ベル(単位) 単語

ベル

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ベル(Bel, B)とは、次元量の単位である。

以下、ベルの10分の1を表す単位である「デシベル」についても解説する。

概要

2つの量のを常用対数で表したもの。
例えば、基準となる量とべる量のが1:100万の場合、log101000000=6なので6ベルとなる。

名前は、電話の発明者として知られるアレクサンダー・グラハム・ベルに由来する。

多くの場合、その10分の1を表す接頭辞デシ(d)をつけ、デシベル(dB)で表される。これは、人間の数量認識上、人間普通に扱う範囲を0~100の間で表現した方がわかりやすいためである。あなたのは6.8ベルです、と言われるより、68デシベルですと言われる方がなじみやすいのである。

しかし、そのためにデシベルを直接用いた計算は難しくなってしまう。よくわからなかったら、一旦基本単位の「ベル」に直してから計算するといいだろう。
20デシベル増えたら100倍、30デシベル増えたら1000倍…というと意味不明だが、2ベル増えたら桁が2つ増え、3ベル増えたら桁が3つ増える…と考えるとわかりやすい。

その性質上、ベル(デシベル)は桁が非常に大きくなりがちな量について表されることが多い。
に使われるのは、いわゆる「音の大きさ」である音圧レベルと、電気の入出であるゲインである。

ベルないしデシベルは「同じ次元量の」でありさえすれば理論上どんな量にも使えるため、単に「デシベル」という場合は何を基準としているのか確認する必要がある。例えば、「音の強さ」をデシベルで表している場合、音圧(単位Pa)を基準とした音圧レベルなのか、音の単位面積あたり仕事率(単位W/)を基準とした音響インテンシティレベルなのかを確認しなければならない。音響分野の場合、こういった音に関するデシベルと、アンプの入出を表しているデシベルが混同されがちであることに注意。

ベル(デシベル)の使用例

音圧レベル

その音の圧パスカルで表し、2つの量ので表したもの。基準となる「0ベル」の音圧を決めておき、それとので表される。

基準値は20μPaが用いられる[1]。これはかつて1kHzにおける最小可聴音(人間が聞き取れる最も小さい音)とされていたためである。

音響インテンシティレベル

「音の強さ」を表すのは音圧レベルと同じだが、こちらは単位面積あたりの仕事率で表している。

基準値は1pW/が用いられる[2]。最小可聴音を基準にしているのは同じ。

ゲイン

「出/入」を常用対数で表したもの(電ゲイン)。ただし、電(単位W)を直接計測することは困難であるため、電圧を用いた電圧ゲインを用いることも多い。

ジュール法則およびオームの法則により、電=電圧×電流=電圧²/インピーダンスである。インピーダンスは入と出で同じであることが多いので分省略でき、電の入出は「電圧の2乗」の入出で表すことができる。

2乗の対数対数の2倍であるため、電圧ゲインは「電圧の入出」の2倍で表される[3]

その他の対数表示

ベルは、底が10である常用対数で表したものだが、底がeである自然対数で表したものが「ネーパ」である。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *μ(マイクロ)は10⁻⁶を表すSI接頭語
  2. *p(ピコ)は10⁻¹²を表すSI接頭語
  3. *ベルで表す場合。デシベルで表すなら20倍
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
WhiteCUL[単語]

提供: すずくろ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/20(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/20(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP