NEO GRAVITY単語

ネオグラビティ

        

「ひとつのも持ち帰られないのなら…
きみの枝で在る、意味がない」
   
"Yesod"-忠実なる影 終始果

        

NEO GRAVITYとはKONAMI音楽ゲームSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS」に収録されている楽曲である。

概要

アーティスト lapix
BPM 165
  NOVICE ADVANCED EXHAUST GRAVITY
難易度 6 12 18(15) -
譜面制作 NEO GUCCINI
イラスト 第九のセフィラ - 終始果†NEOぺぬ

()内はSDVX以前の難易度

2016年に配信された『The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト』の採用楽曲の一つ。
今作はセフィロト(運命の)をテーマにしており、当楽曲は11個あるセフィラのうち「基礎(イェソド)」に位置する存在。
ジャケット作曲者が「ハイテック忍者」と呼ばれているのもあってか『ΑΩ』で初登場した忍者の「終始果」が描かれている。

これまで多くのハイテックを世に送り出したlapixが今回初めてボスを意識した曲。BPMが速めでトラップ音を多様したりしい展開となっている。

この曲のADVANCED譜面をINPUTするには「雲の彼方」のADVANCED譜面をAランク以上でクリアEXHAUST譜面の場合は3曲のEXHAUSTをAランク以上でクリアする必要がある。

EXHAUST譜面は、『Lachryma《Re:Queen’M》』の前座にあたる曲とだけあってこれまでの氏の楽曲では大幅に難易度が高い。序盤は同時が折り重なった出張配置、中盤は階段とFXチップの混フレ、終盤は直16分ラッシュと、それぞれ属性の異なった総合的な構成となる。
また、どの譜面も曲名どおり展開に合わせた視点変更が繰り広げられて、まさしく「重力」というテーマを意識していることも1つの魅といえよう。

余談になるが、解禁初日の2月5日12時30分ごろまで、順番にクリアして解禁していくはずの5th KACロードはあろうことか二曲のこの曲しかインプットステーションに存在しなかった。この曲の解禁には上述の通り一曲雲の彼方」のクリアが必要であり、開こそされていても当然解禁は不可能。当日開店と同時にゲームセンターに駆け込んだ全音ゲーマー達は文字通り「雲の彼方」に飛んでいってしまった解禁条件を前に、ただ虚しくを見上げるばかりであった……。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト
入賞作品
雲の彼方
NEO GRAVITY
Candy Colored Hearts
End to end
EMPIRE OF FLAME
The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト
最優秀賞
Lachryma《Re:Queen’M》

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/neo%20gravity

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

NEO GRAVITY

1 ななしのよっしん
2016/02/08(月) 05:14:32 ID: qz+W/gXlVF
曲がメチャクチャいい
2 ななしのよっしん
2016/02/09(火) 08:43:29 ID: 2Lhg9BoA36
「ラクリマの前座」って表現はどうなのかな
確かにラクリマロードの一員だけどラクリマの直近の門番であるエンパイア以外に使われるとなんか違和感
3 ななしのよっしん
2016/02/11(木) 02:00:07 ID: dvBqO9KjXS
>>2まあラクリマ解禁の前に立ちはだかる五王?って意味でまとめて前座ってことでいいんじゃね。