ビリヤード単語

ビリヤード

  • 3
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ビリヤードbilliards)とは、長方形の台(ビリヤードテーブル)上にある球を、キューと呼ばれる撞き棒で撞くことで精度を競う室内スポーツのことである。日本語では撞球(どうきゅう・「球を撞く」という意味)とも呼ばれる。

ニコニコ動画においては、プロの試合映像や解説映像、またハンゲームを始めとするゲームプレイ動画投稿されている。

概要

一般的に日本で普及しているポケットビリヤード(プール)以外にも、キャロムビリヤードやスヌーカーといった競技がある。静止した球をキューで撞き、アクションを起こすといった点では共通しているが、競技によってテーブルの種類や具が異なる。

ポケットビリヤード(プールビリヤード)

アメリカヨーロッパ東南アジアで盛んにプレイされ、内でも最も知名度の高いビリヤードの種である。使用する長方形のテーブルの四と、2つ長辺上のん中にポケットと呼ばれるがある。また的球には番号が1から15まで振られており、い手玉を撞き、的球に当て、的球をポケットすることがゲームの基本プレイとなる。ナインボールエイトボール、テンボール、14-1(ストレートプール)といった競技がプロアマチュアの間ではプレイされている。

2011年はドーハで行われた「世界ナインボール選手権」で狩山幸男プロが、日本人3人世界チャンピオンとなっている。尚、狩山プロはその賞を含めた2011年の獲得賞全額東日本大震災の復支援へ寄付している。

現在では発祥の地、アメリカ以外にも、台湾フィリピンといったから世界的なプレイヤーが生まれている。

 キャロムビリヤード

ポケットがないテーブルを利用する競技。3つもしくは4つの球を使用し、手玉をその他の2つ球へ当てること競う。際大会では日本人が3連覇するなど、男女ともに強豪国として知られている。

スヌーカー

他のポケット競技のようにポケットがある大きなテーブルと、小さな球を使用する競技。他のビリヤード競技よりスペースを必要とするためか、日本のビリヤード場ではほとんど設置されていない。しかしながら英国圏で圧倒的人気を誇る競技であり、シーズンには大企業スポンサーがついた大会がテレビで中継される。そのため、年間獲得賞が1,000万円をえるプロプレイヤーも多数おり、トップでは生涯獲得賞が約20億円に達するプレイヤーも存在する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 8ななしのよっしん

    2018/11/08(木) 00:14:32 ID: biHDZkhW2h

    子供の頃やりたかったなぁ

  • 9ななしのよっしん

    2018/11/08(木) 00:19:50 ID: KsJ8CU3DV4

    >>3
    プレイヤーの身体に強く依存するんやで

  • 10ななしのよっしん

    2019/09/01(日) 10:25:18 ID: Q2+nk3xpo+

    >>3
    やってみたらわかるが、めちゃくちゃ体使うぞこれ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/05(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/05(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP