超乳単語

チョウニュウ

3.2千文字の記事
掲示板をみる(164)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。

萌え属性の一つ。爆乳より大きい、現実ではあり得ない大きさの乳房す。
現実的に見られることはほとんどいため、もっぱら二次元オンリー属性である。

概要

超乳

大きい乳房奮するというのは、男性にとってはある種不変のテーマであり至極当然のことである。
これを究極的に突き詰めたのが超乳であるため、基本的にそこまで特殊な属性ではない。
しかしあまりにも欲望を突き進めた結果、現実との乖離がすさまじくなり、結局マイナー属性に落ち着いている。

以上の理由から超乳というものの大きさに限度は存在しない。
一人でも奮する人間(=書き手)がいるかぎり、ゲテモノではなく属性になるからである。

どこからが超乳か

爆乳より大きいといっても、どこまでが爆乳でどこからが超乳なのかは非常に個人差が大きい。
顔ほどの大きさから超乳と言う人もいれば、へそが隠れるほどの大きさでなくては超乳ではないと言うこともある。
また、超乳は現実における較対いため、数字上のサイズが全く当てにならない。
このため、線引きが非常に曖昧であり議論の対になりやすい。

重力の無視

非常に大きい乳房の場合、例え年老いてなかったとしても、あまりの重さに乳房が垂れて形が崩れる事が考えられる。
また垂れていた場合、日常生活に支障をきたす事は容易に想像できる。

この事を防止するため、重力無視が頻繁におこなわれる。
このような事情の為に、垂れるや現実的ではない、という意見は基本的に意味である。

ただし、あえて重力無視せずに垂れていることに奮を覚えるケースもある。
この場合は乳房本来の柔らかさに重きをおいていることが多い。

なお、乳房が体の数倍の大きさを持つため、重力以前に根本的に動きが取れないなどのケースもある。

相性の良い属性

  • 搾乳などの表現
    爆乳以降の属性に関しては対となる事が多く、当然超乳においてもこれは変わってはいない。
    ただし、乳房に大きさがある事から量を多く描かれるため、汁属性との重複が見られる。
    なお、超乳キャラにはほぼ確実に表現があると思ってよい。
  • 膨乳
    そもそも、大きさに関わらずが膨らむという事自体がフェチとして存在している。
    このため、巨大ながさらに巨大になったりすると必然的に超乳好きの好みになりやすい。
    などにべるとハードな表現を伴うことが多いため、ポップな作品には向かないが非常に相性が良い。
  • 急成長
    何らかの要因で大人化したら超乳になっていたというパターン膨乳を含む場合が多い。
  • ロリ
    信じられないかもしれないが、超乳属性底辺を支える同人作家の多くはロリ+超乳で描くことが多い。
    商業ではあまり見られない上に、アンバランス地ではあるがそれ故に根強い人気を誇る。
  • ふたなり
    これも信じられないかもしれないがありがちな組み合わせ。特に海外系のイラスト動画で見られる。

他には、人体改造触手、ニプルファックなどが定番としてあげられる。

類義語


  • 魔性という意味合いもあるが、基本的に超乳とニュアンスは変わらない。
    なお感の良さから、機動戦士ガンダムSEEDの登場キャラマリュー・ラミアスが魔に挙げられるが意味合いは違う。
    ちなみに、本来の意味は新生児から出るであり、医学である。

  • のような大きさ、と言う意味で使われることもあるが、こちらもニュアンスは超乳と同じである。
    おこちらも医学である。意味は魔と同じ。
  • 奇乳
    基本的なニュアンスは変わらないのだが、アンチ的な観点から見た場合に奇妙だとされるため、蔑称としての意味が強い。画像検索の際はこちらで検索したほうがいい場合もある。単純な乳房の大きさだけではなく、乳輪乳首の大きさ・形状を差すこともある。
    ちなみに、これも医学

  • 近年は体の倍ほどの大きさのを持つと、超乳との差をつけるためにこちらの言葉を使われることがある。
    なお、超乳でも通じるため必ずこちらで呼ばないといけないと言うわけではない。

表現媒体

同人・インターネット

コミケにおいては、成年向けエリアの中に爆乳以上専用のがあり、毎回数十のサークルが参加している。
さらに、巨乳爆乳も含めてはいるがオンリーイベントも存在する。

ネット上では絵師による創作活動が陰ながらも盛んであり、較的数そのものは多い。
また、コラージュ職人が多いことも特筆すべきことであり、画像掲示板などではコラ画像が出回ることもある。

アダルトゲーム

ハード陵辱ゲームを出すメーカーは、時折超乳キャラに挑戦することがある。
しかし、反応がいまいちなのか、それ以降定番となる事は少ない。

なお、アイルチームラブリス】やTOUCHABLEなどのブランドは、超乳キャラを定番化していることで知られる。

商業誌

メジャー成年誌においては絶対数が少ないが、少しアングラ的になると較的量は多い。
特にハードな表現を得意としている雑誌では、較的多く見られる。

性表現に厳しい青年誌、少年誌でも稀に見られることがある。
有名なのは週刊少年チャンピオンで連載された「エイケン」という漫画であり、登場人物のほとんどが超乳キャラクターであることや、や液体の表現方法がアレにしか見えない等で話題を読んだ。当作品は超乳作品としては非常にしいアニメ化(OVA)もされている。

児童向け雑誌で超乳を見られることはほぼいが、数少ない該当作として、コミックボンボンで連載された「ロボットポンコッツ」と言う漫画作品がある。
ゲーム原作ということもあってか、ストーリー原作世界観をアレンジした王道的な熱血少年漫画となっている。
しかし話数が進むごとにどんどん巨大化していく女性バスト(そして乳首)は読者記憶に深くあとを残し、性癖を開拓された者が続出。最伝説の域に達している。ちなみに胸だけでなく太ももも徐々に肥大化するため、そちらの性癖を開拓された者も居たとか。

アニメ化実写映画化もしたヤングガンガン麻雀漫画咲-Saki-」の原作では、ロボポン程ではないが一部の女性キャラクターバストサイズインフレしく、あの世界には第三次性徴があるとか言われている。読者からは「奇乳」扱いされることもある。

一般向けアニメ・ゲーム

一般向けアニメではほとんど見られないが、稀にギャグ表現として見られることもある(バストアップやりすぎてデカくなりすぎた、など)。
が、アニメキャラバストサイズは徐々に大きくなる傾向にあり、近年では人によっては超乳奇乳レベルキャラクターが増えてきている。

一般向けゲームでは巨乳爆乳キャラアニメよりはやや多い傾向にあるが、それでも超乳はめったにいない。
とはいえ近年ではソーシャルゲームの流行に伴い女性キャラが増加した結果、例して巨乳爆乳キャラが乱立。それに伴いバストサイズインフレしており、超乳奇乳レベル女性キャラを見かけることも増えてきている。

超乳キャラ市民権を得る日も近いのかもしれない。

現実世界の超乳

諸外などではシリコンなどの詰め物を入れることで超乳を再現することがある。
が、超乳好きの多くは違和感を覚えており、好みであったりすることはまずない。

しかし近年は栄養状況の善などで、自然で超乳ほどの大きさになる事が増えてきている。
故に、今後現実世界との付き合い方が思案されるところである。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/31(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/31(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP