思い出補正単語

オモイデホセイ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(255)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

思い出補正(おもいでほせい)とは、昔経験した内容が美化されることを意味する2ちゃんねるである。アニメ映画テレビゲームなど昔の作品が思い出により補正され面く感じている現のことをす。

概要

「補正」という具体的数値を示す、カッチリした雰囲気を持つ単に、「思い出」というフワフワ感あふれる言葉が組み合わさっているミスマッチさが心をくすぐる。

昔からよく言われている「思い出は美化される」という言葉があるがそれに近い。

何でもそうなのだが、自分が初めて体験するものには、今まで体験したことがない故にな衝撃が伴うものである
しかし、何度も同じような体験をすると慣れてしまったり、時に陳腐だと思うようになってくる。
また、人間は若いうちのほうが活も感受性も豊かであり、同じことでも大きく感情が動かされることが多い。
そのようにして受けた感動は記憶に残りやすいその一方で、嫌なことやどうでもいいことは忘れてしまう傾向がある。

そのため、昔見た物ややったことを思い出す時、昔初めて体験した強い感情がってくる一方で都合の悪い部分は忘れていて思い出せないということが度々発生し、結果として昔体験した物事のほうが良い方向へ補正され今体験した同じような物事よりも良かったと感じるという現が発生する。これが「思い出補正」である。
例えば、昔ハマったゲームをもう一回プレイしてみるとシステムの不親切さなどに驚き現代のゲームもちゃんと進化しているんだと気がつくなんて話はよくあることである。

「昔は良かった、その癖今は…」などと言う人間、所謂懐古厨に対しての煽りとしてよく投げかけられる言葉でもあるが、人の思い出に色褪せず残る作品は何かしらるものがあり、現代が失ったものを持っている場合もまた多いので安易に思い出補正だと切って捨てるべきではない。温故知新とはよく言ったものである。

思い出補正≠時代補正

似たような言葉に『時代補正』があるが、『思い出補正』と『時代補正』は全く異なる。

例えば「ドラゴンクエスト1」は名作だが、現在子供たちにドラゴンクエスト1を遊ばせても「グラフィック音楽がしょぼい。ドラゴンクエスト1が評価されているのは思い出補正」とかいう人が出てくる。

確かにドラゴンクエスト1ドラゴンクエスト10からべるとグラフィック音楽も劣っている。
しかし、ドラゴンクエスト1が評価されたのは「思い出補正」からではなく、ドラゴンクエスト1が発売された時代はドラゴンクエスト1のような他のゲームは存在せず革新的だったからである。

思い出補正と時代補正の違いは以下になる。

「思い出補正」→思い出が美化されることによってその作品が面白いと思っている。
「時代補正」→その時代は他に類似の作品がなく、革新的で凄かったので面かった。

思い出補正と時代補正は似ているけど、このように意味する内容は全く異なる。

関連動画

思い出補正に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP