アブラツノザメ単語

アブラツノザメ

アブラツノザメとは、ツノザメ目ツノザメ科に属するである。

概要

体長は均1m前後だが、最大で1.6mにもなる。体色は背側が褐色い斑点がまばらにあり、側は白色になっている。吻はやや丸みを帯びており、2基の背鰭前縁にはそれぞれ弱いを持ったがある。集団で回遊する性質をもっており、場合によっては数千頭の群れを形成することもあるという。 表面から900mあたりまでに生息しており、特に冷たい域を好む。

数あるの中で、最も個体数が多い種とされており、それ故に最も利用され、最も人間社会に密接している。の中でも特に美味とされ、フカヒレや肝油、フィッシュ&チップスなど大量に利用されているが、その影で個体数の減少も危惧されている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%84%E3%83%8E%E3%82%B6%E3%83%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アブラツノザメ

1 ななしのよっしん
2013/05/25(土) 22:31:26 ID: cCvj8mjvTo
妊娠期間が長い
2 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 22:30:30 ID: i18uHP9ybI
>最も個体数が多い種
この情報はもう古いですね
多分、以前アブラツノザメとされていた、Squalus acanthiasとアブラツノザメSqualus suckleyi)の合算の数字ですね
3 ななしのよっしん
2017/08/01(火) 12:58:46 ID: RvkWb6OzYi
養殖しよう→レプトケファルスなに食うねん…→アブラツノザメめっちゃ食うやん!これで解決やわ→アブラツノザメ絶滅危機にあることが判明

養殖研究者たちの試練は続く