今注目のニュース
やっぱり「LINE」が最強だった! 他のSNSを凌駕するこれだけの理由
NHKの朝ドラ「エール」の語りに津田健次郎さん 本人やNHKのツイートに喜びの声が殺到
森七菜、ガチの「怖すぎて半泣き」猛ダッシュに反響

ハイレゾ単語

ハイレゾ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハイレゾとは、ハイレゾリューション(high resolution。解像度)の略である。2015年現在では「ハイレゾ音(高解像度な音)」のことをす事が多くなっている。

歴史

元々「ハイレゾ」「ハイレゾリューション」とはディスプレイ画質オーディオの音質など様々な分野で使用される言葉である。

20世紀中にはどちらかと言えば画質に関する文脈で使用される事の方が多かった。例としてはNECパソコンPC-9800」シリーズにおける「ハイレゾモード」や、任天堂ゲーム機ニンテンドウ64」の周辺機器「ハイレゾパック(後に「メモリー拡張パック」に商品名変更)」など。

1999年頃にスーパーオーディオCDSuper Audio CDSACD)やDVD-Audioなどの高音質規格が登場。オーディオマニアの間で「ハイレゾオーディオ」「ハイレゾ音」などの呼称の普及が進み始めた。

21世紀に入って間もない00年代中盤にはハイレゾ音データを配信するウェブサイトe-onkyo music2005年)、HDtracks(2008年)などが立ち上がり、ブロードバンド環境の普及に伴って少しずつ勢を伸ばす。SACDやDVD-Audioといった物理ディスクではなく、オンライン配信されたデータPCを通して楽しむというスタイルも普及し始める。

こういった流れに合わせるように、2013年にはソニーからハイレゾ音対応の製品が多数市場に投入された。これらの製品では「ハイレゾ」というキーワードを強調して広告し、「Hi-Res AUDIO」との共通ロゴマークも使用する事で周知を図った。

そしてソニーは更なるハイレゾ音の普及・拡大をしてこのロゴマーク日本オーディオ協会に譲渡。これにより、2014年にはハイレゾ音再生に対応してこのロゴマークを利用した機器がソニー以外の各社からも一斉に発売され、急速に「ハイレゾ音」が普及することとなった。

ハイレゾ音源

定義としてはリニアPCM換算でサンプリング周波数(kHz)、量子化ビット数(bit)の一方がCDスペック44.1kHz/16bit)をえていれば、ハイレゾ音となる。
簡単にいえば、CDより凄ければハイレゾ音と言える。

一般的に人間が聞き取れる周波数は20kHzが上限といわれており、CDスペックで十分にカバーできているといえるが、「音としては聞き取れないが、なんか凄いから良い!」のである。「なんか良い音に聞こえる気がする」のがオーディオでは何より大切で、その自分を説得する根拠の一つが「ハイレゾ音」でもある。

ハイレゾ対応オーディオ機器

対応ロゴマークは、ソニーのハイレゾロゴマークをそのまま流用している。アナログデジタルでは定義が異なり、デジタルの方がよりハイスペックとなっている。

  • アナログ
  • 再生: 40kHz以上に対応していること。
  • 録音: 40kHz以上に対応していること。
  • デジタル機器
  • 再生: 96kHz/24bit以上に対応していること。
  • 録音: 96kHz/24bit以上に対応していること。

関連動画

ハイレゾに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ハイレゾに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ハイレゾに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP