Beethoven Virus単語

ベートーヴェンヴァイラス
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

Beethoven Virusとは、

  1. 音ゲーPump It Up」の楽曲の一つ。
  2. 2008年放映の韓国ドラマ「베토벤 바이러스」の英語表記。日本で放映された際のタイトルは「ベートーベン・ウィルス~と情熱のシンフォニー~」。上記1.の楽曲と直接の関係はないが、同じタイトルを採用するにあたってインスピレーションを受けたとする話もある。[1]

本記事では上記の1.について記載する。

概要

韓国ゲーム会社ANDAMIRO社よりリリースされている音楽ゲームシリーズPump It Up」の楽曲。2000年稼働のバージョンPerfect Collection」から収録されている。

ベートーベンピアノソナタ第8番「悲愴」の第3楽章をクラシカル・クロスオーバー楽曲としてリミックスしたものである。このゲームには本曲以外にもクラシック音楽アレンジした楽曲が多い。

制作者としてクレジットされているのはANDAMIRO社内の音楽チームBanYa」。

ブルガリアバイオリニストの「Diana Boncheva」が演奏提供したと言われる。[2]YouTubeには、2005年に行われた「Pump It Up」の世界大会「WPF」(World Pump Festival)のオープニングセレモニーにて彼女がこの曲を演奏した際の映像投稿されている。

初回収録以後「Pump It Up」の収録曲の中でも較的人気が高い曲となり、その後のシリーズでは本作をアレンジした曲なども収録されている(「Beethoven Influenza」や、ラテンアレンジLatino Virus」など)。

なおベートーベンの「悲愴」のアレンジ曲が音ゲーに採用された例としては、他にも「BEMANIシリーズの「RESONATE 1794」(第1楽章)や「そっと。」(第2楽章)、「O2Jamシリーズの「V3」(本曲と同じく第3楽章)などの例がある。

ちなみに曲名「Beethoven Virus」の読み方だが、日本ではvirusラテン語の「ウィルス」、ドイツ語の「ビールス」、英語の「ヴァイラス」のいずれでも発音するためどう読むべきか悩ましいところである。しかも「Beethoven」の読み方はさらに話が込み入る(そのあたりについては「ベートーベン」の記事を参照されたい)。曲名をハングルで表記する場合、「베토벤 바이러스」と記されていることが多いようだ。「베토벤 바이러스」の発音は「ベートーベンバイラッス」に近いらしい。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *[独占インタビュー] 「Beethoven Virus」イジェギュ監督[2] : Articleexit
  2. *Faraway / 디아나 (Kirilova Diana Boncheva) 1집 앨범 [Beethoven Virus (2006)] : 네이버 블로그exit、そのGoogle翻訳による日本語訳はこちらexit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/beethoven%20virus

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Beethoven Virus

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • Beethoven Virusについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!