アレックス・グラマン単語

アレックスグラマン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アレックス・グラマンAlex Graman、1977年11月17日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)である。
日本では埼玉西武ライオンズに所属していた。

概要

1999年プロ入りし、2004年ニューヨーク・ヤンキースメジャーデビューする。


2006年西武ライオンズに入団。背番号54。同年に入団したクリストファー・ギッセル(195cm)との「ツインタワーコンビ先発ローテーション入りを期待された。しかしペース配分が苦手な事もあり、成果を挙げられず々と二軍落ち。


2007年途中から小野寺力に代わり、抑えとして不動の守護の地位を得る。


2008年は一年通じてストッパーを務めて31セーブを挙げ、西武日本一に大きく貢献した。と同時に、抑え適正をめに見抜けなかった当時の荒木大輔投手コーチ伊東勤監督の選手を見るが疑問視される結果となってしまった。


2008年は四者退に定評のあるグラマンだったが、翌年発売されたコナミの『実況パワフルプロ野球NEXT』では対ランナー2(走者が出るとが下がる)の定をくらっている。


2009年シーズン々に肩の故障で長期離脱、手術を受けるためチームの戦構想から外される。


2010年8月にようやく復帰を果たすも、ブランクのせいもあってか打たれた試合が多かった。


2011年復活を期待されて残留。左の中継ぎとして登板を重ねたが最後まで安定感に欠ける投球を続け、シーズン終了をもって自由契約を受け御役御免となった。


2012年韓国の起亜タイガースに入団するも、メディカルチェックで左肘の異常が発覚。シーズン開幕前ながらこれを理由として退団が発表された。

プレースタイル・人物

193cm長身から投げ下ろす150km/h前後の度のついた直球と、カーブチェンジアップなど多変化球を低めに集める投球が持ち味だった。

投手でありながら左打ちに弱い。決め球の1つがチェンジアップであり、左打ちには使いづらいという点が大きい。しかしながら、相手チームが単純に左対右がいいと考えて右打者を代打で出してくれることも多い。 

さえなければオレステス・デストラーデアレックス・カブレラらに並ぶ西武ライオンズの優良外国人選手の一人としてられていたかも知れない。

あと、とてつもなく顔が怖いことで有名。

成績

通算投手成績

通算:8年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
MLB:2年 5 2 0 0 0 0 0 0 .--- 6.1 4 4 13 13 18.47
NPB:6年 150 23 1 0 13 18 52 11 .419 245.1 84 160 121 104 3.82

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP