編集  

単語

コイ

とは、コイ科のである。→コイ

また以下のことを表す。

漢字として

Unicode
U+9BC9
JIS X 0213
1-24-81
部首
魚部
画数
18画
𩼞
Unicode
U+29F1E
部首
魚部
画数
24画
𩼆
Unicode
U+29F06
部首
魚部
画数
24画
意味
コイ手紙
説文解字・巻十一〕には「鱣なり」とある。なお〔説文〕の鱣の解説は「なり」となっていて互訓である。
字形
符は
音訓
読みはリ(音)。訓読みは、こい。
規格・区分
人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
尺素・

異体字

  • 𩼞は、〔康煕字典〕に〔篇類編〕を引いて「と同じ」とある異体字。
  • 𩼆は、〔集韻〕に「(ある)ひは裏に(したが)ふ」、〔字彙〕に「に同じ」とある異体字。
  • 簡体字は鲤。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AF%89
ページ番号: 3838391 リビジョン番号: 2334008
読み:コイ
初版作成日: 09/06/28 10:08 ◆ 最終更新日: 16/03/06 22:31
編集内容についての説明/コメント: スタイル修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鯉について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/12/28(木) 08:48:51 ID: TcbsWz97WN
鱣もコイ
2 : ななしのよっしん :2017/12/28(木) 11:59:45 ID: aj3vYnimdH
鱣は説文解字には「類也」とあるが、実際には意味が広く、
非子の「鱣はに似たり、蚕は蠋に似たり」では、うみへびとも(はも)とも言われる。

(鱣序(せんじょ)、鱣堂(せんどう)は、講堂・学校教室のことだが、この鱣も同様。
その由来となったのは、こうのとりが三匹の鱣をくわえ講堂に集ったという後漢書の故事。)

和字典にはこうある。※次の引用で、[一]はにテン、[二]はにセンと読む。

漢語第二版: [一](1)の一種 (2)ちょうざめの一種 [二] たうなぎ。=鱓(せん)
新字訂新版: [一](1)の名。ちょうざめ。鱣(てんい)。(2)大きなこいの一種。≒
[二]たうなぎ。タウナギ科の淡。かわへび。鱣。=鱓(せん)

急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829