今注目のニュース
ワンちゃんを大喜びで出迎える子猫ちゃん 「待ってたニャ!」とばかりに激しくじゃれつく姿がほほえましい
日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
エリート球児だった46歳議員秘書と妻の離婚…選挙を通して見えた職業ゆえの特殊性

単語

ホオ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

(頬)とは、ほっぺ、顔を意味する字である。ふにふにしたい。また以下のことを意味する。

  • 頰(ほお・ほほ) - 顔の両面にある柔らかい部分。染めたり、膨らませたりする。以下で解説する。
  • 頰(つら) - 顔、表面。現在は「面」と書くのが普通

概要

頰は食べるときに口からものがこぼれ落ちないようにする役割がある。また、を吸うときに必要となる。

人間の頰は頰筋が発達しており、さまざまな表情を作ることができる。笑むと頰に現れるえくぼなんてすばらしい。また、頰は充血しやすく、感情によってく染まりやすい。恥ずかしいときに頰がらむのは、えもいわれぬ可さがあるだろう。
頰の内側は間違えて嚙んでしまうことがある。とても痛い。

サルリスなどは頰に食物を一時的にためておく「ほおぶくろ(頰袋・頰嚢)」 を持っている。

頰に関する表現

  • 頰が落ちる - 非常に美味しいことにいう。ほっぺたが落ちそう。
  • 頰が緩む - 思わず笑む。
  • 頰を染める - 赤面する。
  • ほほえむ・ほおえむ - 「頰笑む」と表記するが、頰との関係ははっきりしない。

頰に関する動作

  • 頰を膨らます - 不満げな表情。ふくれっ面。
  • 頰ずり - 頰をすりつける情表現。
  • る - 口いっぱいに食べ物を含んで食べる。
  • 頰をつねる - 現実か確かめる動作。痛いと現実

頰を名に含む生物

漢字として

Unicode
U+9830
JIS X 0213
1-93-90
戸籍統一番号
492660
部首
頁部
画数
16画
読み(常用)
-
訓読み(常用)
ほお
Unicode
U+982C
JIS X 0213
1-43-43
戸籍統一番号
492450
部首
頁部
画数
15画
意味
ほお、顔という意味がある。
説文解字・巻九〕に「面の(かたわら)なり」とある。
字形
会意兼形符は夾。は頭の意で、夾ははさむ意。すなわち顔を両側から挟むように位置するほお。
音訓
読みキョウ(ケフ)、訓読みは、ほお、ほほ、つら、など。
規格・区分
頰は常用漢字である。JIS X 0213第三準。当用漢字1981年常用漢字にはなく、2010年定で新しく常用漢字に追加された。
頬は常用漢字表で「情報機器に搭載されている印刷文字字体の関係で,(中略)使用することは差し支えない。」などとされている字体である。JIS X 0213第一準。
、頰筋、頰、頰桁、頰、頰

異体字

  • 脥は〔玉篇〕に「俗頰字」、〔集韻〕に「頰、――(ある)ひは脥と作(な)す」ある異体字。の下という意味もある。胠の異体字である。
  • 𩠣は、〔広韻〕に「籀文」、〔説文(段注本)〕に「籀文の頰」とある異体字。
  • 𩔯は、〔説文(大徐本)〕に「籀文の頰」、〔正字通〕に「籀文、𩔯と作す」とある異体字。
  • 𩠗は〔字彙補〕に「頰と同じ」とある字。
  • 簡体字では颊。
Unicode
U+8125
部首
画数
11画
𩠣
Unicode
U+29823
部首
首部
画数
17
𩔯
Unicode
U+2952F
部首
頁部
画数
19画
𩠗
Unicode
U+29817
部首
首部
画数
14画
Unicode
U+988A
部首
頁部
画数
12画

常用漢字の字体

常用漢字表には、以下の記述がある。([ ]内は付け足した)

情報機器に搭載されている印刷文字字体の関係で,本表の通用字体とは異なる字体(通用字体の「頰・賭[点付き]・剝」に対する「頬・賭[点し]・剥」など)を使用することは差し支えない。

また、「頰」と「頬」の差は「印刷文字手書き文字におけるそれぞれの習慣の相違に基づく表現の差」としており、「筆写の楷書字形と印刷文字字形の違いが,字体の違いに及ぶもの」として挙げている。以下の記述がある。

括弧内は印刷文字である明朝体の字形に倣って書いたものであるが,筆写の楷書ではどちらの字形で書いても差し支えない。なお,括弧内の字形の方が,筆写字形としても一般的な場合がある。

頰 - 頬(頰)

つまり、手書きでは「峡・挟・狭(旧字:峽・挾・)」などと同じ形の「頬」が一般的だが「頰」でもよいということ。

JIS規格について

頬・頰は、JIS規格で例示字体の入れ替えや包摂基準の変更が行われていて、ややこしい。

  • JIS C 6226-1978で、区点43-43に頰が採用される。例示字体は夾に従うもの。
  • JIS X 0208-1983で、区点43-43の例示字体が頬(夹に従うもの)に変更される。頰は頬に包摂されることになった。なお峡・峽や挟・挾などは包摂関係になっていない。
  • JIS X 0213で、面区点1-43-43に頬が、面区点1-93-90に頰が登録され、頬・頰は包摂されないことになった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/19(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/19(月) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP