今注目のニュース
2019年新入社員の理想の上司「相手の意見に耳を傾ける」「一人ひとり丁寧に指導」「好き嫌いで判断しない」
「サークルK・サンクス」公式サイトの中古ドメイン、約6000万円で落札される
島根は「ラーメン不毛の地」じゃない! 「ラーメン県」投票最下位に、現地民が猛反論

ZONE単語

ゾーン

掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ZONEとは、2005年2013年に解散した元音楽グループである。

ガールズバンド以外の用法については、「ゾーン」を参照。

概要

グループメンバー全員北海道の出身である。所属レコード会社はソニー・ミュージックレコーズであり、2001年2003年紅白歌合戦にも出ていた。代表曲は「secret base ~君がくれたもの~」で、2008年アニメ今日の5の2」のEDでカバーされたほか、2011年にはアニメあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のEDでもカバーされている。

デビュー曲は「GOOD DAYS」でラストシングルは「笑顔日和」と、最初も最後も同じような意味合いのタイトルになっている。

なお、アルバム名は『Z』『O』『N』となっており、活動当時から「アルバム『E』が発売されたらZONEは解散するだろう」と言われていたが、実際に『E』はベストアルバムかつ最後のアルバム作品になっている。
前述の「secret base」は現在でも多くのミュージシャンカバーするほどの作品だが、他の作品は現在あまり話題になることがく、後述のMIYU解雇騒動の報道では「他の作品はパッとしない一発屋」扱いされていることもあった。(実際のところ「secret base」以降のシングルは全てTOP10以内のためこれには当てはまらないが、活動時点でもメンバー交代後はあまり立たなかったと言われていた・・・)

一度の解散時には日本武道館卒業コンサートにてウェディングドレスった姿で大々的に新聞やテレビ番組で特集され々しく終焉を飾った。また、このバンドルの最初の解散時にはこのコンサートに駆けつける為に快挙を達成した将棋棋士がいることもちょっとだけ話題になった(持ち時間を1分も使わず会場に間に合わせた)。

2011年8月に、1か限定で再結成されることが発表された。ちょうど「secret-」の歌詞で歌われていた「10年後の8月」に当たる。
後に2011年12月2012年以降も活動を継続することが発表されたが、その後2013年2月メンバーMIYUが「著しい不品行」などを理由に契約を解除され、メンバーMAIKO1人という状況になってしまった。そして4月MAIKOが「ZONE FINAL EVENT」を最後に活動を終了させた。この二度の解散ライブは一度べて10分の1ほどのキャパであるライブハウス較対日本武道館なのでそれでも大した人数ではあるが)で、報道どされないまま正規メンバーMAIKO一人で残りはサポートメンバーという、寂しい結末となってしまった。(ライブ終了後は当時アイドル界で流行していた握手会があったらしい)

なお、ZONEの活動消滅を決定的にしたのが、最後に残った二人のメンバーのうちMIYUこと長瀬実夕の脱退が大きいが、これ以前から彼女には相当に悪い噂が立っており、一部では物使用や男癖の悪さなどの疑惑もあったほか、再結成時においてもライブイベント断欠席が相次いでいた(このために中止になったイベントもある)。実のところ既に第一期の活動時点でも中学生という年齢的な未熟さを加味しても「事務所の方針に向かう」「先輩ミュージシャンに対し収録中にも関わらず暴言」「ソロパートい曲でセンターに立つ」「気に入らない出来事があるとメンバーギターを投げつける」などの行為があったとされている(但しソース東スポ)。
この素行不良によるクビ宣告は当時のランタイムミュージックエンタインメントから急告という形で相当に強い口調で明文が発表されており「今後、長瀬実夕個人の言動行動に関しては一切弊社には関わり合いございませんので、ご理解を頂きますようお願い申し上げます。」とまで書いてあった。(しかも通知は本人と音信不通になったためクビ文書を郵送し通知という形であった)

ちなみに、一一度の脱退もいまま活動を終えたベーシストMAIKOこと栄舞子は、ZONEの最初の解散後にソロ活動を経てMARIAというバンドを立ち上げるも、こちらも大きなヒットが出ないまま5年で解散。その後に上記の2度のZONE活動再開と解散を経験したのち、Jack&Queenというバンドデビューするが、こちらも2年半で解散し、とかく音楽活動、バンド活動に恵まれない時期が続いていた。その後は音楽をスッパリあきらめてヨガ講師として地元北海道で働いており、2016年11月ヨガ専門雑誌『Yogini』でインストクターmaiとしてのインタビューも受けている。また、前述のJack&Queenでは音楽ではなく生涯の伴侶も見つけている。

同郷であり、同時期にヒット曲を出したガールズバンドの類似例として「Whiteberry」と較されることもある。このWhiteberryメンバーだった前田由紀は、2013年に出演したテレビ番組内で「様々なアルバイトで生計を立てつつ音楽活動を行っている」ことを本人が明らかにしている。こういった例から「この時期のギャルバンブームでのし上がったバンドは解散後はあまりパッとしない」などと言われることもある。ただし実際にはこれのバンドに限らず、「ヒット曲を出したことがあるミュージシャンの活動が、その後以前ほど々しくなくなる」などということは全くしいことではない。

メンバー

関連動画 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2016/08/07(日) 17:11:52 ID: TIFXXrhrFM

    今年はインディー時代から含めてCDデビュー17年なのか。
    いのか遅いのかよくわからないね。
    ベース担当のMAIKOさんが元気だということがわかってとても嬉しいです。
    もう戻らないかもしれないけど、元気にやっている話が聞けて嬉しいです。
    どうか皆様、お幸せに。

  • 41ななしのよっしん

    2017/06/30(金) 20:07:53 ID: VFG7JWp6Ek

    >>39
    何を言っているのかよくわからん…

  • 42ななしのよっしん

    2017/12/07(木) 22:12:41 ID: FE6uVcHitv

    https://ameblo.jp/saka7mai/exit
    たまたま見つけた
    現在MAIKOさんのブログ
    しっかり元気にヨガ講師やってるようで何より

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP