今注目のニュース
『笑点』、視聴者離れが止まらない? 原因は「バラエティ化」とあの出演者か
9月26日「大腸を考える日」を制定/森永乳業
アリエル・アトム4 試乗 目的地はシンクロトロン 英国最高の頭脳が集まる場所 中編

Couleur=Blanche単語

クーラーブランシュ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Couleur=Blancheとは、jubeat clanに収録された楽曲である。

概要

アーティスト #FFFFFF
BPM 90-185
譜面難易度 BASIC ADVANCED EXTREME
5 10.3 10.6

難易度クリア】またまたびっくりとんでもホワイト
【全難易度フルコンボ】全てがに染まる……

2018年3月22日NOBOLOTに追加されたコース「時を刻むレコード」(後述)でお披露された楽曲。

コースの出現から一週間後の3月29日にはPACKAGE 05で購入可な楽曲を全て購入すると出現する「clan RECORDS PACKAGE "F"」にて楽曲を購入出来た。 現行作のfestoではemo mart経由で楽曲を解禁できる。

曲名の読みは「クーラー・ブランシュ」。フランス語で「白色」を意味する。
白色が強調されているジャケットや「」を表すソースコードが由来のアーティスト名義「#FFFFFF」、REFLEC BEAT groovin'!!に収録された名義の楽曲「Genesis At Oasis」を彷彿とさせる「い」楽曲から、曲名以外も楽曲にまつわる様々な点が「」で染め上げられている一曲。 この他に「時間」も楽曲のモチーフとして取り入れている模様。 本曲は至る所で時計の音が使われている他、楽曲の中盤ではPACKAGE 05とKACのエキシビションマッチの楽曲達が時を遡るようにフィードバックする演出が登場する。

アーティストの「#FFFFFF」は楽曲登場当初では正体が不明。前述の楽曲の曲調から「Ryu☆が関わっている可性がある」と言われていた。 だが、後にEDP presents ULTRA SUPER Fes'18にて本曲の演奏が披露された際に、アーティストの「#FFFFFF」の正体はRyu☆に加えて、久々作曲活動となるアミューズメント部門部長ことDJ YOSHITAKAによる合作ユニットということが判明した。 なお、過去Ryu☆氏が手掛けていた「Eclipse Zero」はDJ YOSHITAKA氏との疑似合作テーマらしく、氏の楽曲を意識したフレーズが盛り込まれていたが、本曲で本当に両名の合作が実現した事になる。

PACKAGE "F"にて本曲を解禁すると、同時にjubeat clanのEDが流れることから、本曲はclanにおけるラスボスとして位置づけられている。 にしても「」がイメージカラーclanの最終ボス逆の「」とはいかに・・・

本曲の[EXT]譜面ラスボスに相応しく、要される体・地共に非常に高い。特に過去フレーズ引用地帯や後半のブレイク以降は更にしくなるためラス殺し気味とのも。 また[ADV]譜面レベルjubeatで5番の登場となるレベル10。譜面自体は[EXT]の下位互換だが10レベルに相応しく非常に難しく設定されているので、下位譜面だからって油断してはいけない。

ちなみに、本曲が開された頃のjubeatは某連動イベントを経由して登場した「prayer」の[EXT]譜面が本曲並かそれ以上にどうしようもなく難しいと評判になっていた。 このためか、同曲に話題をかっさわれる形になり、ラスボス曲にも関わらずリアルタイムでは本曲の個別記事が制作されなかったという。カワイソス・・・

時を刻むレコード

本曲の存在が判明したのは2018年3月22日BEMANI生放送(仮)放送直前に突如投稿された一件ののツィートから。

このツィートに掲載されている動画の内容は「ノートPCの画面内にPACKAGE 05の楽曲が表示された後に背景の数字の羅列が表示。その後にジャケットと思わしき背景と共にの楽曲が流れ、3.29の数字でシメ」という意味深な物。 また、同ツィートは【"時"を刻むレコード】というタイトルが付けられていて、文章の内容もNOBOLOT内のコースと何らかの関連していることが示唆されている物であった。

例のツィートの後にBE生で行われた「時を刻むレコード」の告知とほぼ同時にコースNOBOLOT内に出現。 コースの3曲に到達すると本曲のADV譜面を楽曲解禁移行より先行してプレーする事が出来た。

「時を刻むレコード」を経由して本曲をプレーするのはたやすい物ではい。
このコースにおける1,2番課題曲PACKAGE 05の3曲とthe 7th KACのエキシビションで登場したパピポペピプペパの[EXT]という上級譜面。 これに加えて時間経過で変動する条件を満たす必要があるのだが、楽曲が登場した当初の条件は「HARD MODEかつ全曲エクセレン」という、かのMegalara Garuda以上にランカーいじめ厳すぎる条件であった。 その後は時間経過と共に条件が緩和されていったのだが、それでも最低は「非常に難しい譜面を3曲連続でSSS~Aを取得してクリア」を狙う必要があり、依然「時を刻むレコード」を経由して楽曲をプレーすることは難しいままであった。

「時を刻むレコード」の出現から1週間後は同コースが消滅しclan RECORDS PACKAGE "F"での楽曲解禁に移行。こちらではOMIYAGE入手に運が絡むものの、クレこそ積めば確実に解禁できるため、ここでようやく楽曲をプレーできた初~中級プレイヤーも多いだろう。

関連動画

関連商品

本曲が収録されたサントラが発売されたら貼り付けて下さい。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP