今注目のニュース
プレゼント蹴飛ばしファンに「ブス」、モデル大炎上
ZOZO前澤社長の「月旅行キャンセル報道」、問題視された記事タイトル変わる 本人が東スポに訂正依頼
日本初『いじめ保険』の販売を開始 弁護士を気軽に利用し『愛する我が子をいじめから守る!』

スマートフォン単語

スマートフォン

掲示板をみる(369)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スマートフォンとは、「賢い電話」という意味を原義とした携帯情報端末PDA)と携帯電話の機融合した電子機械のことである。略語は「スマフォ」または「スマホ」。

概要

携帯電話電話機としての使い勝手をめる利用者よりは、インターネットアクセスメールWeb等)やファイル閲覧、音楽動画再生などの多機さ・自由度をめる利用者に特に適した端末である。スマートフォンの「スマート」とは、「賢い」という意味で用いられている。

ハードウェア的に電話機が要となっている従来の携帯電話に対し、スマートフォンPDA(≒小コンピューター)にワイレス通信・通話機を加えたものが要となって発展したものが流である。
現在市場に出ているスマートフォンの多くが幅広ストレート端末の形をしているのは、元をたどればPDA時代の名残といっても過言ではない。

従来の携帯電話の利用者からは、通話機メールだけでなく、ワードなどのオフィスソフトの閲覧や編集、パソコン向けサイトの閲覧、スケジュール管理を得意とする携帯端末、と見られることが多い。それゆえ現在マスメディアにはスマートフォンを「多機携帯電話」と説明するものもある。ただし、元々多機であることはスマートフォンの直接の基準ではない(むしろ日本携帯電話の方がスマートフォンより多機であることもある)ので注意が必要である。

明期のスマートフォンの多くが、小キーボードを組み込んだものが多かったが、iPhoneの登場でタッチネルソフトウェアキーボードを組み込んだ形状へと変化している。この形状の変化が、スマートフォンの普及を加速させることとなった。

また、バッテリー持続時間の短さ、サイズの大きさ(日本携帯電話市場で一般的であった幅50mm程度の細い端末は少ない)などのデメリットも未だ視できない要素である。小さやバッテリー持続時間などを重視する利用者にとっては、従来携帯電話PHSフィーチャーフォンガラケー)を使い続けたほうが良い場合があり、逆に画面の見やすさや操作性を重視した場合、スマートフォンよりもタブレットPCiPad,Nexusなど)を用いた方が良いこともあるため、自分にあった端末をよく考えて選ぶか、知識の豊富な店員などに相談した上で選択する方がよい。

日本のケータイはスマートフォンじゃないの?

日本携帯電話は、世界的に見て「広義のスマートフォン」に分類されるとする人もいる。

など、海外ではスマートフォンでなければ使用できなかった機が、日本国内では1990年代末~2000年代前半に携帯電話に搭載されて広く普及しており、機能面ではスマートフォンとみなして差し支えないというのがな理由である。また、OS的に見ても、3G以降の日本携帯電話の多くはSymbianやLinuxスマートフォンと変わらないOSを搭載している。

ただし、

等の理由から、スマートフォン市場調等では、狭義のスマートフォンの範囲(大元はPDAの範囲)からは外されることが多い。

日本の高性携帯電話は、通称としてフィーチャーフォン、俗には日本独自の進化を遂げた携帯電話としてガラパゴスケータイガラケーと呼ばれるのが一般的である。

主なスマートフォン用OS

スマートフォンは多くの場合、同一のOSであれば同一のアプリが利用できる。

以下の表では、スマートフォンOSと、それに対応する日本国内におけるな機種を挙げる。

OSの名称 提供 内機種
Android Open Handset Alliance
Google導の団体)
XPERIAISシリーズIS02、IS12T除く)など多数
BlackBerry OSBlackBerry Research In Motion (RIM) BlackBerry Boldなど
iOSiPhone OS Apple iPhone
SymbianOS Symbian
現在NOKIAが買収)
702NK/NK II705NK、X02NK、N82M1000(UIQ)など多数
Windows Mobile(6まで) Microsoft W-ZERO3シリーズ、X01HT、IS02など多数
Windows Phone(7・8) Microsoft IS12T
Windows 10 Mobile Microsoft MADOSMA Q601

現在世界シェアトップAndroidOSである。
以下、SymbianOSiOSBlackBerry、WM・WP7の順にシェアが大きい。

当初は、圧倒的なシェアを誇ったSymbianOSを他が抜き去るのは2014年頃と予測されていたが、AndroidOSiOSが共に驚異的な伸びを示しており、まもなくiOSSymbianOS抜くと見られている。

また、NOKIASymbianOS止して、機種のOSWPシリーズに全て置き換えることを発表しているため、SymbianOSは近いうちに消滅し、WPシェア伸びることが予想されている。

さらにBlackBerry2016年9月に自社端末製造及びスマートフォン向けOSから撤退してAndroidに切り替えており、その後の携帯電話向けOSAndroidiOSWPのみが新規で提供されていたが、2017年10月WPは開発終了を宣言[1]した。

スマートフォンとWeb

スマートフォン用のWebブラウザは基本的にPC用のサイトを表示するためのものとなっている。携帯電話サイトを見ようとする場合、PCから見られるサイトスマートフォンでも見られるが、ブラウザUser-Agentによる自動振り分け、携帯電話の端末固有番号を利用した認など、携帯電話限定のアクセスを前提としたサイトは見られない場合がある。そのほか、

などの理由から、スマートフォンではPCと全く同じように快適にWebが見られるとは限らない。

このため、スマートフォンユーザー層拡大とともに、スマートフォンで見やすいサイトの需要も増加しつつある。上記の問題については、

などがな解決策となり、スマートフォン専用に作られたサイトも一部では作られている。

しかしながら日本の場合スマートフォン専用サイトであっても3Gや4G LTE通信といった高速回線を前提としたサイト作りがされていることが多く、諸外べてデータの軽量化が成されていないという摘もある。携帯スマートフォン向けサイトトップページデータ量は欧では100KB程度が均値であるのに対し、日本の場合は1MB前後が均値であり、欧べると実に10倍も重い日本スマートフォンサイトは見たやかさや便利さでユーザーを惹きつけようとしているサイトが多く、画像データの多用やweb広告などを仕込んでいることなどが軽量化を阻んでいるな要因と考えられる。

また、データ量の多さは4G LTEの通信速度制限(かつては7GBプランだったが、現在は定額プランである2~30GBに切り替わっている)にもく。携帯電話各社は1ページあたり容量の安を150KBとして1ヵに見られるwebサイトページ数を換算しているが、実際には前述のとおり(均約1MB)であり、実に7倍近くもの乖離がある。携帯電話会社安を信じてネットサーフィンを続けていると、1週間も経たないうちに通信速度制限に引っかかり、以後末まで128kbpsでしか通信出来なくなってしまう恐れがあるので、アプリツール活用して自分がどれだけ通信したのかを確認するクセを付けておくことが望ましい。Wi-Fiなら通信速度制限気にする必要ないので使える場所ならどんどん利用した方がいいと思われる。(モバイルWi-Fiは種類によっては4G LTEから電波を介しているのでもちろん制限あるので注意)

大まかな歴史

1990年代~2000年代初頭

コンピューターの汎用性と携帯電話PHSの通信・通話機融合させる試みは1990年代から行われていた。内では東芝の「GENIO」(1997年)や京セラの「DataScope」(1997年)、海外ではノキアの「Nokia 9000 Communicator」(1996年)やリサーチ・イン・モーション(RIM)の「Blackberry」(1999年)などが発売された。

その後、海外では2001~2002年頃から、Symbian、Palm、Windows CE/Pocket PC(現Windows Mobile/Windows Phone)、Blackberry等のOSを使った、「通話機を持ったPDA」が続々と発売された。これらは通常の携帯電話(通話とSMS程度)よりも多機携帯電話Smartphone」と呼ばれ、コンピューターリテラシーの高い層を中心にユーザーを増やしていった。

2000年代中頃

一方、日本では、海外のようなスマートフォンの普及は同時期には進まなかった。

という逆の中、ノキアVodafone 702NK」(2004年ボーダフォンより発売)、モトローラFOMA M1000」(2005年NTTドコモより発売)が日本に上陸したのち、シャープW-ZERO3」(2005年ウィルコムより発売)の登場で、ようやく日本でもコンピューターリテラシーの高い層や法人ユーザーPDAを使用したシステムの置き換え)を中心にスマートフォンが普及し始めた。

その後にシャープ東芝HTC等の端末(Windows Mobile)が定期的に発売された。が、販売数合計としてはまだ年間数十万台程度であり(参考exit)、携帯電話市場全体でのシェアは低かった。

2000年代末~2010年代初頭

内で一般の携帯電話ユーザースマートフォンが認知されるようになったのは、アップルiPhone 3G」(2008年ソフトバンクモバイルより発売)の影が大きい。特に、2009年に行われた「iPhone for everybody キャンペーン」で端末価格が実質0円になったことで、スマートフォンの高い価格イメージは一変し、にでも気軽に手に入るものへと変わった。

ほぼ同時期に、内の従来携帯電話市場は(販売方式変更による)端末価格高騰と、キャリアサービス展開の停滞により低迷。iPhoneの独り勝ちという状況が1年ほど続いた。

また、iPhoneの成功を機に、

などが、新世代スマートフォンのトレンドとなりはじめた。

その一方で、GoogleスマートフォンOSAndroidの登場とともに、モトローラサムスンHTC等の大手端末メーカーが端末を続々と発売。Androidく間にiPhoneの対抗としての地位を固めた。メーカーも、端末の販売不振を打開するため2010年頃からAndroid端末を市場に投入。2011年現在ではiOSiPhone OS)・Androidの2大新OSが全世界的にシェアを拡大している。

新勢の台頭に対して、旧勢も新たな動きを見せた。マイクロソフトは、旧バージョンとの互換性を捨てた軽快な新世代OSWindows Phone 7」を開発し、2010年リスタート。その後Symbian OS端末の大手ノキアWP7への移行を決めたことで、業界には新たな衝撃が走った。また北ビジネスユーザーを中心にファンの高い支持を集めるRIM Blackberry営は、タッチネル端末やタブレットの発売等で巻き返しを狙ったが、急速に勢を拡大したAndroidiOSに押される形でシェアを維持できず、ブランドを委託する形で自社製造からは撤退し、OSAndroidに切り替えたことで、一つの時代が終焉している。

現在市場においては、従来携帯電話ガラケー)の販売数が減少し、代わりにスマートフォンの販売数が右肩上がりで増大している。

NTTドコモは従来端末のシリーズの1つであるスタイルシリーズ以外を2011年以降止し、iモードケータイ(従来携帯電話端末)の発売は年1回程度にすると発表した。またソフトバンクモバイルでは2011年5月に機を絞った携帯電話以外は全てスマートフォンに置き換える方針であることを発表している。

これらの状況から市場における「携帯電話」のどが「スマートフォン」に置き換わろうとしている。

2010年代中期以降

スマートフォンへの移行に伴い、携帯端末での通信量が増大し、また高速化が図られた反面、パケット定額料等で携帯、更には端末の高性化によりその代が大きく上昇する問題が発生した。これに対し総務省が介入し、2016年からは過度なMNP優遇策などに抑制がかけられるようになった。そのこともありMNP優遇に対してはだいぶ抑制された。

しかし本来の問題であったはずの長期契約者の優遇や基本料高騰化の抑制には相変わらず消極的なことから、ほとんど携帯は安くなっていないのが現状である。むしろ同時に総務省が一括・実質0円に近い端末販売を禁止するようにと是正命を出したことで、今までは通信費に上乗せされていた最新機種の端末購入時の一括や初期の支払い料が跳ね上がり、機種変更時の消費者側の負担は増しているとのも強い。

また前後し、格安SIMと廉価なSIMフリースマートフォンを組み合わせた「格安スマホ」も2010年代から普及するようになり、3大キャリア以外に格安SIM提供する仮想移動体通信事業者MVNO)の契約シェアも増加しつつある。

特にここ3~4年の「格安スマホ」の進化は著しく、日本では2014年に発売されたASUSZenfone 5を皮切りに「格安スマホ」の知名度が爆発的に伸び、現在ではASUSファーウェイモトローラー・ZTEといった中華台湾の「格安スマホ」が大きく勢を伸ばしている。またブランドでもAQUOS(SHARP)・ARROWS(富士通)・京セラの3社がSIMフリーの「格安スマホ」を販売している大手となっており、日本スマートフォンでは標準で実装されている防・防・おさいふケータイ対応を売りにして、一定の人気を得ている。

従来式携帯電話(ガラケー)の終焉と新しい折りたたみ式携帯電話(ガラホ)について

従来式携帯電話(ガラケー)についてはこの時期に入ると全に衰退。キャリアでは細々と機種が発売され続けていたものの、最後まで販売を続けていたNTTドコモでも2015-2016年モデルの発売時を最後に新の機種が発売されなくなり、2016年11月2日iモードケータイ製造の終了がアナウンスされたことで、3G向けの従来式携帯電話(ガラケー)の製造は日本では全に終了した。現在は従来携帯電話に替わる形で「ガラホ[2]と呼ばれる新しい折りたたみ式の携帯電話が販売されている。

ガラホ」は「ガラケー」からOSをAndoroidOSに置き換え、かつ4GWi-fi通信を可にした従来式携帯電話と同じ折りたたき式を採用した携帯電話で、日本では一定の需要がある従来式携帯電話が欲しい人向けに開発された物である。キャリアでの基本料スマホ向けよりも安く提供され、かつ「ガラケー」よりも機的に便利になった部分がある。しかしそれ以上にAndroidOSは従来式携帯電話での採用を想定したOSではないため、SymbianOSを採用していたガラケー時代にべると操作性や電池持ちが劣化しているとのが強い。特に初期の「ガラホ」は「ガラケー」ではほぼ対応していたおさいふケータイに非対応、かつ操作性も手探り感が顕著にでるなど最適化がうまくなされていなかったため、著しく「ガラホ」の評判を下げる原因となった。

更にAndroidでは多種多様のアプリダウンロードできるGoogle Playにも仕様上の問題もあって非対応のため、その代替サービスとなるキャリアサポートを受けづらいSIMフリー機の「格安ガラホ」の場合は改造でもしない限りアプリを新規で入れにくいため、かなり制約の厳しい機種となってしまっている。

主なメーカー・シェア

メーカー シェア(1Q11) OS な機種
ノキア(芬) 24% SymbianOSWP NokiaNシリーズ
アップル 19% iOS iPhone
RIM(加) 15% BlackBerryOS BlackBerryBold
サムスン電子( 13% AndroidOS GalaxyS
Nexus
HTC(台) 10% AndroidOS HTC EVO
Sony Mobile(日) 5% AndroidOS Xperia
モトローラ 4% AndroidOS Motorola PHOTON
LG 4% AndroidOS Optimus

2011年当時の世界シェアはこの通りである。
このうち、ノキアとRIMはシェア減衰が著しく、逆にアップルAndroidOS使用メーカーは伸び幅が大きい。特にサムスンは、1年でシェアを3%から13%へ、実に4倍に伸ばした。

日本国内においては、アップル61%Sony Mobile21%を占めている。
メーカー最大手は、auISシリーズ人気を伸ばしたシャープである。続いてほぼ同シェア(両者とも7%程度)で東芝が続く。 

メーカーは、世界市場においてど土俵に上がれてすらいないと言って良い。
SONYが出資し、現在では子会社化が検討されているSony Ericssonメーカーと見なすならまだしも、それ以外の日本企業シェアを全て合わせても、世界全体で見るとわずか2%に過ぎない。

2014-2016年のシェア

世界シェアトップ14からノキアとRIMが姿を消し、Appleサムスンが2強という形でシェアを牽引しているもの、勢図は大きく変化している。特にシェアトップ14のうち10社を中国メーカーが占めるようになっており、台湾メーカーですらほぼ締め出されている。モトローラも引き続きランクインはしているものの、現在モバイル部門は中国企業に売却されており別メーカーと言ってもいい状態であるため、辛うじてシェアを維持しているのはAppleサムスンを除けばLGのみである。逆にファーウェイシェアAppleサムスンに拮抗するところまで台頭している。ちなみにメーカー世界シェアはさらに減退しており、ソニーモバイルを含めてすら世界シェアの1%にも満たない状態にある。

内においては勢図にほぼ変化はないが、東芝パナソニックが撤退する一方で、PのLiteシリーズ日本SIMフリー市場で知名度を向上させたファーウェイが急速に台頭。ただし日本ではSIMフリー市場が小さいためそれ以外の影は限定的で、三大キャリア全てに機種を卸しているAppleシャープソニーモバイルサムスンの4社がシェア上位を占め、さらに富士通京セラを合わせた6社でシェアの9割以上を占める。そのあとにLGHTCZTEなどのキャリア向けにも機種を卸しているメーカーが細々と続く感じであり、SIMフリースマホのみを販売しているメーカーの売り上げはさらに落ちるのが現状。

……が2017年までの状況だったのだが、キャリア相手に本格的に機種を出したファーウェイが9.6%シェアを確保してソニーモバイルを抑えて総合3位に食い込んだほか、SIMフリー日本市場ではZenfoneシリーズで知られるシェア2位ASUSが4.9シェア(総合5位)を獲得している。総合2位(11.4%)と健闘したシャープも、同年のミドルレンジスマホである「AQUOS Sence」を多販売して成功したのが躍進に繋がった一方、キャリアでのハイエンドしか販売しないソニーモバイルが8.9の総合4位どまりと低迷したことから、2018年になってミドルレンジ以下のスマホの売り上げが全体シェアに影を与えるほど状況が一変した。

またファーウェイ日本の三大キャリア2018年モデルスマホ機種を出した事でニュースになったが、元々三大キャリア向けにも端末は継続して出していたので、日本市場でも実は新メーカーというほどではない。ただし当時は知名度がく、販売したスマホ日本では大コケしたため、日本のキャリア向けにはタブレットキッズケータイルーターなどに販売を絞っていたため、知名度が低かったという事情がある。ただし今回は知名度を大幅に上昇させた上で、満を持しての三大キャリア機種を投入したという状況に変わっており、上位に食い込むほどシェアを伸ばす算が高いと思われる。

現在の動向(2017年以降)

メーカー シェア
(2018 Q2)
OS な機種
サムスン () 20.9% Android Galaxy
ファーウェイ (中) 15.8% Android nova
honor
P
Mate
アップル () 12.1% iOS iPhone
シャオミ (中) 9.3% 独自OS
(Androidベース)
Mi
OPPO (中) 8.6% Color OS
(Androidベース)
R
A
F
AX
その他 33.2% -- --

資料: CNET Japan 2018年08月01日 11時46分exit

アメリカ中国の既得権益をめぐる貿易・技術・通信などの複数の摩擦から始まった新時代の冷戦とも言える状態が21世紀に入ってから徐々に深刻化しており、中でもスマートフォン市場などの通信方面でも上位を占めるファーウェイZTEアメリカが名しで批判をより強めはじめ、2018年に入ってついに直接的な制裁にまで手を出したことで、スマートフォン市場にも大きな影が出始めている。

ZTEは部品を一切調達不能になったこともあいまってアメリカの制裁にすぐに屈した形になったが、世界シェアではZTEぐ巨大企業であるファーウェイアジア(日本を含む)や欧州でのシェアにおいてはZTEを大幅に上回る形で持つため、ZTEの時よりも大きな問題となっている。

既にアメリカの巻き込まれ制裁を恐れ、ほとんどのファーウェイ(ZTEもだが)の製品は、機関のみならず最終的には一般市場にまで輸入を最悪禁止せざるを得ない状況に追い込まれつつある。当然中国は猛反発しており、アメリカの製品のボイコット運動などに繋がっている。日本でも機関はともかく、格安スマホ向けではコスパに優れることから非常にファーウェイの勢が強いほか、大手キャリアでもドコモプライベートブランドルーターキッズケータイといった一般向けの製品、ソフトバンクスマホルーターのみならず、通信事業の中核とも言えるインフラにもファーウェイZTEの製品を採用していることから、格安スマホ・キャリアスマホの両市場において影が懸念される。

最近ではファーウェイNo.2カナダにおいてアメリカの差しで別件逮捕拘束され、その報復措置として中国カナダ人が複数拘束されるという事態にまで状況が悪化しており、これ以上事態が深刻化すれば一般人がまともに携帯電話すら買えなくなるような時代に逆戻りもありうるだけに、一般への悪影はこれ以上進んで欲しくないと願うばかりである。

問題・騒動

画面ばかりを見ていて周囲の状況に鈍感あるいは頓着になり、電車ホームに落ちたり、人や自転車自動車など様々なものにぶつかる「歩きスマホ」「ながら歩き」が社会問題となっている。携帯電話の頃からその傾向はあったがスマホに変わってきたことでこの事故が急増しているという。交通機関なども注意喚起を行っているが善される様子はない。 → 歩きスマホ

また、生活の中心がスマホに変わってきたことで、熱中しすぎてその他のことを放棄し、どんな時でもスマホを手放せなくなる「スマホ依存症」「スマホ」の現が起きている。海外でも児童と高齢者がその傾向になっているもあるという。 [3]

関連動画

 

関連項目

 

脚注

  1. *ただし、Microsoftは独自ブランドとしてSurfaceタブレットPCとして出荷しているほか、そのほかのメーカーWindows OSが採用されるタブレットを出すケースは非常に多い。スマートフォンタブレットPCは基本的に画面の大きさと通話機の有を除けばほぼ同一のため、モバイル専用の開発が止まっても何らかの拍子でWindows系のスマートフォンが復活する可性はある。
  2. *なお「ガラホ」というのはKDDIが取得している商標のため、正確にはauから発売されている折りたたみ携帯電話のみが「ガラホ」ということになる。ドコモの場合は「ドコモケータイ」、ソフトバンクの場合は「4Gケータイ」と呼ばれているだけである。機能面でも若干au機種の方が追加機が多いが、SIMフリーで出ている折りたたみ携帯電話ドコモソフトバンクべてもさらに機が制限されているため、折りたたみ携帯電話だけはキャリアで使う方が利便性を考えても難である。
  3. *韓国スマホ事情:サムスンは業績不振、いっぽう高齢者のスマホ中毒が社会問題化 (NewsWeek日本語版 2019年3月5日(火)17時10分)exit

掲示板

  • 367ななしのよっしん

    2019/05/04(土) 21:13:56 ID: JtQCY4uX7b

    オレはならPC、外ならサブ端末でスマホって使い分けしてるが、どっちも使ってる人の方がしい時代なのか?

  • 368ななしのよっしん

    2019/05/08(水) 14:54:40 ID: 5IzqQKf2MS

    スマホなどの携帯端末ないひとは民除外ですか(少なくとも経済圏で)

  • 369ななしのよっしん

    2019/05/19(日) 20:50:40 ID: gFon7o8qEq

    >>367 そもそもPC自体の需要が落ちてると思う
    スマホでもPCと同じことができるし、PC専用のソフトGNUユーザーランドを導入できるアプリがある(Androidのみ)から、それで動作させることは出来る

急上昇ワード

最終更新:2019/05/22(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/22(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP