対戦ぱずるだま単語

タイセンパズルダマ
2.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

対戦ぱずるだまとは、コナミから発売された落ち物パズルゲームのひとつである。一般的には単純に「ぱずるだま」と呼ばれることが多い。

歴史

初出は1994年7月アーケードAC)版。特殊なゲーム性や手な演出が人気を博し、同年12月には『ツインビー対戦ぱずるだま(PS版)』に同時収録される形で、くも庭用ハードに登場した(*1)。

以降は登場キャラクターを、アニメコナミキャラ(『ときめきメモリアル』『がんばれゴエモン』等)に差し替え、様々な庭用ハード移植された。最近では携帯電話アプリにも移植されている。

余談だが、かつてはWin版やONLINE版(*2)も存在し、PC上での(ネット)対戦プレイも可であった。

大百科に記事のあるシリーズ記事

基本ルール

基本的には『ぷよぷよ』に近い。プレイヤーは横6×縦13マスフィールド内で、2個1セットで落下してくるブロック「玉」のうち、同色の“大玉”を3個以上繋げて消し、連鎖を組むことで、対戦相手にお邪魔ブロックである“小玉”を送り込む。フィールド最上段の玉の出現位置に、先に玉が積み上がってしまった方が負けとなる。

玉(ブロック)について

大玉(おおだま)
メインとなる玉。同色の大玉を縦・横・に3個以上繋げることで消すことができる。
一定個数以上消すか、連鎖を組むことで相手に小玉を送り付けることができる。
小玉こだま
いわゆるお邪魔ブロック。大玉が透明ブロックケースに入ったような形をしている。
出現方法はキャラ毎に異なり、上から落下してきたり、下から盛り上がってきたりする。
なお、プレイヤーの手配としても出現する。小玉自体は同じ色を何個繋げても消えないが、大玉が消える際に小玉が隣接していると、その小玉は大玉に変化する。

1996年AC版『進め!対戦ぱずるだま』には、これ以外にも「ぜんだま」「あくだま」「くいだま」といった特殊な玉が存在する。

特殊な玉について

ぜんだま
着地した際、隣接する小玉を大玉に変化させる。
あくだま
ぜんだまの逆の変化が起きる。
くいだま
向いている方向の隣接した一列の玉を全て食う。食う玉がくなると、最後に食べた色の大玉に変化する。小玉同様、透明ブロックケースに入れられており、大玉が消える際に隣接しているとケースが消え、中から登場する。なお食べる玉がない場合は、その場で消滅する。また、くいだまがくいだまを食べることはできない。

特徴

一発逆転要素が強い
前述したとおり、お邪魔ブロックである小玉は、大玉が消える際に隣接していると大玉に変わる。これを上手く利用することで、小玉全に埋もれた状態でも、カウンターで大連鎖が発動する場合もある。
演出が
自or敵キャラフィールド背景全体に大きく描かれ、相手や自分の攻撃によって様々な動きを見せる。またキャラクター毎にボイスがあり、演出の強化に一役買っている。
変わらないゲーム
続編自体は多様なハードで出ているが、基本的にはキャラクターの差し替えにとどまり、新要素はあまり追加されな い。

対戦とっかえだま

ゲーム生として、『対戦とっかえだま』なるものが存在する。初出は1996年AC版。

こちらは『パネルでポン』にゲーム性が似ており、下からせり上がってくる玉を任意に並べ替えて消去し、小玉を相手に送り込む。先にフィールド内が全て玉で埋まってしまった方が負けとなる。

なお、玉の性は従来の『ぱずるだま』と変わりはない。

『ぱずるだま』にべるとあまり人気が出なかったため、庭用ハード移植の際、キャラクターが『ときめきメモリアル』に差し替えられた。以降はミニゲーム形式として、他ゲームに同封されるような形を取り、AC版の移植現在*3)もなされていない。AC版のキャラクターが登場したのはN64でぱずるだまとのカップリングで収録された「闘魂!まるたま町」のみである(キャラクター数もぱずるだまメインだったため、とっかえだま出身のキャラクターも少なかった)。

大百科に記事のあるシリーズ記事

対戦ころがしだま

ボウリングミニゲームPS版N64版「進め!対戦ぱずるだま」に収録。

玉を投げてピンを倒すところまでは普通ボウリングと一緒だが、投げているうちに魔球を放つエネルギーが溜まっていき、溜まりきった状態でフルパワーで投げると魔球が発動する。発動時中央から投げた場合はストライクが確定するが、中央以外で投げると魔球の種類によってはガターが確定してしまう場合もある。魔球は上記のように狙って出せるが、普段からランダムで出ることもある。

注釈

  1. 庭用ハードとしては1994年11月SFC版が初出だが、AC版とは異なり、登場キャラクターが『ツヨシしっかりしなさいアニメ)』に変更されている。
  2. 運営会社のサービス停止に伴い、現在プレイ不可。
  3. 記事作成時は2010年4月

関連動画

とっかえだま

キャラクター差し替え版

関連商品

進め!対戦ぱずるだま(アーケード版の移植)

版権キャラクターもの

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

対戦ぱずるだま

18 ななしのよっしん
2014/07/20(日) 04:25:16 ID: Dv9dDUqOfM
特にが抜けてるキャラだとビミョーだよね
ときメモ2以降のぱずるだまは全然面みがない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2014/08/18(月) 15:51:36 ID: ZQTMW00Cmc
サターン版の「ツインビー対戦ぱずるだま」は
本当に発売直前で中止になった。
近くのゲーム屋の広告に○○日発売って値段もついて載ってたし。
実物は存在すると思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2015/08/29(土) 22:38:47 ID: 0oHXW3vXl0
ぱずるだまの新作いつでも待ってる
まこりん
タイトル:まこりん
Twitterで紹介する

21 ななしのよっしん
2016/04/04(月) 00:49:20 ID: 23MOp53XL1
まこりん初代じゃぼーっとしたガキだったのに続編ですごくかわいくなったな
逆に劣化したまゆは本当に泣ける
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 22:53:45 ID: LSDu0J7rEs
「対戦」を前面に出すにはキャラ間格差が酷すぎて
(元祖キャラも含めて)キャラゲーだなあという印が強い
👍
高評価
0
👎
低評価
0
23 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 12:17:13 ID: +3gH3GaNND
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 17:38:35 ID: F/corr9q/D
時代を映し出すだったよな、あのキャラたち
あんな味のあるキャラ、今の美男美女だけのゲームではありえない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 sage
2020/07/06(月) 12:43:50 ID: QIzjeuogJm
パズルで画面が埋まって苦しんでる女の子奮するんじゃ
👍
高評価
1
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2020/09/03(木) 01:12:55 ID: pZL+SL5osw
余の勝ちぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2022/03/29(火) 12:08:47 ID: uiTlCcPIy9
>>22
ネタや手加減抜きでに対戦するなら各ゲームせいぜい2、3人ぐらいかな?
弱すぎとボスキャラ除いて対戦に使えるのは
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス