終わりのクロニクル単語

オワリノクロニクル
1.0千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

                 アヘッド        アヘッド         ゴーアヘッド
「解るな!? ならば進撃せよ! 進撃せよ! 進撃せよ、だ!」

終わりのクロニクルとは、川上稔による電撃文庫から刊行されているライトノベルである。
全予約生産で、ドラマCDも発売された。

概要

今は亡き総会屋の祖を持っていた主人公、佐山・御言は、悪役すごく異常高校生
ただひとつ普通の事といえば、彼は尻神様を信仰していたのだった……!

これは、佐山の佐山による尻神様の為の啓譚である。

現在刊行中の境界線上のホライゾンの前の前の時代の話でもあり、これを読むことで何故境界線上のホライゾンではあんなに色々種族が居るのかとか、いくつかのが分かるようになっている。

 

ドラマCD版キャスト

佐山・御言:平川大輔
新庄・運:釘宮理恵
新庄・切:釘宮理恵

ブレンヒルト:豊嶋真千子
黒猫野田順子

ジークフリート銀河万丈

大城・一夫:丸山詠二

大城・至:中井和哉
Sf鹿野優以

出雲・覚:谷山紀章
風見千里前田 

ファーフナー:竹本英史
グートルーネ:小山裕香

ハーゲン:阪 脩

ラム徳山靖彦
レギン福原
原川岡本寛志

回収部部員:高橋 剛
美術部女子安井絵里

人狼森田成一

ナレーション竹本英史

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

終わりのクロニクル

195 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 08:25:21 ID: y7gkmc9vun
ホラ以降出す作品がホライゾンみたいな悪ノリの作品ばかりで萎える
全に終わクロまでがピークの作者やな
あまつさえ期待してたEDEGまでもがホライゾン色に染まっててほんと残念
196 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 10:49:15 ID: kX8rrHzXAF
おまそう
197 ななしのよっしん
2019/09/24(火) 10:57:36 ID: X5soXIUntp
言うほどテーマとか根幹はそこまで変わってないとは思うが正直チャット系のノリをそこまでめてないってのはわからんでもない
198 ななしのよっしん
2019/10/08(火) 18:45:10 ID: MWi6bNbAc6
そこも含めてジャンル川上・稔」としか・・・

最終巻は、下巻より中巻のある意味運命」よりタチが悪い各の権者達との決着の方がアツかったかなあ
下巻はちょっと展開がすぎる(多分なんかの都合でページ削ったんじゃないかな)が、燃える部分もあったし普通に面かったよ
199 ななしのよっしん
2020/06/10(水) 19:28:43 ID: pha9ecyxdB
今年2020年で“50年と10年から、更に15年”。
6月10日終わりのクロニクル1<上>発売日おめでとう
200 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 02:34:01 ID: x+HMEgd+Nk
神無でまさかを再び拝めるとはね
しかもテュポーン側としてのってのがなんかこう、ね
3rd-G要素ってちょくちょく現われるのが嬉しい
201 ななしのよっしん
2021/11/13(土) 00:56:24 ID: kY5GUpV/o6
刊行時期からして当然なんだけど、終わクロは『一昔前の現代』感があって、読んでてマジで心地良い。
風景中の描写にありもしない郷愁を覚える。そういや一昔前の日本ってこんな感じだったよな、みたいな。
202 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 20:55:18 ID: pha9ecyxdB
2021年12月25日、全交渉終結16周年おめでとう
203 ななしのよっしん
2022/01/13(木) 07:05:23 ID: pha9ecyxdB
本日1月13日を以て予約期間終了となる「川上稔25周年記念複製原画」。
皆様予約手続きをお忘れなきようお気を付けて!
https://dengekiya.com/shop/g/g4942330161685/exit 
204 ななしのよっしん
2022/06/10(金) 21:50:05 ID: pha9ecyxdB
2022年6月10日、『終わりのクロニクル』19周年おめでとう