eneloop単語

エネループ

  • 25
  • 0
掲示板をみる(87)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(25)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エネループ

eneloopとは、パナソニック(旧:三洋電機)が販売している二次電池(充電池)である。製造は富士通下のFDKトワイセル(旧:東芝電池→三洋エナジー高崎三洋エナジーワイセル)が手掛けている。
2007年度グッドデザイン賞にノミネートされ、Wiiとの決選投票の末大賞を獲得した。[1]

概要

要はニッケル水素電池。乾電池使い捨てる気ですかと宣伝しているが、分類としては普通充電池である。

といっても良点もあり、メモリー効果を低くし自然放電を抑えたという特徴がある。

メモリー効果
あまり使ってないうちに充電し、また使ってないうちに充電を繰り返すと「なんで私のこと使ってくれないの?あんたなんか知らないんだから!!」と拗ねてしまう。するとすぐに『バッテリー切れ』と言う名の反逆を起し「私は友達充電器と遊ぶわ、もうあなたのために動きたくないの。セットしなさい!」と長時間使わせてくれない。そのため、ニッケル水素電池は使い切ってから充電するのがセオリーである。ちなみに携帯電話などに使われているリチウムイオン電池にはメモリー効果はない。
自然放電
充電したまま放っておくと中で頑てる子人の帰りをずっと今か今かと待っているため疲れてしまっている状態。ただ待っているだけでなく、晩ご飯もつくって待っているような状態のため、スタミナの消費はしい。

このようにニッケル水素電池は性格が吹っ飛んでいる。「だがそれがいい」というのもアリだが、万人向けではない。それをしたのがeneloopである。自分と遊ぶ時間と友達(充電器)と遊ぶ時間のオンオフ切り替えがはっきりしており、待っている間は体を消耗しないようにじっとしている。いい子。
(けど非公式品で急速充電をしたりするとグレてしまうこともある)

種類

現在発売されているeneloopは4種類存在する。

eneloop

元祖eneloop。容量は単1形が5700mAh(min)、単2形が3000mAh(min)、
単3形が1900mAh(min)、単4形が750mAh(min)。
なお、単1形は単3形を3つ並列(1900×3=5700mAh)、単2形は単4形を4つ並列(750×4=3000mAh)させたものなので、ラジコンなど大電流が必要とする器具では内部抵抗により使用できない場合がある。
発売当初は繰り返し使用回数が1000回だったが、2009年の第2世モデルでは1500回に増え、
2011年11月に発売した第3世代モデルは繰り返し使用回数が1800回に増え、
自然放電の抑制性も向上している。(5年後でも約70%パワー残存率)
2013年4月に発売第4世代でモデルは繰り返し使用回数が2100まで増えている
※単1形と単2形は従来の1000回までとなっている。

eneloop lite

eneloopの廉価版。外装が水色リモコン時計などの低消費電の器具に適している。
容量は単3形で950mAh(min)、単4形で550mAh(min)とeneloopよりも少ないが、
繰り返し使用回数は第一世代では2000回、第二世代では5000回とeneloopシリーズで一番多い。
パワー残存率は満充電後、室温下での3年後(第二世代は5年後)で初期容量の75%(第二世代は70)。

eneloop pro

ヘビユーザー向け。外装が黒色。容量がeneloopよりも大きい。
第1世代の単3形が2400mAh、第2世代の単3形が2450mAh、単4形が900mAh
しかし繰り返し使用回数は500回と他のeneloopよりも少ない。
直径がやや大きい為、純正品の単3→単1サイズ対応スペーサー(NCS-TG1)で使用出来ない欠点がある。
単1のeneloopを買えという事なのか設計ミスなのか…。
パワー残存率は満充電後、室温下での1年後で初期容量の85%(第2世代)。
発売当初は単3形のみ販売だったが、2012年10月25日より単4形がされている。
なお、初代エネループプロと二代エネループプロを混合しても問題はないと思われる。

eneloop plus

安全性を考慮したeneloop。
PTCサーミスタを内蔵しており、間違った使い方による過熱事故を防ぐことができる。それ以外はeneloopと同じ。 
現在は生産終了している。

EVOLTAとの競合について

すでにパナソニックではEVOLTA(エボルタ)ブランドでの充電池を販売していたが、三洋電機買収後もeneloopは併売されている。
両社の棲み分けについては、EVOLTAが同じクラスでも大容量を重視しているのに対して、eneloopは繰り返し使用できる回数を重視している。

関連動画

こうやって何度も繰り返し使っても、へこたれない丈夫な電池。従来の三倍以上である、1800回の充電に耐えられる。

関連商品

何見てるのよ!く買いなさいよ!

eneloop


eneloop lite


eneloop pro


eneloop plus


限定カラーモデル


充電器


簡易バッテリーチェッカー eneloopy


電池スペーサー、電池ケース


eneloop universe

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *Wii発売後の2008年SANYOから「Wiiリモコン専用接点充電セット」が発売された。任天堂ライセンス商品。先に、他社が同様の製品を発売したが、任天堂非公式商品であった。
この記事を編集する

掲示板

  • 85ななしのよっしん

    2020/06/22(月) 10:57:08 ID: JWdyJdI6Fq

    第4世代発表から7年経つけどまだ新世代出ないのか…
    もう技術の限界達してんのかな?

  • 86ななしのよっしん

    2020/06/22(月) 11:03:17 ID: JWdyJdI6Fq

    中国が単三USB充電リチウムイオンバッテリー売ってたけど1本1000円くらいしてクソ高い。
    新技術でこれだけ高くしても売れるって山洋含めたパナソニックバイぞ。
    まあ安全かどうかは分からないけど。

  • 87ななしのよっしん

    2021/01/01(金) 23:53:39 ID: RkdWgeFC6S

    >>84
    事情通ぶってる割に今でもテスラの電池を作ってるの知らないんだなあ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/24(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/24(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP