ボイン単語

ボイン

掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. 女性の胸部(→おっぱい)の中でも、均より大きサイズの物体への総称である。
    また、微妙死語でもある。本稿で解説
  2. アイルランドにある河の名前で、「ボインの戦い」が行われた地名。ケルト神話にも登場する。
  3. 爆発音の一つ。特に地球爆発する際に使われる(黄金バット)

概要

みんなは聞いたことはないだろうか?

マチコ先生だっ、ボインにタ~ッチ!」 「いや~ん、まいっちんぐ!」 「やったー、大成功!」

という古き良き日のお約束を。
聞いたことがあれば方はオッサンなのだがそれはさておき、斯様に古来より、健全な男子おっぱい、特に「ボイン」という魅惑の単に魅了され続けているのである。いや、「ボイン」ってき、なんかやわらかそうじゃないですか!? しかも、いかにも大きそうじゃないですか!?

実際に、「ボイン」という単が流布され始めたのは、大橋巨泉ちょっとエッチ深夜番組において、朝丘雪路の胸を形容した擬音が発端と言われており、やわらかさや弾性を形容した造と考えてほぼ間違いはいと思われる。

だが、実際に触って確かめるのは紳士協定違反に当たるどころか、警察のご厄介になる可性もあるため注意されたし。確かめることができるのは、せいぜいプロデューサーと呼ばれる集団に属する人物ぐらいである。

ちなみに、この単が登場した1960年代では、サイズは80もあれば立なボインだったが、現代では普乳に分類されることが多く、日本人の発育の変遷を感じることができる(80年代には「Dカップ」が巨乳の代名詞として書籍名等に使用されたこともあった)........
 というわけではなく、下着メーカーの資料によると日本女性スリーサイズはここ30年ほど大きく変化していないそうである。(少なくともで見てわかるほどの変化ではない)。巨乳が増えたように感じるのは「正味の大きさ」ではなく「演出」の問題、ひいてはこの背景となる「女性の意識の変化」の問題であるという。

関連動画

タグ検索でも出てこない動画は、きっとみんなの心の中にある。

関連商品

関連項目

 

この「ボイン」は自然科学・人文科学に関連した書きかけ項です。加筆、訂正などをして下さる協者をめています。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/25(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/25(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP