暗黒の儀式単語

アンコクノギシキ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

薄明のに浮かぶ眼よ、らに視を与えよ。
捧げ物を取り、らにを与えよ。
に変えよ。

《暗黒の儀式》あんこくのぎしき)とは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードである。初出は1993年発売の『リミテッドエディション』。

概要

Dark Ritual / 暗黒の儀式 ()

インスタント

あなたのマナプールに()()()を加える。

引用元exit

MTG最初のセットから存在する、を代表する呪文のひとつである。通称“ダリチュー”、“ダクリ”など。

MTGではマナを使って呪文を唱え、使えるマナは基本的に1ターンに1個ずつ増えていく。《暗黒の儀式》は1度きりだが1マナを3マナに増幅するため、相手よりも2ターンぶん強いカードを使うことができる。
1ターンから強な《惑乱の死霊》を唱えるのは“A定食”として最初期のMTGテンプレとなっており、他にも1ターンに《ファイレクシアの抹殺者》を出したり、1ターンに《ネクロポーテンス》を出したりと、歴代の強カードサポートに大活躍だった。

しかし、2ターンぶんの加速が強すぎたこと、一時的なマナの増幅がではなくの得意分野となったことなどから、1999年の『メルカディアンマスクス』を最後に、通常のセットでは再録されていない。特に当時のエクステンデッドでは、《Illusions of Grandeur》と《寄付》のコンボに《ネクロポーテンス》を加えた『ネクロ・ドネイト』というデッキが猛威をふるっており、その超スピードエンジンとなっていた《暗黒の儀式》はエクステンデッド禁止カード定された。まあ結局《ネクロポーテンス》も翌年に禁止されるんですけどね。

現在レガシーにおいて、『ANT』や『リアメイト』といったを含むコンボデッキの加速装置として使われている。

余談だが、長年されたカードということもありバリエーションが豊富(17年現在違いを除外した絵柄のみの違いでも10種類)。どれもまったく違う雰囲気のものとなっており、好みがわかれる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9A%97%E9%BB%92%E3%81%AE%E5%84%80%E5%BC%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

暗黒の儀式

1 ななしのよっしん
2017/10/04(水) 00:10:05 ID: 98vv/f4AEq
作成お疲れ様です。
2 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 23:00:34 ID: 8jglr8q+o5
この頃の単を日常的に使っていると試行回数が増えて、たまにマンガ的な初手が来るのが好きだった
カジュアル儀式2枚から爆速スタートするとが生い茂る
3 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 23:18:10 ID: 5CDoVbzNEk
実は第4版以前だとテキストマナシンボルではなく3 black manaと書かれてたり時代を通じてインタラプトやマナソースと種類違うかったり明期のカードらしさが伺える。ブーンズサイクルもあと記事化してないのは妻と治癒の軟膏だけか
4 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 16:57:05 ID: ov5mgoFpyr
大百科に書かれてるフレーバーテキストは、メルカディアンマスクス版の物。
Illus.Rebecca Guay(マスクス版)

大百科GPチャンピオンシップ