宗教単語

シュウキョウ
6.7千文字の記事
  • 26
  • 0pt
掲示板へ

本項では、

  1. 本来の意味での「宗教」(Religion)
  2. 上記1の意味を転用したニコニコ動画での文化の俗称

について扱います。


概要

宗教(Religion)とは、「崇拝」することを中心とし、集団で精や体、環境などを向上しようとする活動のこと。

何かの宗教に所属していない、特定の信仰するがいないことは「無宗教」と呼ばれ、などの常的存在そのものを否定するのは「無神論」と呼ばれる。 → 「無宗教・無神論」の項を参照

転じて、何かに対して異常な熱意を持ったり、執着心を持ったり、妄信することの喩え。

信仰するを捨てること、所属している宗教から離脱することは棄教という。 → 下の「棄教」の項を参照

現在では「宗教」のは様々な定義で使用されており、一言で定義付けることは大変難しい。
一般的には、「宗教とは、などの越的存在や、なるものにかかわる人間の営み」とされている場合もある。

古代の人にとって宗教とは「道徳法律、思想、教育、勉学」などのように扱われてもいたと考えられる。
宗教とはそれほど、人間社会生活の中で、人をまとめるための柱として共にあった。
人間が発明したものの中で、火、農耕と並び重要な物としても位置付けられている。

宗教の種類は世界に大規模な数で存在し、内容の違いが明確に現れている。

日本国憲法と宗教

日本においては、歴史背景から 日本国憲法 第三章 民の権利及び義務  第二十条信教の自由の宗教活動の禁止 に

  1. 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、から特権を受け、又は政治上の権を行使してはならない。
  2. 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
  3. 及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

と書いてある。

無宗教・無神論

無宗教
何かの宗教に所属していないことは「無宗教」と呼ばれる。を否定する「無神論」とは別物である。
基本的にはや先祖がすでに何かしらの宗教に所属していることが多く、その宗教に入っている家族子供として生まれてきた人間は、自動的にと同じ扱いになるため、無宗教ということにはならない。つまり日本人の場合はだいたいが神道仏教ということである。
詳しくは当該記事を参照。 → 無宗教
 
無神論
を否定するのは「無神論」と呼ばれる。宗教に所属していない「無宗教」とは別物である。
これは、信仰しているがいない、宗教に所属していないという類いのものではなく、「そもそもというもの自体が存在しない」という性の否定、常的存在の否定をするものである。
詳しくは当該記事を参照。 → 無神論

際的にも「無宗教」「無神論」の人間は存在する。しかし無宗教が成立する定義として以下の条件があげられる。

  • 当人が住んでいる地域において(その地域の共同体から)信仰の強要をされない
  • その信仰を忌避することで地域から社会的制裁(村八分・攻撃・迫・処刑など)をうけない
  • それらを他の人間にも問題なく周知させられる環境であること

宗教的要素が生活に深く根づいている地域では、それらを否定することが不可能に近いため、それが可なのは民主主義や相対義など宗教的要素を否定できる場所しかない。つまり都市部などに限られてしまう。

ちなみに両の宗教が異なる場合はどうするのかは不明。どちらかが宗するか、もしくは両方の教義に基づく生活になるのではないかと思われる。すべては家族しだい。

棄教

所属している宗教から離脱すること、信仰を放棄することは「棄教」と呼ばれる。

先述したとおり、基本的には家族の宗教がそのまま自身の宗教として扱われることが多いので、メンドーになるが、別の宗教に所属したい者、無神論したい者が行動で示すには、棄教(現在所属している宗教からの離脱・破棄)を行うことで、はれて無宗教もしくは他教への移籍となる。

宗教には棄教の手順というものは存在しないが、その地域にある寺院や教会などに登録してある自分の名前を消去してもらうことが棄教になると思われる(少なくともその地域にある宗教施設の信者としての登録抹消にはなる)。

また、ほかの宗教を信仰することでもその宗教における棄教につながる。たとえば、キリスト教家族に産まれてきた者が家族および他のイスラム教徒の前にて信仰告白アッラーの他になしと宣言)することでキリスト教の棄教となる。

他の信仰をもつのでなく全に宗教を離脱したいというのであれば、他の入信手順を行わず、棄教のみ行うことで無宗教となれる。

ただ、人が死んだ場合は放置などせず何かしらの儀礼を持って埋葬することが多い。神道ならば神社に、仏教ならば寺に、キリスト教ならば教会埋葬している。近年は「散」など特定の宗教にされない埋葬があるが、散は死んだ人間をまくということで縁起悪いと扱われる場合がある。有名な観光地などでやるとその土地で風評被害が発生してしまうこともあるので注意が必要となる。

宗教に入っていて特に困っていない場合は、わざわざ棄教しなくても良いのではないだろうか(身内の葬儀の方法とか埋葬する土地にも困るし)。

ちなみに棄教は不可能とされている宗教もある。イスラム教においては信者の棄教は原則「死刑」となっており(一部の例外に対して禁固刑をする閥もいる)、イスラム教が強いにおいては死刑が実際に執行されている。

宗教に対する批判・皮肉

宗教法人を含む法人法人税法上の「法人等」)には、法人税の一部減免という優遇措置があるため、批判を浴びることもある。一般的な営利と見なして法人に課税した場合、企業と同じく経営できなくなるところが出てくるためである。特に近年は檀数の減少もあって寺社の修復や文化財の保護維持に回す分が細ってきてかなり苦しい状態にあるため、駐車場経営・幼稚園経営など様々な副業によって収入を補っている。ただし、減免措置があるのは法人収入として認められている範囲内であり、給与などについては通常通りに課税される。宗教法人を購入して税金の減免措置を利用するため、悪質な団体にをつけられている場合もある。

なお、宗教法人として認可されるにはには礼拝の施設を持つことが必須であるため,全ての宗教法人の会員は何らかのものを拝んでいる。もし拝んでいるもののない宗教があるとすればそれは宗教ではあるが宗教法人として認可されることはない。

家族単位信者となっている場合、けがや病気になっていてもその家族が信仰上の理由で適切な診療を受けさせないなどといったことも社会問題となっている。一般的なものでは「他人からの血を輸血しない」といったものがあるが、ほかに「その宗教団体で行われている健康法や治療法しか実践しない」、「お布施をたくさん出して教祖様に治療・祈祷してもらう」などといった実効性や根拠の乏しいものまで多岐にわたる。

宗教を信じるあまり、教団独自の意識に染まりすぎて一般社会への復帰が困難になっている者も問題としてあげられる。とくに信者同士での合宿や勉強会といった集団生活により外部から隔離されたことで、長期間にわたるを受けた者は、社会へ戻ってくる意思すら見せないこともある(オウム真理教信者など)。また、戻ってきたとしても普段の生活行動の中に宗教にされていたころの名残が残っていたり、全に復帰できておらず一般社会の中に教団独自の意識やルールを持ち込んでくる者もおり、ひどいときには再び宗教団体へ戻ってしまったりする。

宗教自体を批判したり皮動画もある。

宗教団体が起こした事件

宗教の一覧


ニコニコ動画における「宗教」

ニコニコ動画における「宗教」は様々な動画に特有の文化して使われている。

ニコニコ動画では中毒性のある動画が多く、そのあまりの中毒性に、まるで洗脳されたかのようにそれの関連動画を見続けてしまう、またはその動画に映っている人やキャラクターなどの存在を信仰してしまう人々がたくさん存在している。

そういった人々の様子を宗教という例えにしていて、その代表的な例に「ドナルド教ヴェルタース教ねるねる教」といったものがある。ニコニコ動画には様々な宗教があるが、そのほとんどは宗教とは名ばかりの純MADが多く、本当に宗教らしくなっている動画というのはごく一部である。

特に、二次元作品に対する信仰については「宗教」と呼んでいいものか、人によって意見が分かれる。

例にあげた3つの宗教は「ニコニコ三大宗教」と呼ばれていて、知名度・信者数・中毒性などは他の宗教にべて抜群に高い。

ここではニコニコ三大宗教以外の宗教について記述する。

リーブ教

 「リーブ教」 - 女ババコンガ様こと和田アキ子を信仰する人々の総称。元ニコニコ三大宗教だったが、ねるねる教の勢いに押され、7月21日に三大宗教から外された。信者の一部に三大宗教から外されたことを逆恨みしてねるねる教動画を荒らすものがおり、事実ねるねる教戦争状態にある。

しかし、動画が全て権利者削除により消滅されてしまったようで、ほぼ壊滅状態となっている。

葱神教

 葱神教」 - 葱神様こと初音ミクを信仰する人々の総称。単純に初音ミクを信仰する人々の総称と考えるとドナルド教より上回る勢を持つが、「葱神教」「葱神様」といったタグが見られるのが下記のような関連動画のため、厳密に言うと例のネギ踊りを信仰する人々の総称なのではないかと思われる。権利者削除の心配がないのが強み。

釘宮教

 釘宮教」 - 声優釘宮理恵が演じるキャラを信仰する人々の総称。信者達は突然くぎゅうううううううううう」などといったを発することがある。 一度入ったらかなりの確率でぬけられないらしい。元々は「釘宮病」という病気だが、その病気にかかっている患者のことをまとめて「釘宮教」といっているといった方がふさわしいだろう。

バルサミコス教

 「バルサミコス教」 - らき☆すた柊つかさを信仰する人々の総称。宗教にしてはアニメキャラクター教祖様と極めて異例である。下記のような動画に「つかさ至高」といったコメントがよく見られる。限界レベルにまでいくと周りの人々がつかさに見えたりすることがあるので注意。 

これも釘宮教同様、「T5(つかさ症候群末期症状)」という病気だが、その病気にかかっている患者のことをまとめて「バルサミコス教」といっているといった方がふさわしいだろう。また、らき☆すたのなかで一宗教持ちしている理由もこのためだと思われる。

ドーン教

 「ドーン教」 - お笑い芸人江頭2:50を信仰する人々の総称。名前の由来は、番組で江頭が「ドーン、ドーン」と連呼したことから。

創価学会

 池田大作を信仰する人々の総称ではないので注意。 ニコニコ動画の場合、エア本さんと呼ばれる頭がパーン関係のMAD動画を信仰するものと思われる。また、これに限っては、信仰するという表現はふさわしくないかもしれない。
近年、エア本誕生祭などもありMAD動画が急増し、「ひとこと動画」「ファッション」を丸々乗っ取るほどに勢を増している。

創価学会と区別するためにエア本教もしくはパーン教と呼ばれることもある。

タキシード教

 「タキシード教」 - 美少女戦士セーラームーンに登場するタキシード仮面を信仰する人々の総称。 よく変態とか、ダサイとか言われるが、実際には紳士である。

ダーマ教

 「ダーマ教」 - スパイダーマッを信仰する人々の総称。数々の名作100万再生を突破しそうなものなど、様々な動画があったがそのほとんどが権利者削除されていて、今は身を隠している。

アイマス教

 「アイマス教」 - アイマスことアイドルマスターを信仰する宗教の総称。非常に安定した高い人気を誇るため、勢はかなり大きいと思われる。しかし、宗教内で閥がいくつも分かれているらしい。

ウメハラ教

 「ウメハラ教」 - 格闘ゲームプレイヤーウメハラこと梅原大吾を信仰する宗教の総称。ウメハラを信仰する者はウメ信者と呼ばれる。 日本2D格ゲー界の生きるカリスマであり、世界トップクラスの格闘プロゲームプレイヤー。日本のみではなくアメリカフランスなど世界中の大会で優勝しており、"The Beast Daigo"と讃えらているなど、勢世界レベルである。またニコニコでは電波実況MADが多数作られている。

鉄道教

 「鉄道教」 - 交通機関鉄道を信仰する宗教の総称。閥は大きく2つに分かれており、東は東京都多摩モノレールを総本山とする「多摩学会」、西は京阪電鉄を総本山とする「おけいはん教」がその規模を拡大、各地の鉄道MAD作品を通じて布教活動が行われた。

ポポポポーン教

 「ポポポポーン教」 - ACジャパンCM、「あいさつの魔法。」又あいさつの魔法。関係の動画を信仰する宗教の総称。最近できた宗教で勢がもの凄い勢いで拡大していて、「ニコニコ四大宗教になるのではないか!?」「ニコニコ三大宗教入りするかもな・・・」という囁きがある。

ニコニコ動画における「宗教」の一覧


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 26
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%97%E6%95%99
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宗教

4543 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 09:13:55 ID: uKMg7UAD0Z
>>4533
カルトに祈ってるわけだから信仰心が関係ないはおかしいな
信徒の集団や教団に属し続けていることが信仰抜きの帰属意識というのか
それでは普通宗教の信徒を名乗ることに信仰がないということにもなる

歩譲って信仰心の代わりに帰属意識がすり替えられて利用されてるとしたとしても
それは判別の難しい信仰心にも問題がある
4544 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 09:22:52 ID: 5/JA/XbPso
>>4543
>カルトに祈ってるわけだから信仰心が関係ないはおかしいな

カルトの場合、に祈らず人を崇めてるケースが割とあるので「信仰心」と限らないのだけど。

>信徒の集団や教団に属し続けていることが信仰抜きの帰属意識というのか
>それでは普通宗教の信徒を名乗ることに信仰がないということにもなる

意味不明なんだけど。特に2段落
信仰に帰属意識なんて本来は不要なんだが。普通宗教の信徒の場合、「集団に属さずとも、に祈る」事は普通にある。と教義と自分の心があれば宗教は成立するからね。

カルトの場合、集団への帰属意識を依存や隷属の域にまで肥大化させられて、自由意志が薄弱にされてる事がよくあるんだよ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4545 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 09:34:14 ID: dE4pYWWUY8
>>4534
すごいなぁ……
なんかまるで仏教世界みたいだ。
“全て”なるものは本質的に因縁()であって、そこには善業も悪業もない、二項対立が止んでいる。
そんで善も悪も好きも嫌いも離れて・越して、つまり悟り涯を深めたトコロから、そこから世俗の価値観を用いて生きることで、自ずと一切衆生を癒やし救う働き「慈悲」が立ち現れてくる。

おもしろい本を紹介してくれてありがとう。
4546 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 11:24:08 ID: vw8i+76cTF
>>4538
なんか違和感があると思ったけどようやくわかった。
その理論には「被害者」がいない。

加害者犯人中立科学者はいて、この二者の間でなら犯罪に至る精や心を物理で説明しても問題はない。
けど、実際にはそこに被害者が存在するから、犯人の起こした精物理被害に対して償いをめる行為が発生する。
その「被害に対する償いをどの程度にするのかを決める」は「被害にあったものにどれだけの価値を感じていて、その価値に対する償いがどの程度か」と言い換えることが出来て、つまり被害者主観が必要なのに、中立の立場の科学者が勝手に決めてしまってる。

刑法親告罪みたいな被害者被害を訴えるか決められる罪状(=非難するかしないか決められる)については理論を適用出来ないから、結局精鑑定の上位互換として扱われると思う。
4547 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 12:47:09 ID: dPwD0scT/i
まあイーグルマンの本についてはやっぱり、直接読むのが正確だと思う。治療でアスペルガー善した体験談もできればセット
>>az4152098570exit_nicoichiba


>>4539>>4546
イーグルマンと一部の法律家達の理論「非難に値するかと問うのはまちがっている」は神経科学神経法学の尺度に基づく、と本にはある。彼らは「倫理規範」や「償い」といった概念自体の解体(と再定義)をしている、と言えるかも
>>4542
本書だと、“理性と感情/理知と本”などの二元論はむしろ倫理社会通念のもの。神経科学上その二つは密で、時には同一。ホイットマンも“自分の死体を精医学で調してくれ”と書き残した後に虐殺した
>>4545
どうも。でも本書だと現代自然科学上、人類の言行も全宇宙も究極的には物理系。“天文学的な量のピンポン玉の運動めいたもの”に過ぎない。
理工医学で、ヒトという物理系への改造(つまり「治療」)が発展中だけど、そこに仏教的な「救い」や「慈
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4548 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 13:57:07 ID: hI8DyXC3LM
個人的に興味深いと感じた部分まとめ

人間の善悪をどう判断するべきか?→自然科学では原理上、もが物理系(物理システム)であり善悪はい。自然科学機関を説得できた範囲内では、実際にも有罪判決を受けていない。
例:心神喪失者やケネスパーク

人間が感情よりも理性に基づいて行動するとは限らないよね?→現時点の神経科学で解明されつつある事実としては、感情と理性は密接している。同一な場合もある。
例:ホイットマンや「アレックス」?

発達障害は今の神経医学でも、ある程度なら治療可
4549 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 15:57:45 ID: 5/JA/XbPso
観点が違い過ぎて納得はできないが、の解明のその先に既存の観念の解体と再定義しているのは興味深いし理解できる。個人的には否定する理由も肯定する程の実感もない、という印
少なくとも現時点では「そういう考え方もあるのか」ぐらいかな。
4550 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 19:07:47 ID: EWn510mOUL
>>4547
むしろ、人権とか人間の尊厳とかを当然の前提にしてるようだ。

また、「ピンポン玉の運動めいたもの」なので、科学から倫理は導き出せない事は自分から言ってる。
当たり前だが、倫理学は宇宙自然法則の仕組みを含む)から作ってはい。

なお、宗教宇宙法則人間倫理を混同する事がある。
4551 ななしのよっしん
2022/08/17(水) 15:30:27 ID: U/WE4lQNs1
無職信者の悪行がまた世間に知られてしまったなw
4552 ななしのよっしん
2022/08/18(木) 13:02:54 ID: sht7Pk1/m4
確信犯的に他者の権利や財産を侵するから宗教は全般的にクソ
と同時にそんな宗教に頼らざるを得ないヒトの業の深さにやるせなさも感じる
束縛を自分から欲しがる人もいるしそれを他者に与えようとする人もいるし人間が他者を傷つけずに共存し協調するのは不可能なんだろうな