田の当と北条の後見人を兼任していた。だが彼には子がおらず、それぞれ庶流から養子がとられ、北条は北条高広が、安田安田元が後継者となった。

この再分裂がきっかけなのか、北条高広と安田元は以降生涯対立することになる。ちなみに領地は隣同士であった(信越本線安田・北条の辺り。現在柏崎)。

二度の寝返り

1530年ごろに督を継承し、北条となる。1554年、川中島の戦いが始まった頃に武田信玄の調略を受けて寝返ったが、長尾景虎が自ら出してサクッと鎮圧された。この謀反を通報したのは安田元であり、こちらは逆に虎からお褒めの言葉を頂いている。

謀反の罪が許されると、以降は長尾上杉の重臣として活躍する。第四次川中島の戦いにも参戦。上杉政虎(以下、謙信)が後北条氏討伐のため関東へ出兵するとこれに従い、1563年には上野・厩(のちの前橋)を与えられ、謙信留守中の関東前線の責任者(代官)を任された。この辺りから高広が将として評価されていたことが伺える。

……が、1567年に北条氏康の調略を受けてまたも寝返る。実はこの前年、謙信下総臼井を攻めたのだが、ここに突如現れたの軍師・白井胤治白井浄三)の大活躍で上杉軍は大敗を喫してしまう。更に上州のスーパーG・長野業正亡き後も抵抗を続けていた長野業盛が、武田信玄の前に遂に尽きてしまった。これらの出来事から関東族たちが次々と後北条氏へ替えしてしまったのである。

これを見た謙信はまたまた関東へと遠征し、厩はサクッと落とされた。この後もしばらく後北条氏の下にいたようだが、1569年に越相同盟が結ばれた事で上杉帰参を許された。二度の寝返りの割に寛大と言うべきか、やっぱりそれだけがあるということか。

流転の人生下り坂へ

越相同盟は1571年に解消されたが、上野はしばし上杉・後北条・武田が睨みあう様相で、大きな衝突は減った。高広は1574年に隠居、息子・北条広に督と厩を譲り、自身は東の大胡に移る。

これが一変したのが1578年、謙信の死去である。この時高広も出して「芳」と号した。だが上杉中は後継者を巡って「御館の乱」と呼ばれる内乱に突入してしまう。この中で高広の実・石曽根高定上杉景勝方に殺されている。こうした事情やかつての後北条との関係もあってか高広は上杉景虎方に付き、息子広が越後へと出兵するも、広はそこで討死、虎も敗死した。(ちなみに安田一族は勝方であった)

更に悪いことに、このドタバタの隙を突かれて武田氏が沼田を奪取する。これで越後と上野は分断され、高広は全に孤立してしまった。この状況ではもはや致し方なく、武田勝頼に降伏する。以降の高広は上杉から派遣された代官ではなく、厩を拠点とする上野人のひとりと化して行動することになる。

1582年、武田が滅亡すると滝川一益の配下に置かれ、厩も一益の手へと渡った。だが直後に本能寺の変が起こり一益は撤退、高広はまたも後北条配下へと舞い戻ることになった。

それでもなお流動的な情勢の中、真田昌幸沼田明け渡しを巡って徳・後北条と対立し、上杉への寝返りを画策し始めると高広もこれに呼応する。しかしただでさえ沼田の件でイライラしている後北条には火に油、頼みの上杉新発田重家の乱などでいっぱいいっぱいだった。翌1583年に厩を攻められると降伏する。

1587年までは活動が確認されるが、以後不明。どうも越後には戻れなかったようだ。

子孫・その後

同名の息子・北条高広(高明)が跡を継いだとされる。上杉へ帰参したというが詳しいことは分からない。1600年没。

米沢の重臣として続いた安田と違い、こちらは戦国乱世の中で埋もれていってしまった。ただ、高広のが同じ大江一族の上野人・那波顕宗にいでおり、彼の息子安田元の養子となっている(安田俊広)。俊広のが高広のなのか確はないが…。

一応、幕末期の米沢士の中に北条の存在は確認されている。

ゲーム・創作作品など

NHK大河ドラマ「天地人」(2009年)

演:新井広とポジションが混同されているのか御館の乱で死亡している。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP