CRAZE単語

クレイズ

CRAZEとは、1995年から2006年まで活躍した日本ロックバンドである。

概要

D'ERLANGERデランジェ)の一郎、菊地 哲が中心となり、BODYというバンドを結成。武道館での々しいデビューを飾るも、2ヵ後には1枚のシングルアルバムリリースし解散してしまう。原因はレコード会社、事務所菊地の二人との轢と言われている。(結成直後からそれはあったようで、抗議の意味も込めてなのかシングルアルバム共にギタードラムの音が異様に大きく収録されている。なお、この一件で二人の事務所への不満は限界に達し、CRAZEの1stアルバム事務所への不満をぶつけた曲「Dear Cool Dead」を収録した)。

その後、菊地の二人はベース菊地がかつて在籍していたバンドZI:KILLメンバーである飯田成一、ボーカルにBODY結成前に組んでいたセッションバンドSPYボーカルで、元JUSTY-NASTYの藤崎賢一を迎え、CRAZEを始動。

各々が著名なバンドに在籍していた事もあり、スーパーバンド的な扱いを受け、959月キングレコードからシングル「NAKED BLUE」で鳴り物入りデビュー

タイトなリズム隊に、の疾走感のあるギターサウンド藤崎の甘いボーカル人気を博すも、97年に突如、藤崎が脱退してしまう。

藤崎脱退後は、元MAJESTYの緒方豊和が加入。しかし、彼も方向性の違いから2年後に脱退してしまう。

後任に俳優経験のある若い鈴木慎一郎が加入。レコード会社もキングレコードから徳間ジャパンに移籍するが、ベテランいのメンバーについて行けず、1年もしないうちに脱退。

そして、2000年7月に元ZI:KILLボーカリスト(TUSK)が加入。七色の声を持つ男として、大人気だった彼の加入でやっと落ち着いたと思われたが、2005年8月突然が脱退を表明。これにより、発売予定だったアルバム等の計画が全て白紙になってしまう。

その後、ボーカリスト不在のまま2006年1月9日楽器隊のみで解散ライブを決行。波乱に満ちた歴史を終える。

解散後、飯田はThe Heavenly Curve、菊地D'ERLANGERを再始動。音楽業界からの引退を示唆していたが、ソロ活動を開始。

 

ボーカルの変遷がしいバンドだった事もあり、在籍していたボーカルによって音楽の変化もしい。

それぞれが伝説とまで称される著名なバンドに居た事、実の高さから現在活躍するミュージシャンの中にもファンだった人は多い。ニコニコ動画視聴者で、実ヴィジュアル系バンドを好んで聴いていた人や、実際にバンドを結成していた人なら、恐らく一度は彼らの名前を聞いているのではいかと思われる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/craze

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

CRAZE

1 craze
2009/08/10(月) 13:04:39 ID: WTUurfyucP
こんな不器用バンドは他にいなかった。
一番復活して欲しいバンド
2 ななしのよっしん
2010/04/08(木) 21:32:58 ID: ncdzf9p5bY
一郎のギターサウンドプレイ永遠に標!