アブラハムの宗教単語

アブラハムノシュウキョウ

掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アブラハムの宗教(Abrahamic religions)とは、宗教の分類の一つである。

概要

中東地域で成立したユダヤ教、およびそこから生して成立したキリスト教イスラム教など、同じ流れを宗教の総称。狭義にはユダヤ・キリストイスラムの三宗教のみに限定して言う場合もある。

一であること、世界が6日間で創造されたこと、預言者アブラハムモーセに啓示が与えられ彼らが契約を交わしたことなど、同じストーリーを共有する。これらはユダヤ教宗教文書「トーラー」に記されていた内容である。

日本の「幸福の科学」やベトナムの「カオダイ教」、さらにアメリカ大陸アフロアメリカ宗教各種などは、「アブラハムの宗教」の教義の一部を取り入れてはいるものの他の宗教の要素も強くミックスしている。そのため通常「アブラハムの宗教」とは分類されないことが多い。

イラン発祥でイスラエル現在の本拠地がある「バハーイー教」はヒンズー教仏教ゾロアスター教などの要素を含むが、歴史的にみてイスラム教から生している事が明らかであるため「アブラハムの宗教」とみなされる場合もあるようだ。

宗教シンボルマークは、ユダヤ教ダビデのキリスト教十字架イスラム教三日月で表されることが多い。また、一般にエルサレムが共通の聖地だとされることが多い。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/30(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/30(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP