性同一性障害 単語

171件

セイドウイツセイショウガイ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

性同一性障害(せいどういつせいしょうがい)とは、心と体の性別が一致しないことである。英語の病名Gender Identity Disorderの訳であり、これを略してGIDとも言う。この「Gender Identity Disorder」は1980年に出版されたアメリカ医学会の診断基準「DSM」の第3版に掲載された病名である。

ただし、2013年に出版されたDSMの第5版では既に「Gender Dysphoria」に名称が変更されている。日本神経学会はこのDSM第5版に掲載された「Gender Dysphoria」を「性別違和」と訳するとするガイドライン表しており[1]、そのため「性同一性障害」ではなく「性別違和」と呼んだり、「Gender Dysphoria」を略した「GD」と呼ぶことも多くなっている。

概要

心と体の性別が一致しない人間が一定確率で産まれて来る。今日日本では保護されるべきマイノリティとして扱われているようで性別適合手術などを経て裁判所が認めれば戸籍上の性別を変えることも可となっている。現代医学では染色体レベルでの性別適合手術は不可能性器にメスを施したりして希望する性の形に変えるだけである。全な治療方法はい。
なお、GIDの治療を的とした手術について、日本神経学会では「性別適合手術」というを正式名称として用いているが、テレビ局等のマスコミでは「性転換手術」と誤った言葉が使用されていることが多い。

MtFの治療(男性型から女性型へ)

正当なガイドラインを踏むなら精科医の先生と相談しながらGIDと診断してもらうのが一般的である。それから女性ホルモン投与という形になるので、ホルモンバランスや肝機定期的に検してくれる病院で行なうのが望ましいが保険が効かず高額になるので、インターネット女性ホルモンを含むの輸入代行の業者に注文する人も少なくいようだ。男性ホルモンの分泌を抑えるためには期に去勢するのが良いとされるが、去勢により陰嚢の皮膚が収縮してしまうと性別適合手術の時に材料が足りなくなるということもあるらしい。
男性として慢しながら妥協して生きる人、女性ホルモンによって女性化して満足する人もいれば、性別適合手術までしないと納得できないという人も居るようだ。
最後の砦となる性別適合手術は海外で行なうのが一般的で、日本べて物価が安く性別適合手術が盛んで技術が高いタイを選択する人が多くなっている。
もちろん性別適合手術をしても子供を産むことも出来ないし、女性としての幸せが望める保障はどこにもない。性適合手術後に自殺するケースも少なくいようだ。

FtMの治療(女性型から男性型へ)

正当なガイドラインを踏むなら精科医の先生と相談しながらGIDと診断してもらうのが一般的である。それから男性ホルモン投与という形になるが月経が止まるくらいまで男性ホルモンの濃度を高くしたほうが精的な安定が望めるらしい。ヒゲが生えたり筋肉の付きが良くなって少しずつ自分を取り戻せて行くが、第二次性徴期に成長してしまった乳房は小さく成らないので理解のある病院で切除してもらうしかない。
男性ホルモンをいれることでクリトリスが肥大化するが個人差がある。人によっては勃起したクリトリスを別の女性に挿入することも可になるらしい。最後の砦となる性別適合手術になると大掛かりになり、手術を何回かに別けて段階的にペニスを形成していくようだ。性適合してももちろん射精は出来ないし満足セックスを行なえる保すらない。

関連項目

脚注

  1. *DSM-5病名・用語翻訳ガイドライン|公益社団法人 日本精神神経学会exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/17(水) 05:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/17(水) 05:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP