今注目のニュース
LINE「OpenChat」の検索機能が段階的に復活 18歳以上のユーザーからランダムに 
Switch版本格派ARPG「ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション」本日発売!
古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

死後の世界単語

シゴノセカイ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(192)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

死後の世界とは、誰も知らない世界である。

もしかして 

概要

人間が死んだ後に行き着くといわれている世界。あの世。

その様子は各宗教や時代・場所・個人の感覚によって千差万別であり、単純な天国地獄から煉輪廻転生やあるいはそんなものはないと言い切るものも存在する。

もっとも、実際にその世界を見たことがあり、なおかつ生存しているものは存在していない。『臨死体験で見た』という人もいるが、それがほんとに死後の世界だったと立することは、死後の世界を観測する科学的手段がない以上、不可能である。

臨死体験で日本においてもっとも一般的なのは三途の川を挟んでが咲き乱れるにすでに死んだはずの家族が迎えに来ていたり、まだいといって追い返したりする。ここで引き返さなかった場合は、そのまま戻って来れなくなる。一般的にはこのが死後の世界の入り口とされているが、生命維持に限界を感じたが苦痛を和らげるために見せた幻覚だといわれることもあり、果たしてこれが本当に死後の世界の入り口なのかはにもわからない。

Angel Beats!の舞台

に囲まれた丘陵地にある、生徒総数2000名を越える全寮制の学園。学園の名前及び、その外に何が広がっているのかは不明。理不尽な死によって青春時代を奪われた者はここに送られ、学園生活の中で未練をくすと消滅し、転生する。学園生活をに行わなかったり、はっきりとした未練が残った者は逆に残り続ける。教師や大半の生徒はNPC。この世界でどのような傷を負っても死ぬことは当然ないが、痛みは感じられる。生前の怪病気は残らず、全員基本的に五体満足となって現れる。

軽いネタバレ:必ずしも先に死んだ者が先に送られてくるとは限らない。心臓のドナーのほうが提供を受けた人間より後にやってくることもある。また、基本的に五体満足であるが、生前の事実関係により体の一部が欠けて来る者がいる。ただし内臓ならその部分がなくても普通に行動できるので、本人が自覚することはない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 190名無し

    2019/08/04(日) 06:55:01 ID: WMmGCTZcdy

    生物生物の頃からになるために進み続けている
    とは全の存在、生死 宇宙法則越した者

    子供を産むこと、生きようとすることは進化の可性を繫ぎ、次に託す為

    やがて生まれた知性を持った生物、受け継ぐものに真理が加わった

    より高度な知性を持った人は科学を手にした、遺伝子の楔から開放され一世代での進化が可となった

    人はの降臨を待つ事を止め自らがになることを自覚するに至った

    となった己いは何ものかが過去現在の全ての生命を復活させ救済するその日まで

  • 191ななしのよっしん

    2019/08/04(日) 07:08:23 ID: /bo/SMFp7x

    それがドリルなんだよ

  • 192ななしのよっしん

    2019/09/22(日) 21:50:22 ID: Z06C1+o+uk

    ですから人々がdeityと呼ぶ存在それは存在の徴化です
    これはどのように徴化されるかは与えた印で決まります
    その仰るような人々にGodと呼ばれる所の越者なりたければしっかりとKarmic Stages踏まえて下さい
    ここはMockers' Havenですirony入ってきます流石にそれ御承知でしょう。それと向き合って下さい自らの言行と向き合って下さいそれ堂々とやって行けば仰るような事も有り得ると思いますよ
    堂々とご自身のでそれを果たして下さいKarmic Stages人の手借りてえようとしないで下さい人利用してそれ越そうとしたら転げ落ちますよ
    でもreproductionにいですよそれは間違いない

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP