今注目のニュース
最近、アプリの起動が遅くなった気がします!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
秋元真夏 「ぶりっ子」の指摘に「なんか人に見られると勝手にスイッチが入るんです」
水卜麻美アナ、『24時間テレビ』フルマラソンを完走! ネット大反響「泣いた」「お疲れ様」

ネギま!?単語

ネギマ

掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ネギま!?とは、赤松健原作マンガ魔法先生ネギま!」の第二期アニメのことである。

2006年10月2007年3月まで、テレビ東京系列17時30分から放送されていた。

概要

魔法先生ネギま!」が最初にアニメ化された際、原作者にすら「かったことに」されるくらい酷いモノだった。

そこでたまたまぱにぽにだっしゅ!」を終わらせて暇になっていたシャフトが、次の遊び場を探していたところにその話をにし、「んじゃ、うちで作り直しても良い?」「うんいいよ」ということで、第二期が作られた。

ぱにぽにだっしゅ!」とほぼ同じスタッフ制作に関わったので「ぱにぽにのときと同じ、原作ベースになってればなにやってもいいよね?」「え?」「よし、決定。勝手にやっちゃおう!」ということになったため、「ぱにぽに二期」とか「ネギぽに」と呼ばれている。

そして肝心の出来はというと……まあOAD版はいいんじゃない?

実際のところ原作者やスポンサーの要通りに作ってます。原作全重視の視聴者の要はともかく。
なお、それ以降のアニメ制作に関してもシャフトに担当することになる。

とりあえず包括すると、 「漫画原作を土台もしくは原案にしたほぼオリジナル展開」「漫画原作の流れにとらわれず時折シリアス、時折シュール、時折日常描写を1話の間で細かく挿入」「ある種子供向けにも楽しめる様にバトル描写多め」「色気分に関してはいわゆる変身シーンでの全裸などなほどはあり(若干百合っぽいのあり)」「表現・描写はシャフトノリ」「OPがかなり変則的」黒板ネタめちゃ多い」「スカカードキャラ可愛い」「契約発動時のパクティオカード3枚+aによるカード商法」

 

なお、 本作を原作としてコミカライズした「ネギま!?neo」がコミックボンボンで連載。アブラカタブラというファンタジーテーマにした単発増刊号から本へ移行する流れを採っていた。ちなみに当時のボンボンマガジン作家を組み入れて見るテコ入れを採っていた模様で、ちょうどこの形が成立したものとなったと思われる。後にボンボン休刊に伴ってマガジンSPECIALに移行し、オリジナルストーリーを展開して完結する。
作者は当時ハマッていた藤真拓哉漫画原作アニメ原作の中間を意識(と言うより漫画原作分が強め)しつつオリジナルも取り入れ、アニメ原作で難しかった色気描写もバッチリ描いている。
これら原作寄りのアレンジ的な作りの結果、原作漫画からはむしろこっちがアニメ原作かと間違えられるほどであったという(最も掲載誌の休刊を防げるほどではなかった模様だが)。

関連動画

関連商品

DVD

CD

書籍

ゲーム

 

外部リンク

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP