亡念のザムド単語

ボウネンノザムド
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

亡念のザムド』(ぼうねんのざむど、英称:『Xam'd: Lost Memories』)はボンズ制作のwedアニメ

概要

ボンズ制作webアニメで、初のプレイステーション3にて独占配信されたアニメである。米国では2008年7月16日よりプレイステーションストアでの配信がスタートしているほか、日本でも2008年9月24日より配信開始予定。全26話予定。

初回視聴から3日間(72時間)のレンタル方式。日本では各話HD版400円、SD版は300円でダウンロードできる(米国ではHD版が3.99ドル)。一般のレンタルビデオ等の価格と較すると割高だが、これはHDにより実現するハイクオリティで楽しんで欲しいという制作者側の意図である。

 

(以上wikipediaより)

関連動画

 

関連商品

アニメ

CD関連

書籍関連

その他関連

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%A1%E5%BF%B5%E3%81%AE%E3%82%B6%E3%83%A0%E3%83%89
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

亡念のザムド

62 ななしのよっしん
2014/10/18(土) 19:45:55 ID: WMgUh/CNeA
なんであらすじ書いてないんだこの記事・・・
63 ななしのよっしん
2014/10/25(土) 20:52:58 ID: cu3C5sDMiP
つうかこの記事ウィキペディアコピペだよな。手抜きすぎやろ…
余談だが、アニメ以上に知名度の低い小説版があるのだ
監督宮地幸本人が書いていて、アニメでは尺の都合でカットされたエピソードやオミットされた描写まで入って一種のディレクターカット版。
かなり出来良いのでザムド好きなら手に取ってみることをオススメする
64 ななしのよっしん
2014/12/07(日) 22:03:52 ID: B2voj3Z2vA
古市キャラがとても好き
ただ最後はちょっとあっけなかったな
65 ななしのよっしん
2015/05/22(金) 20:18:54 ID: Dyn1hvyTiU
舟のセリフを聴くためにみるべきと思った

パクリなんだの言われてるけど、オリジナルなところもたくさんあるし
2000年代に、ナウシカエヴァなどの価値観めてるなら、
みるべき作品だよ
2000年代の作品は、身近な世界記号や心情描写がメインだけど
そういうも、受けてるなーと思ったな
66 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 16:52:53 ID: a+9Xajs6Ll
フルイチが可哀想でナキアミじゃないほうのヒロインが嫌いだった
67 ななしのよっしん
2020/02/12(水) 22:06:14 ID: wtwRgcX3sK
初版記事から10年以上もwedアニメのままなんだなぁ...
68 ななしのよっしん
2020/10/19(月) 18:19:30 ID: c6ZLR7d2Qd
wedアニメって何ぞやって思ったら誤字か……
からGyao無料配信始まってたから追ってたけど面アニメっすね……ヤベー宗教団体とヤベー政府戦争主人公が巻き込まれて、その中で家族とは命とは何ぞやってもの伝えていきたかったアニメって感じがしたな
69 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 15:38:07 ID: r0pxgnrWpz
一気に26話見たけどなんかダルい感じ、16話くらいでも十分収まる内容だと思う。
話も難しいというよりややこしい?だけで感動するとこもなかったわ。
何より風呂敷を包み切れてないのがなんだかなぁ。
70 ななしのよっしん
2021/02/10(水) 17:52:13 ID: lIkSUAZRRa
この作品、もろ口ととズレてないか?

思うんだが、そのもろズレの違和感に気付かないのと、もろパクリになってしまうとこの違和感に気付かない鈍感さというか神経さというか、雑さというか、その繊細さを欠く感じが何か共通してるように思うんだ。

何なんだろうな。。

抜け落ちた人間的な何かって感じなんだが、何だかよくわからんのだ。

絵は綺麗だし、面そうな雰囲気はあるんだが、どうにも見進める気になれないんだ。
OPも割りかし十分格好良いような気がするしな。。

わかるやついるか?
71 ななしのよっしん
2021/05/17(月) 22:05:23 ID: JeguMhctvD
賛否両論だったが強気な価格の有料配信さえなければそこそこ評価されてたと思う
かく言う自分も後になってレンタルで見た口
粗はあるけどそれは他の作品も同じだと思うし、それ以上の魅に溢れた作品だった
今となってはこの手の作品は見たくても中々出会えない