今注目のニュース
医者がやらない、実は危険な健康法。サバ缶、1日1食はアリ?
「こんなかわいい子たち見たことない」「間に挟まれたい!」 むぎゅっと抱き合って寝るワンコに癒やされる
「長時間労働の撲滅につながる」 平均130h残業、未発症でも慰謝料のレア判決

ヤーコプ・ハウプトマン単語

ヤーコプハウプトマン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヤーコプ・ハウプトマンJacob Hauptmann)とは、OVA銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.掛川裕彦

概要

OVAオリジナルの登場人物。

銀河帝国軍人で、黒髪割れを持つ精悍な顔つきが特徴。
アントン・フェルナーの部下として実働にあたり、リップシュタット戦役の終結に際し大きな役割を果たした。

経歴

初登場は第18話「リップシュタットの密約」、階級は少佐
敵対者であるラインハルト・フォン・ローエングラムの暗殺をブラウンシュヴァイクオットーに却下されたフェルナー大佐が、独断でラインハルトの居住するシュワルツェンの館を襲撃した際その補佐役を務めた。兵士が待ち構えていたことから襲撃の失敗を悟ったフェルナーは逃れたものの、ハウプトマンがどうなったかは不明となる。

フェルナーがラインハルトの麾下に転身したことでハウプトマンもローエンラム営に身を移したらしく、第23話では貴族連合の牙となったガイエスブルク要塞に姿を現した。この時、彼はヴェスターラントへの核攻撃を止めるよう進言し聞き入れられなかったアンスバッハ准将の「ゴールデンバウム王もこれで終わった」というきを聞きつけてブラウンシュヴァイクに讒し、心であるアンスバッハを舌禍により拘禁させることに成功する。

さらに彼は貴族に扮し(リップシュタット連合参加貴族3760名。うち3000名以上はガイエスブルクに辿り着いているので、貴族として潜り込むのは十分可と考えられる)、に溺れ現実から逃避する者たちより現実義的な貴族に「ブラウンシュヴァイクのみしるしを手土産に降伏を……」と使嗾するなど、貴族連合内に不和分裂の種をまくことに努めた。

そして都合のいい想に溺れ「金髪の孺子の首さえ取れば」と突撃した貴族連合軍最後の出撃が敗に終わり、討伐軍がガイエスブルク要塞に迫ると、自ら集めたらしき手勢を率いて制御室を攻撃。兵士貴族への反感を煽って味方につけ、要塞ガイエスハーケン化、討伐軍によるガイエスブルク占領を援護した。


その後しばらくの間ハウプトマンの出番はなかったが、王ローエンラムに替わり、都もオーディンからフェザーンへと移ったのちの第105話「迷の惑星」において、大佐に昇進して再登場する。

このとき彼の上官であるフェルナー少将は軍務尚書オーベルシュタイン元帥とともにハイネセンへと出張していたが、いわゆる「オーベルシュタイン刈り」の結果ラグプール刑務所での大規模な暴動事件が発生。騒乱を鎮めるべく暴動さなかのラグプール刑務所へと赴いていた。ハウプトマンはその補佐を務め、フェルナー負傷の場にも立ち会っている。

関連動画

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP