Emo 単語

578件

エモ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  1. ロックの形態の一種。エモーショナル・ハードコア(エモコア)、とも呼ばれることもある
  2. 「pop'n music」のジャンル名の1つ、ジャンル名の由来は1から →Sorrows

1についての概要

80年代に勃したハードコアパンク。その中からメロディアスでやたらと感傷的な歌詞を歌うバンドが現れ始めた。これが「エモーショナル・ハードコア」、「エモコア」などと呼ばれる音楽ジャンルで、エンブレイス、ライツオブスプリングといったバンドがこれにあたる。

そしてその延長線上として90年代ころからEmo(英語読みでは当然イーモウである)というジャンル確立されたのだ。このころになるとかつてハードコアパンクから生したにもかかわらず、革新性や反商業義といった要素が薄れ、ナルシズムやナードチックなたたずまいといった別の音楽性に変わっていた。もともとむき出しの感情を歌にすることを表してきたジャンル名のEmotionalという単も、その女々しさを表現したものととらえられるようになってきた。

このようなジャンルなので、英圏ではどことなく幼い若者の聴く、子供向けの音楽批判されることも多い。しかし、Emoはもはやパンクやゴスに近しい、ファッションといった音楽ジャンルにとどまらない文化ムーブメントをすものに変化していったのである。

さらにEmoの内部でも歴史は繰り返す。Emoが確立し始めた90年代ヴォーカル絶叫が特徴的なサブジャンルスクリーモが誕生したのである。この結果Emoの中からメタルに接近するものが登場し、エモメタルと呼ばれるサブジャンルも誕生したのであった。

またEmoは日本にも上陸し、90年代から自らをエモと名乗るバンドも登場した。日本語圏でも本来エモは音楽ジャンルジャーゴンにすぎなかったのだが、00年代末期から10年代にかけて意味を変転しつつ、エモいという概念を生み出したともいわれている。

1についての関連商品

Emoを、単独で取り扱った、日本語で読める、ディスクガイドは00年代中ごろに発売された以下のもののみである。加えてシンコーミュージックディスクガイシリーズはいったん仕切り直しが行われ、Emoに関してはその仕切り直しの後には再販されず、絶版したままである。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 10:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 10:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP