単語

アブラ

4.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

とは、油脂のことである。

とくに常温[1]で液体のもののことをす。オイルとも呼ばれる。

植物性、動物性、鉱物性、食用から機械照明のの燃料・潤滑まで幅広い。

類するもの

常温で固体のものは脂肪と呼ばれる。(項参照)
贅肉ステーキの脂身などが良い例であり、熱を加えるなど溶かして使う場合もある。

液体ではなく、半固形状の度の高いものグリグリースとも)と呼ばれ吸着性が高く低速で動き荷重がかかる部分に適している[2]

概要

と分離し、より重が軽い。
※稀に勘違いされるが、重油より軽い。

  • 多くの場合、可燃性である。
    • 揮発性や度、最大貯蔵量といった様々な区分もある。
  • 料理調味料などの食用から、燃料、照明、美容、工業、工芸まで多種多様。
    • 金属表面に塗って錆を防いだり、駆動部の摩耗を防ぐのにも用いられる。
    • 燃料として消費するものは、燃費という標で表される事も多い。
    • エンジンオイルのように多的に用いられるものもある。
    • 素肌に塗って日焼け止めや保湿・燥防止に用いられることも。
    • 絵画や芸術品など、艶を出すのに使われることもある。
    • ドライクリーニングなどは衣類の洗浄に油を使用している。
      • 厳密にはドライ溶剤とよばれ、油汚れを油で洗う=血で血を洗うのような訳ではない。
      • 衣類へのダメージが小さく、不溶性の汚れも落とすことができるメリットがある。
  • 油には油脂同様、植物性、動物性、鉱物性に分かれる。
  • 人間関係のコミュニケーションなど、喩的に潤滑油に例えられる場合もある。

水と油

  •  基本的にと油では混ざり合わない。
    • 石鹸洗剤など表面活性剤を含むもので混ざり合い、洗い流すことができる。
    • 汚れが落ちない場合、十分な石鹸等を使用し、すぐに洗い流さず時間をかけて洗う必要がある。
  • 油の表面が色に見える場合もある。2つは屈折率が異なり油膜の表裏で反射・干渉・回析するため。
  • 喩的にの仲、仲の悪い人間や組織グループ同士の関係などに用いられる場合もある。
  • 油はに浮いてしまうため、油火災においてによる消火は有効ではない。

食用

貯蔵・運搬・容器

※油脂の種類によって防火措置や貯蔵可定数量が決められている。
2019年以降、テロ差別犯罪に利用されないよう携行缶等への販売は制限されている。

欠点・トラブル

日常的に便利であるが、特性ゆえの欠点も多い。用途別に種類を変える必要もある。

  • 手や衣服に付くと色や汚れ、ニオイが取りづらいことも。
    • を弾いてしまうため専用の石鹸洗剤などが必要となる場合も多い。
    • 手に付着した場合に不快だったり、副次的に他の場所を触ってしまうことも。
  • 燃料として使用する場合、燃費の問題や大気汚染といった問題がある。
  • 化しやすい油は開封後・調理後時間が経つと不利である。
  • 料理など時間が経つと油がく固形化してしまい、見たが悪くなる場合もある。
    • ちなみにの油は植物性のように時間が経ってもサラサラである場合が多い。(植物性ではないが)

可燃性

延焼することで財産建物ごと燃えてしまうなど、油脂類を取り扱う上で特に恐れられるもの。

例としてガソリンなどは「危険物」という扱いでもあり、身近で「なんかすごく燃えやすい油」と甘く見ていると大爆発、全身火だるまの大火傷を負うなど盛大な自爆になることもある。

危険物取扱者資格など、ガソリン灯油といった油脂類の特性から消火方法まで学ぶことができるので興味がある方はオススメである。(級位によって扱えるものは異なる)

その他のトラブル

  • 軽自動車だからと軽油を入れるなど用途と異なる油を入れてしまうと故障したり前述のような火災になる場合もある。
  • 油にも使用期限があるため、乗り物や発電機の燃料など使わずに入れっぱなしだと半年~1年程度で劣化し腐ってしまい、そのまま起動すればエンジンごとやられることも。
  • 石油タンカーなどの船舶事故によって、周辺域の環境に壊滅的なダメージを与えることがある。
  • 潤滑油・エンジンオイルなどは切れると動作不良異常過熱・焼き付きを起こす。
  • 潤滑剤として使用できるものでも、ブレーキ部分など注油すると効果を大きく損ねてしまい逆効果。
  • 油の漏れている・こぼれた場所は摩擦が減って単純に滑りやすくなることもある。
  • オイル添加剤もあるが、なんか良さそうだからと適当に使ってしまうとトラブルの元になる。
  • 油漏れによって周囲を汚損してしまう場合もある。

変わったものでは燃料の重さ自体が余計な重量となって燃費を悪化させる原因となるため、必ずしも満タンが良いとは限らない。航空機などは重量にシビアなため燃料搭載量を減らすくらいである。(離陸後に空中給油を行う場合もある)

喩ではあるが、うっかり事故を防ぐために「油断大敵」も大切である。何/が相手であっても(問題なく見えても)疑い・確認・準備・下調べ(検索)も忘れずに。

要素として

石油を例に取れば、原油、油田、上油田、石油王大富豪・億万長者)など、それを取り巻く採掘場所やビジネス利権や紛争、大富豪などフィクションから現実社会経済まで含めるとかなり幅広くなる。ちなみに日本国内にも小規模で少ないが油田はある。

表現・フィクションなど

様々な特性から演出・雰囲気づくり、物語においては攻撃・防御・器・トラップ、火攻めや拠隠滅などに使われることもある。

  • 古い建物に油汚れなど、新品・新築にはない良さや使い込まれた良さがある。
  • ・小具としての描写や、プラモデルの汚れ塗装の一つとして雰囲気づくりに再現されることも。
  • 油脂を散布して着火し敵の接近を防いだり一掃する。
  • ガソリンなど可燃性蒸気を充満させ引火・誘爆リスクで敵に銃火器の使用を制限する場合もある。
  • 火炎放射器など燃料や燃焼剤を着火しつつ対に放射するものもあり、敵の立てこもる閉所を欠にする場合もある。
  • 単純に油脂を入れたドラム缶や携行容器自体も雰囲気づくりのオブジェクトとして用いられる。

喩的ではあるが敵・味方や読者を「油断」させたりミスリードを狙うものも多い。

映画などの演出は誇されており、ガソリンなどを銃器の巣にしても大爆発することはない。
(あんな手に爆発炎上するものに乗りたくはない)

漢字として

Unicode
U+6CB9
JIS X 0213
1-44-93
部首
氵部
画数
8画
音読み(常用)
訓読み(常用)
あぶら
意味
液体の油脂、油脂、満ち溢れた、てかてかした、つやつやした、湧き上がる、不実、という意味がある。また名前である(油)。
説文解字・巻十一〕には名前として紹介されていて、「なり。武陵孱陵を出でて、江に東南入す」とある。
字形
符は。由は〔説文〕には解説されていない字。白川静は由が、もともと瓢箪の仲間で、中が油になっているものの形で、油の初文だとしている。
音訓
音読みユウ音)、ユ(音)、訓読みは、あぶら、つや。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
油圧・油・油画・油・油脂・油色・油井・油性・油然・油断油断大敵・油膜・油油

関連静画

百科項目のある油

油脂・燃料
その他
言葉
食用

関連項目

  • 脂肪(※常温で固体のもの)

脚注

  1. *常温:15~25℃の範囲。
  2. *元々は液体であるが、増稠剤(ぞうちょうざい)が添付され半固形化させている場合が多い。
  3. *ガソリンなど、可燃性蒸気が空気より重く低所に滞留する場合、勝手に上逃げ拡散してくれないため危険。
  4. *JR福知山線脱線事故など、駐車場車両から燃料が漏れており救助活動に支障が出ていた。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP