今注目のニュース
【朗報】ニコン、"ニコンようかん"の販売終了を否定 担当者「ネット販売が終了。今後はニコンミュージアムのみの販売」
「彼方のアストラ」CGディレクター・加藤大輔インタビュー「謎の球体に“吸い込まれる怖さ”の表現には悩みました」
医療記事で「誤解与えた」 育児サイト「ベビカム」謝罪...医師からも苦言

SonicStage単語

ソニックステージ

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

SonicStageとは、ウォークマン用の楽曲管理ソフトである。

概要

元々はOpenMG Jukebox[オープンエムジー ジュークボックス]という名前で1999年リリースされたもので、それの上位版という位置づけでVAIOにプリインストールされたのが始まりである。かつてはVAIOにプリインストールされていた他、ウォークマンを購入するとインストールCDが付いてくる。

現在対応しているな形式はATRAC3MP3AAC・RIFF・WMA。特にATRAC形式をパソコンで再生するにはとりあえずこのソフトいと理なのであるが、基本としてATRACを好んで使う人のパソコンには大体入っているである。

SonicStageの最終バージョンは「SonicStage V(ソニックステージファイブ)」。但し、非対応デバイスMD等)では旧バージョンの「SonicStage CP(ソニックステージシーピー)」となる他、VとCPは共存可である(別ソフト扱いである為)。
また、LISMO向けに「SonicStage for LISMO」もある。

iTunesと違い、CPまでは動画は管理出来ない。
動画転送するにはウォークマン同梱の専用ソフトである「Media Manager for WALKMAN」か別売りの「Image Converter 3.1」が必要だったが、動画静止画の管理も可な複合ソフト「x-アプリ」が発表された。

ネットに接続していれば直接moraやPLAYLOGアクセスする事が出来る。

また、このソフト現在海外では利用されない為内専用ソフトである。

各バージョン

OpenMG Jukebox

1999年から2001年リリースされた前身となるソフト。最終バージョンの2.2はSonicStageと共存可

1.X系

2001年から2003年リリースされたバージョンで、ウォークマンソフトが付属したのはver.1.5が最初。
最終バージョンは1.6(VAIOプリインストール版のみ)。

2.X系

2004年リリースハードディスクタイプの対応コーデック騒動のせいで評価は低い。
最終バージョンは2.3(機器への転送回数制限の撤)。

3.X系

2005年から2006年リリース。対応コーデックの追加など今の基礎となる大幅な善がようやく敢行された。
CONNECT Playerの完成度の低さ(後述)から開発が続行され、ver.3.4で一部機に対応。
現在Hi-MDウォークマンMZ-RH1」にはver.3.4のCDが付属している(但し、Windows7非対応)。

4.X(CP)系

2006年から2008年リリース。CONNECT Playerの機全に取り込んだ為CPと付く。
4.3以降Windowsは9X系非対応・Vista対応となる。V非対応デバイス用に現在ダウンロード

x-アプリが登場した現在公式サイトからver.4.4がダウンロードなのはSonicStage VがMD非対応である為。但し、CP自体はWindows7Windows8には対応していないので注意が必要である。
なお、SonicStage CPは2013年3月29日ダウンロードサービスが終了となる

5.X(V)系

2008年10月リリースUIを一新し、Windows2000非対応となった。最終バージョンは5.2で、これはウォークマンWシリーズリリース及びVista SP2への対応によるもの。
LISMOビデオクリップ対応だが、SonicStage for LISMOと対応機種が別途必要。
PSPMD転送出来ない
ので転送したい場合はCPが必要となる(PSPへの転送は「Media Manager for PSP」(配布終了)もしくは「Media Go」でも可)。
なお、Windows7 RC版においても動く模様(ソース週刊アスキー)だが、V自体は7には対応していない。

後継となる「x-アプリ」をインストールすると「SonicStage V」はアンインストールされるが、Vのコンテンツはそのまま引き継がれる。また、「x-アプリ」が開された為新規ダウンロード不可能となっている(但し、2009年10月時点で発売されている製品に同梱のCDにはVが収録されている)。

派生ソフト

SonicStage for LISMO

au向けに開発されたバージョンau Music Portの代替ソフト)。CPやVとの共存が可で、バージョン3.0よりVと同じデータベースを使用する形へ変更されている。
現在は「x-アプリ for LISMO」となっている(ただし、Windows 7非対応対応しています)。

CONNECT Player(コネクトプレーヤー)

2005年リリースされたソフトウォークマンAシリーズに同梱されていた。SonicStageを置き換えるソフトとされていたが、これでもか!というくらいの設計上の欠陥を有していた為、完成が待たれてた。

が、発売元のソニーユーザーに対し「本体のリセット」や「SonicStageの利用」を推奨。バージョン3.4で一部機をSonicStageに取り込むと、2006年5月25日にCONNECT Playerの機全に取り込んだSonicStage CP(バージョン4.0)をリリースし、こちらに吸収統合される形となった。

結局このソフト未完のままアップデート2007年11月30日に終了した。一体CONNECT Playerとは何だったのか・・・

もし現在も同ソフトを利用しているユーザーさんがいましたら、めにx-アプリに移行する事をおすすめします。

後継ソフト

x-アプリ(エックスアプリ)

体験・統合アプリケーションソフトの総称で、取り込んだコンテンツの加工などを行う事が出来るソフトWindows用のアプリからソニーレコーダー「スゴ録」等多くの製品に採用されている。

2009年9月に発表されたウォークマン向けの「x-アプリ」では楽曲管理・転送はこれまでの「SonicStage V」と同等で、そこにこれまで別ソフトMedia Manager」などを使用していた動画静止画ポッドキャストが追加されたソフトとなっており、これらは「SonicStage V」にはい。
「x-アプリ」に有る機はその他に歌詞データ(※但し、データダウンロードは有料)がある。

なお、ダウンロードサポートページは新ウォークマンが発売された2009年10月開された(現在バージョンは6.0.01。なお、内部バージョンはSonicStageからの続きとなっており10.0.01となっている)。
また、2.0よりSONY Hi-MD ウォークマン MZ-RH1に対応した事からMDユーザーのSonicStage CPからの乗り換えも可となった(ただし、インストール時にMZ-RH1を使用するかどうかの確認画面が出る)。

また、これまでのVAIOでは基本的にはSonicStageがプリインストールされていたのだが、Windows7以降のOS搭載のVAIOではSonicStage Vやx-アプリはプリインストールされていない為、VAIOユーザーであろうと自インストールする必要がある(但し、デスクトップにはPSP/PSP go/Xperiaで使えるMedia Goインストール案内があり、2011年のA・Sシリーズ以降はMedia Goも正式に使用出来る)。
2013年ウォークマンからは対応ソフト案内がx-アプリからMedia Goバージョン2.5)へ変更となった為、Open MG→SonicStage→x-アプリと続いてきたSonicStage系統の管理ソフトが対応ソフトとして大きく扱われるシーンは終了する事となった。なお、2014年ハイレゾ対応バージョンの6がリリースされている。
なお、Media Goとx-アプリPC上では併用可だがウォークマンの保存先が異なる。

バックアップ

専用バックアップツールを起動する事でバックアップ出来る。

但し、バックアップ時のバージョンより低いバージョンではデータ読み込みは出来ない(例:4.3でバックアップ→4.2以下ではバックアップデータ読み込み不可)。

関連動画

関連サイト

WALKMAN×x-アプリ/SonicStage V/SonicStage CPexit

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP