今注目のニュース
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ
ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意

GO VACATION単語

ゴーバケーション

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

GO VACATIONとは、リゾートである。

Wii専用ソフトとして2011年10月20日に発売されたのち、Switch版が2018年7月27日海外で発売。その後2018年12月27日日本でも発売されている。

概要

前作にあたる「ファミリースキーシリーズで培ったリゾート体験ゲームの内容を大幅にパワーアップさせ、4種類のリゾート体験を実現。ジャンルもそのものずばりリゾートツアー体験となっている。

なお、Wii版にべてSwitch版はどうぶつ写真を撮る要素、フィッシング要素が追加されている。またちょっとだけだがスキューバダイビングで発見できるの数が増えている。が、ウィンサーフィンなどのWiiモーションプラスを利用していたゲームSwitch版から削除されているので注意。

ゲームの流れ

キャラメイク

Miiを使うことができるほか、本作独自のアバターを使って遊ぶことも可。顔のつくりは当然Miiとは違う感じになるが、プレイヤーの中には「おんなのこ」の一人目に既視感を感じたひともいるかもしれない。

きせかえ

ゲーム中ではリゾートごとの組み合わせでのきせかえや乗り物デザインの変更もできる。ゲーム中で宝箱をあらかじめ見つけていれば、どのプレイヤーでも増えたバリエーションの着せ替えが可になる。リゾートごとに7つあるので、興味がある人は探してみよう。

スタンプラリー

マリンリゾート」をスタート地点として様々な「アクティティ」をこなし、そこで貰えるスタンプを集め行けるリゾートや時間帯を増やしていく。 全部のスタンプを集めるくらいであれば3時間くらいかければ終わる。

様々な「乗り物」

徒歩だと意外と周るのに時間がかかるリゾートでは、いろいろな乗り物が移動のサポートをしてくれる。 自分で動かすものからファストトラベルで使うもの、アクティティ限定で使えるものなどその数20種類以上。お気に入りを見つけるべし。

ライドトリック

いくつかの乗り物キー操作などによって中でいつでもトリックを繰り出すことができ、アクティティの中にはこのトリックの点数を競う種がいくつかある。 なお、このような乗り物は「インラインスケート」や「スキー」なども含み、着脱も自在である。

わりとボリューミーなアクティビティ

スタンプラリーで初歩の初歩の部分を遊ばせてくれるアクティティだが、クリアには一筋縄ではいかないレベルで時間を要するものも多い。 例えば最初に遊ぶアクティティマリンバイクライド」は種が「レース」「周回レース」「フープチャレンジ」と3つ用意されていて、どれも3ステージ以上。 同じマリンリゾートで遊べる「スキューバダイビング」は行ける場所が4つもある自由移動の海洋生物探しに加え、課題制のステージがなんと12ステージ普通にやってたら3時間やっても終わらない大ボリュームな生物探しゲームの様相を呈している。一気にやったら飽きる&疲れるだけなので気分に応じていろいろやろう。

プレイヤーレベル

ゲーム中に何か標(チャレンジ)を達成すると貰えるプレイヤーポイントレベルを上げることができ、そのたびに「シルバーキー」が手に入る。後述する別荘地で外装や具のバリエーションを増やすことができるので、やる気のある人は集めよう。

またSwitch版限定要素となるが、スタンプラリーコンプリートで「日替わりオリエンテーリング」が追加。毎日提示されるチャレンジをまめにクリアすることで楽にプレイヤーレベルを上げられる。

とにかく『遊ぼう』

長々と説明したが、ここはリゾート地。お好みの場所でお好みの乗り物にのってトリック決めまくる、走りまくるをやっても別に構わない。なんならトラムに延々乗っててもいいし、乗り物にのらないでぶらぶら歩きまわってもよい。チャレンジ達成の義務感に駆られたリゾート体験なぞリゾート体験にあらず!気分転換に最適な場所はいくらでもあるので、疲れたら『遊ぼう』。

リゾート紹介

マリンリゾート

い砂、ここは文字通りの南リゾートマリンバイクをさっそうと駆り、バギージャングルをひた走れる。離れではサーフィンも可

シティリゾート

建物が建つ、そこにり巡らされたレーンをインラインスケートスケートボードグラインドできる。アクティティには「パイ投げ」とか「グラスハープ」などのかわりものも…

スノーリゾート

標高がとんでもなく高い山をスキースノーボードで滑走できるほか、あのスノーモービルに乗れちゃう。お遊びでスノーチューブに乗ってみるのも…アリ

マウンテンリゾート

のどか高原で走ることができるほか、オフロードカーで疾走することも可ゲーム的なおすすめはカヤックで、何事にも縛られずひたすら下りが可。並大抵のゲームではなかなか味わえない体験ができる。

別荘地

自分だけの別荘を建てることができる。部屋割り・具と自由自在でやりこめばやりこむほど種類も増える。またオンラインに繋ぐと他の人が建てた別荘が現れる。センスを見習ってみるのもアリ

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP